このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

消費者の部屋

消費者相談

「バーニャ・カウダ」とは、何ですか。

回答

「バーニャ・カウダ」とは、野菜料理の一つで、オリーブ油をベースとし、ニンニク及びアンチョビーを加えたソースに、野菜を浸して食べる料理のことを言います。

その語源は、イタリアのピエモンテ地方の方言で、熱いソースを意味します。
作り方は、まず、ニンニクに、かぶる程度のオリーブ油を加え、弱火でやわらかく煮て潰します。

その後、缶詰のアンチョビーを加え、潰して混ぜ、さらに、オレガノ少量を振ってソースとします。このソースが熱いうちに、ゆで野菜などを浸して食べます。

参考資料

「料理食材大事典」(主婦の友社)

回答日

お問合せ先

消費・安全局消費者情報官消費者の部屋
ダイヤルイン:03-3591-6529