このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

北海道の米作りの工夫(くふう)をおしえてください。

こたえ


北海道での米作りの工夫の基本(きほん)は、寒さ対策(たいさく)です。
具体的には、あぜを高くして苗(なえ)が深く水にもぐるようにして、苗(なえ)を守ります。
また、あたたかい地方で作る米は、昼間の長さがだんだん短くなることに反応(はんのう)して穂(ほ)を出す感光性(かんこうせい)タイプの品種ですが、北海道では、品種改良により昼間の長さより気温が高くなることに強く反応(はんのう)して穂を出す感温性(かんおんせい)タイプの稲(いね)を栽培(さいばい)しています。

出典
北海道立総合研究機構農業研究本部 道南農業試験場 Q&Aお米
https://www.hro.or.jp/list/agricultural/research/dounan/qanda/kome.htm



令和2年更新

消費者の部屋


お問合せ先

消費・安全局消費者行政・食育課「消費者の部屋」
こども相談電話 03-5512-1115