このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

カキ(牡蠣)の産地と生産量を教えてください。

回答

カキ類は日本の沿岸に22種ほど知られ、小形なものや深海種を除いてすべて食用となりますが、市場に流通しているほとんどは養殖されたマガキです。
マガキは日本の沿岸の岩礁にふつうにみられるカキで、大きさは殻長4cm、高さは7cmほどです。
北海道産のものは貝殻が大きく、ナカガキ、エゾガキとよばれますが本州産のものと同じマガキです。
広島湾で300年ほど前から養殖されていた記録がありますが、大正時代に垂下式養殖法が開発されて全国的に普及し、生産量も飛躍的に上がりました。

令和2年のカキ類の養殖収穫量は全国で158,900トンあり、主な産地は広島県(96,000トン)、宮城県(18,200トン)、岡山県(15,300トン)となっています。

参考資料

「食材図典」小学館
農林水産省ホームページ「漁業・養殖業生産統計」
https://www.maff.go.jp/j/tokei/kouhyou/kaimen_gyosei/index.html

回答日

平成27年10月

お問合せ先

消費・安全局消費者行政・食育課「消費者の部屋」
ダイヤルイン:03-3591-6529