このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

「バーニャ・カウダ」とは、何ですか。

回答

「バーニャ・カウダ」は、イタリアの北部、ピエモンテ地方の代表的な郷土料理です。

「バーニャ」はソース、「カウダ」は熱いという意味。

名前の通り、「フォイョ」と呼ばれる小鍋で温められた熱々のソースに、生野菜や茹でたいも類をディップして食べます。

オリーブ油をベースに、ニンニク及びアンチョビを加えてつくります。
ニンニクに、かぶる程度のオリーブ油を加え、弱火でやわらかく煮て潰します。
その後、缶詰のアンチョビを加え、潰して混ぜ、さらに、オレガノ少量を振ります。

参考資料

「料理食材大事典」主婦の友社

回答日

平成25年10月

お問合せ先

消費・安全局消費者行政・食育課「消費者の部屋」
ダイヤルイン:03-3591-6529