このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

とうもろこしの歴史についておしえてください。

こたえ


とうもろこしの原産地起源(きげん)は明確(めいかく)にはわかっていませんが、有力な説として、原産地はメキシコ、ボリビアなどの中南米付近、起源(きげん)はいまから5,500年から7,500年ぐらい前といわれています。 とうもろこしが世界に広まったのは、15世紀末にコロンブスがアメリカ大陸からスペインへ持ち帰ったのがきっかけといわれています。日本へは1579年にポルトガル人が伝えたのが最初で、江戸時代(えどじだい)にある程度(ていど)広まりました。その後、明治時代に入ってアメリカから種実(しゅじつ)を導入(どうにゅう)し、北海道で栽培(さいばい)されるようになり、全国に普及(ふきゅう)しました。

参考
農文協 野菜園芸大百科5「ナス・ピーマン・生食用トウモロコシ・オクラ」
養賢堂 新編 食用作物 星川清親著


令和2年データ更新

消費者の部屋


お問合せ先

消費・安全局消費者行政・食育課「消費者の部屋」
こども相談電話 03-5512-1115