このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

江戸時代(えどじだい)以前は、米はどのようにして量っていたのかおしえてください。

こたえ

メートル法が施行(せこう)される前の尺貫法(しゃっかんほう)の下では、米は重さではなく、容積(ようせき)を枡(ます)で量っていました。
江戸時代以前も、米は容積を枡で量っていましたが、全国にはさまざまな大きさの枡がありました。
豊臣秀吉(とよとみひでよし)は枡単位(たんい)の全国統一(とういつ)をすすめましたが、最終的に統一されたのは明治になってからです。

参考

公益社団法人 米穀安定供給確保支援機構ホームページ「米ネット お米ものしりゾーン」(外部リンク)
https://www.komenet.jp/_qa/


令和3年更新

消費者の部屋



お問合せ先

消費・安全局消費者行政・食育課「消費者の部屋」
こども相談電話 03-5512-1115