このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

私たちが利用しているエビの種類は、何種類ぐらいありますか。

こたえ


エビ類には、泳ぐ遊泳型(ゆうえいがた)のものと、歩く歩行型(ほこうがた)のものがあります。
その種類は世界で約3,000種あるといわれ、クルマエビに代表される遊泳型のエビ類は約1,700種に上ります。
日本人が食用に利用するエビ類で、輸入(ゆにゅう)されるものも含(ふく)めて、世界貿易(ぼうえき)の対象で、大量に輸出入(ゆしゅつにゅう)されているのは20種くらいだといわれています。
漁獲(ぎょかく)・養殖量(ようしょくりょう)の多いのはバナメイ、ブラックタイガーで42%を占(し)めています。
日本のエビ類の自給率(じきゅうりつ)は4%しかなく、国産エビの大半はサクラエビなどの小型のエビです。
私たちがふだん食べているのは、ほとんどがベトナム、インド、インドネシアなどからの輸入品(ゆにゅうひん)になります。

参考
「新版食材図典 生鮮食材篇」小学館、
「商用魚介名ハンドブック」成山堂書店、
「ジュニア農林水産白書2019」農林水産省、
「エビと日本人B.」村井吉敬著 岩波新書


令和2年更新


 



お問合せ先

消費・安全局消費者行政・食育課「消費者の部屋」
こども相談電話 03-5512-1115