このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

消費者の部屋

消費者相談

姫貝とその原料の貝について教えてください。

回答

「姫貝(ひめがい)」は、バカガイ(通称アオヤギ)のむき身を細長く引き伸ばして乾燥させたものです。
また、むき身のまま乾燥させたものは「桜貝(さくらがい)」と呼ばれます。
バカガイは、日本全国に分布しますが、東京湾、伊勢湾、瀬戸内海が主要産地です。

ややハマグリに似た貝殻の形ですが、褐色を帯び、表面に同心円状シワがあります。
水揚げされても殻をきっちり閉めず、足をだらりと出しているさまからバカガイの和名が付いたそうです。
一般的に呼ばれる「アオヤギ」の名前の方が通りがよいですが、これは上総国青柳村(現在の千葉県市原市青柳)でよくとれたため、それにちなんで名付けられたということです。

 

参考資料

「食品図鑑」女子栄養大学出版部

 

回答日

平成24年2月

お問合せ先

消費・安全局消費者行政・食育課「消費者の部屋」
ダイヤルイン:03-3591-6529