このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

家を建てるためには、何本の木が必要ですか。

こたえ


「在来工法(ざいらいこうほう)木造住宅(もくぞうじゅうたく)の木材使用量調査(ちょうさ))」によれば、床面積(ゆかめんせき)1平方メートルあたりの合板類(ごうばんるい)を除(のぞ)く木材使用量は0.19立方メートルです。45坪(つぼ)程度(ていど~の住宅(じゅうたく)をたてるためには、29立方メートルの木材が使用されていることになります。
住宅に使用する木材は柱だけでなく、梁(はり)や板材(いたざい)などいろいろあり、使用する場所によって木材の大きさも変わってきます。
樹齢(じゅれい)約50年の杉(すぎ)の木の平均(へいきん)の木の高さ22メートル、胸(むね)の位置の直径が25センチメートルくらいとして、木はほそい部分など使用できないところもありますので、ぶどまりを60%として試算すると、約90本の木が必要ということになります。

参考 一般社団法人 全国木材組合連合会
http://www.zenmoku.jp/


令和2年更新

消費者の部屋


お問合せ先

消費・安全局消費者行政・食育課「消費者の部屋」
こども相談電話 03-5512-1115