このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

消費者の部屋

消費者相談

食用ひまわり油の脂肪酸組成は、どのようになっていますか。

回答

食用ひまわり油は、原料となるひまわり種子の品種の違いにより高オレイン酸のもの、中オレイン酸(ミッドオレイン酸)のもの及び高リノール酸のものに区別されています。
代表的な食用ひまわり油の脂肪酸組成は、高オレイン酸のものがオレイン酸83.4 %、リノール酸6.9 %、ステアリン酸3.9 %、パルミチン酸3.6 %など、ミッドオレイン酸
のものがオレイン酸60.5 %、リノール酸29.6 %、パルミチン酸4.3 %、ステアリン酸3.6%など、高リノール酸のものがリノール酸60.1 %、オレイン酸28.4 %、パルミチン酸6.0
%、ステアリン酸4.3 %などとなっています。

参考資料

「五訂増補日本食品標準成分表脂肪酸成分表編」文部科学省ホームページ公表資料

回答日

お問合せ先

消費・安全局消費者情報官消費者の部屋
ダイヤルイン:03-3591-6529