このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

消費者の部屋

消費者相談

ジャガイモ料理について、日本での歴史と、地域や世界の料理の特長を教えてください。

回答

ジャガイモは日本での歴史は、17世紀の初めにインドネシアのジャカルタからやって来ました。「ジャカルタから来たいも=じゃがたらいも」がなまって「ジャガイモ」になったといわれています。当初は観葉植物としての色合いが濃く、料理としては、江戸時代に何度もあった飢饉の度に、飢えを凌ぐための作物として、「雑炊」や「かて飯」(米に穀類や野菜・海藻などを混ぜて炊いた飯)の具材に利用されていました。
    現在、ジャガイモの二大品種といわれている男爵(だんしゃく)、メークインといったジャガイモは、明治時代になってアメリカから入ってきました。最初は、ジャガイモを茹でてからつぶして団子状に丸めて作る「いもモチ」に加工されていましたが、大正時代にでんぷん加工が導入されたり、1970年に開催された日本万国博覧会のレストランで提供された「ポテトフライ」が飛ぶように売れたのがきっかけに、「ポテトチップス」「コロッケ」「肉じゃが」「カレーライス」等、現在のポピュラーな料理へと利用されるようになりました。
 
地域の伝統料理の一部をご紹介します。
【北海道】
    日本一の生産量を誇る北海道では、掘りたてのジャガイモを蒸して、熱々のところにバターをかけて食べる「じゃがバター」があります。また、「鮭のちゃんちゃん焼き」や「石狩なべ」の具材にも利用されています。
【福島県】
    売り物にならない小さなジャガイモを揚げ、甘辛く味噌で煮た「みそかんぷら」があります。ジャガイモのことを福島の方言で「かんぷら」と呼んでいたことから名付けられたようです。
【栃木県】
    ジャガイモを茹でてから皮をむき、少しさましてから臼に入れて搗いて、少し粘りが出たら、ハンバーグの要領で団子状に丸めて食べる、「じゃがいも餅」があります。

世界での利用の一部をご紹介します。
【ヨーロッパ】
    ヨーロッパではジャガイモを生食することが多く、冬期の貴重なビタミン供給源となっています。また、料理の一例として、角切りにしたジャガイモのフライに、ピリ辛のトマトソース等をかけて食べる「パタタス・ブラバス」、マッシュポテトにトム・フレーシュというチーズを練り込んだ「アリゴ」、ベルギー生まれのファーストフードでお馴染の「フレンチフライ」等があります。
  【アメリカ】
    アメリカのジャガイモの用途は生食用が3割ありますが、5割強のシェアを占めるのは缶詰・チップスといった加工食品用であり、さらにその約半分が冷凍加工品となっています。
    料理の一例として、ジャガイモにチーズやベーコンなどをのせて焼いた「ポテト・スキン」、みじん切りにしたジャガイモを小麦粉を繋ぎとして円盤状ないし小判状にして食用油で揚げた「ハッシュドポテト」等があります。

参考資料

「地域食材大百科」、「ジャガイモの絵本」(共に農文協)、「豆・いもの郷土料理」(岩崎書店)、「じゃがいもMiNi白書」(日本いも類研究会HP)

回答日

お問合せ先

消費・安全局消費者行政・食育課消費者の部屋
ダイヤルイン:03-3591-6529