このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

漁師(りょうし)さんの使う専門用語(せんもんようご)などあればくわしく教えて下さい。

こたえ


漁師さんが使う専門用語(漁師言葉)は、地方によっても違(ちが)いますので、全国どこでも通じるわけではありませんが、よく漁に使われる気象(きしょう)関係の用語などを紹介(しょうかい)します。 1.しけ(時化):荒天、あらしの状態。 2.なぎ(凪):「しけ」とは逆に波もなく海が静かなこと「しけ」ほど悪くはないですが、なぎでも「なぎが悪い」などとも言います。 3.ガス:英語のGasが言葉のもと、霧(きり)のこと。 4.ならい、なれい:北風のこと。 5.しお(潮):海の流れのこと、また魚がとれないときに「潮が悪い」などという言い方をします。この場合の「しお」は海況(かいきょう:海の塩分の濃さ・薄さ・海の水の温度などを総合して言う言葉)を言っています、海の流れとして有名なものでは、「黒潮(くろしお)」、「親潮(おやしお)」があります。 6.しおなみ(潮波):風が無くても「しお」によって波が立つ、その波のこと。


平成17年1月にお答えしました。

消費者の部屋


お問合せ先

消費・安全局消費者行政・食育課「消費者の部屋」
こども相談電話 03-5512-1115