このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

いちばん最初(さいしょ)に遺伝子組換(いでんしくみか)えをした人は誰(だれ)ですか。

こたえ


1973年、アメリカのコーエン博士(はかせ)とボイヤー博士がブドウ状(じょう)球菌(きゅうきん)の遺伝子(いでんし)を大腸菌(だいちょうきん)に組みこむ実験(じっけん)に成功(せいこう)しました。これが人の手で生物の遺伝子を他の生物に組みこんだ最初です。大豆(だいず)やとうもろこしなどの遺伝子組換え技術(ぎじゅつ)も、これが基本(きほん)となって発展(はってん)してきました。


平成12年11月にお答えしました。

消費者の部屋


お問合せ先

消費・安全局消費者行政・食育課「消費者の部屋」
こども相談電話 03-5512-1115