このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

消費者の部屋

消費者相談

パッションフルーツについて教えてください。

回答

パッションフルーツは、トケイソウ科トケイソウ属に属する多年性草本(蔓性木質)で和名はクダモノトケイソウ(果物時計草)です。ブラジル南部及びパラグアイが原産地で、17世紀初期スペイン人によって発見され、日本へは明治中期に導入されました。英名のパッションフルーツは、花の形が十字架に似ていることから、キリストの受難に由来します。
  品種は果皮色により紫色と黄色の2つの系統がありますが、明確な分類はないようです。日本で栽培されているのは紫色系の品種で、耐寒性が強く、収穫は7月中旬から8月中旬頃まで行われます。果実は円形、卵形で果皮は成熟すると紫黒色になります。生食の他、ジュースやシロップ、ゼリー、ジャムに加工されています。 
   

参考資料

(参考資料:「食品図鑑」(女子栄養大学出版部))

回答日

お問合せ先

消費・安全局消費者行政・食育課消費者の部屋
ダイヤルイン:03-3591-6529