このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

ぼくたちにもできる森林のボランティアについておしえてください。

こたえ


森林づくり活動のメニューには、「ふれあいの森」では、森林づくり活動に参加したい、森林とふれあいたいという方々のために、森林づくり活動や森林と親しむ活動などのフィールドとして国有林を提供(ていきょう)しています。
植栽(しょくさい)、下草刈り(したくさがり)、つる切りなどの森林作業のほか、これらと一体となって行う森林浴や自然観察会などの森林とのふれあい活動を行っています。
緑の募金(ぼきん)は、皆様(みなさま)からの協力金により森林整備(せいび)、緑化の推進(すいしん)およびこれらに係る国際(こくさい)協力を行う国民の活動をたすけるために実施(じっし)されています。
地球温暖化(ちきゅうおんだんか)を防止(ぼうし)するため、森林の健全な状態(じょうたい)を保(たも)つためには、「人の手」を加えることが必要ですが、現在(げんざい)多くの森林が放置され、手入れの不十分な状態となっています。
そこで林野庁(りんやちょう))では、地域(いいき)の様々なボランティア活動を支援(しえん)し、一人一人が森林と関わることの大切さを理解(りかい)してもらう活動をしています。
その中で、林業体験、樹木(じゅもく)観察、ネーチャーゲームなどの学習活動、緑の募金活動や植林、下刈(したが)りなどを地域や学校単位で行う「緑の少年団」を結成しています。
林野庁では、森林保全(ほぜん)課内に森林ボランティア支援(しえん)室を開設(かいせつ)しました。

参考 林野庁 森林ボランティア支援室
http://www.rinya.maff.go.jp/j/ryokka/volunteer/index-a.html


令和2年更新

消費者の部屋


お問合せ先

消費・安全局消費者行政・食育課「消費者の部屋」
こども相談電話 03-5512-1115