このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

スーパーで国産のレモンを見かけますが、国内の生産状況について教えてください。

回答

レモンはインドのアッサム地方が原産で、地中海沿岸諸国や新大陸に伝えられ、特にイタリアで栽培が盛んになりました。
冬季温暖で夏季降雨の少ない地方がレモン栽培の適地です。 厳寒期がなければ四季を通じて開花します。

我が国の場合は、5~6月頃開花した果実を収穫対象としており、10月~11月頃収穫した果皮がまだ緑色のものがグリーンレモンとして、また、12月~翌年1月頃収穫したものが黄色の着色果として販売されます。

最近、国産レモンに対する需要が高まり、広島県の呉市、尾道市、大崎上島町や愛媛県の今治市、松山市などが主な産地となっています。
平成29年のレモンの出荷量は広島県3,247トン、愛媛県1,773トンとなっており、この2県で国内出荷量6,422トンの78%を占めています。

参考資料

「新版食材図典生鮮食材篇」小学館
「園芸ハンドブック」講談社
「食品図鑑」女子栄養大学出版部
農林水産省ホームページ「平成29年特産果樹生産動態等調査」
https://www.maff.go.jp/j/tokei/kouhyou/tokusan_kazyu/index.html

回答日

平成26年7月
←令和2年更新

お問合せ先

消費・安全局消費者行政・食育課「消費者の部屋」
ダイヤルイン:03-3591-6529