このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

ケナフはいつごろから栽培(さいばい)されているのですか。

こたえ


ケナフは紀元前(きげんぜん)4000年ごろからエジプトで栽培されています。日本へ伝(つた)わったのは1930年ごろで、当時(とうじ)の満州(まんしゅう)(中国東北部)にあった日本の農事試験場(のうじしけんじょう)が、旧ソ連から種(たね)をとりよせて栽培や利用(りよう)の研究(けんきゅう)をはじめたのが最初(さいしょ)といわれています。 ケナフがふたたび日本へやってきたのは、世界の森林破壊(しんりんはかい)と地球温暖化(ちきゅうおんだんか)防止(ぼうし)に人々の関心(かんしん)が高まった1990年のことです。


平成13年1月にお答えしました。

消費者の部屋


お問合せ先

消費・安全局消費者行政・食育課「消費者の部屋」
こども相談電話 03-5512-1115