このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

有明海(ありあけかい)で捕(と)れる魚や漁法(ぎょほう)についておしえてください。

こたえ


有明海は福岡(ふくおか)、佐賀(さが)、長崎(ながさき)、熊本(くまもと)の4県にかこまれた内湾性(ないわんせい)の海域(かいいき)ですが、総面積(そうめんせき)は東京湾(とうきょうわん)や伊勢湾(いせわん)とほぼ同じぐらいです。 有明海には、国内ではめずしいムツゴロウ、エツ、ワラスボ、ハゼグチなどが生息(せいそく)しています。また、漁法と捕れる魚については刺網(さしあみ)でクチゾコ、グチ、スズキなどを、あんこう網(あみ)や手押し網(ておしあみ)などの伝統的(でんとうてき)な漁法でシバエビ、ワラスボ、ベイカを捕っています。冬季(とうき)には、タイラギをおもな対象(たいしょう)としたヘルメット式潜水器漁業(せんすいきぎょぎょう)が行われています。


平成13年10月にお答えしました。

消費者の部屋


お問合せ先

消費・安全局消費者行政・食育課「消費者の部屋」
こども相談電話 03-5512-1115