このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

ピーマン、かぼちゃ、トマトの種(たね)は芽(め)がでますか。

こたえ


スーパーなどで売られているピーマンは、もともと未成熟(みせいじゅく)のものです。 したがって、ピーマンの中の白い種は未熟(みじゅく)の種ですので、芽は出ません。 しかし、ジャンボピーマンのように完熟(かんじゅく)したものであれば、その種から芽が出る場合もあります。かぼちゃやトマトについては、完熟して収穫(しゅうかく)するものなので、芽が出る場合もあります。 食べている実は雑種第一代(ざっしゅだいいちだい:F1=エフワン)といって人にとって好ましい特徴(とくちょう)をもつ実を掛(か)け合わせて作られた種なので、優秀(ゆうしゅう)な子(おいしい実)になりますが、F1の種からはいい形質(けいしつ)は出てきません。 食べたものと同じような実になることは、ほとんどないと思われますが、うまく育てれば実をつけることは可能(かのう)です。なお、発芽(はつが)する条件(じょうけん)としては、低温(ていおん)で保管(ほかん)して一度、休眠(きゅうみん)させる必要(ひつよう)があり、この休眠を終(お)えないと発芽しないようです。

参考 社団法人農山漁村文化協会発行 そだててあそぼう46「ピーマンの絵本」
       社団法人農山漁村文化協会発行 そだててあそぼう12「カボチャの絵本」
       社団法人農山漁村文化協会発行 そだててあそぼう1「トマトの絵本」


令和2年データ更新

消費者の部屋


お問合せ先

消費・安全局消費者行政・食育課「消費者の部屋」
こども相談電話 03-5512-1115