このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

北海道のお米作りはいつごろから始まったのですか。

こたえ


北海道の農業は、明治の始めに開拓使(かいたくし)として本州から、たくさんの人が北海道に渡(わた)り、農業を始めました。
開拓使の人たちは寒い北海道では、畑作や酪農(らくのう)を中心の農業を考えて、米作りは行いませんでしたので、米は買ってしか食べられない貴重(きちょう)なものでした。
しかし、人々の米を北海道でも作りたいという願いは高まり、1873年(明治6年)に札幌群(さっぽろぐん)島松村の中山久蔵(なかやまきゅうぞう)さんがいろいろくふうを重ねて努力した結果、石狩(いしかり)地方で初めて水田作りに成功しました。
やがて、各地にも水田が広がりましたが、洪水(こうずい)や冷害などに対して苦労しながら北海道に適(てき)した米作りを進めてきました。
その後、北海道の米作りに向く品種の「きらら397」が1988年に誕生(たんじょう)、この後も寒さに強く、食味も良い品種の「ななつぼし」「ゆめぴりか」などが誕生し、北海道のお米の生産が増加(ぞうか)しました。

出典
ホクレン  北海道 米 LOVE
https://www.hokkaido-kome.gr.jp/


令和元年にデータの見直しをしました。

消費者の部屋


お問合せ先

消費・安全局消費者行政・食育課「消費者の部屋」
こども相談電話 03-5512-1115