このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

有明海(ありあけかい)でとれる魚や漁法(ぎょほう)についておしえてください。

こたえ



有明海は福岡県(ふくおかけん)、佐賀県(さがけん)、長崎県(ながさきけん)、熊本県(くまもとけん)の4県にかこまれた内湾性(ないわんせい)の海域(かいいき)です。

有明海は、干満(かんまん)の差が日本一大きいため、潮(しお)のながれが速くなることを逆手(さかて)にとった有明海独特(どくとく)の漁法があります。

あんこう網(あみ)、ガタ羽瀬(はぜ)、手押し網などがあります。

有明海ではムツゴロウ、エツ、ワラスボ、ハゼグチなどめずらしい魚が生息しています。
また、とれる魚はクチゾコ、コノシロ、スズキ。

伝統的(でんとうてき)な漁法でシバエビ、ワラスボ、ベイカをとっています。
冬季には、タイラギという貝をヘルメット式潜水器(せんすいき)で潜(もぐ)ってとっています。

参考

佐賀県ホームページ 「有明海の伝統的漁法について」(外部リンク)
https://www.city.saga.lg.jp/main/7501.html

令和3年更新

消費者の部屋



お問合せ先

消費・安全局消費者行政・食育課「消費者の部屋」
こども相談電話 03-5512-1115