このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

消費者の部屋

消費者相談

日本ではいろいろな魚がとれますが、どのような漁法がありますか。種類や特性の例を教えてください。

回答

 

日本は、様々な場所で様々な魚が漁獲されるので、魚種や漁場の特性に合わせて漁法があります。漁法としては、網を使用するものが多いですが、一匹ずつ釣る漁法やかごを使用してカニを捕ったり、タコつぼ漁というのもあります。
漁法の一例をご紹介します。
定置網漁(この漁が盛んな地域・・・北海道宮城県岩手県)
古くから行われている漁法であり、海の中に、魚を集める場所、魚を取り上げる場所、その間の魚の通り道となる場所を海底の地形や海流の方向や強さを勘案して決めそれぞれの場所に網を設置した建物のような漁具です。
その特徴から建て網とも呼ばれています。
海流や海底の地形から判断して、海岸から近い、常に魚が回遊する通り道を遮る所に設置しています。積極的に魚を追うわけではなく、自然に網の中に入るのを待って獲る方法なので獲れたり、獲れなかったりの差が大きいです。
定置網はブリやマグロなどの回遊する魚やタイ、カレイ、イカ、アジなど様々な魚を獲る方法として利用されています。

大型まき網漁(この漁が盛んな地域・・・茨城県長崎県)
    まき網は巾着網とも呼ばれ、長い長方形の網で魚の群れを巻いて取り囲み、網の下に付けた鉄の輪を通したロープを絞って巾着のように下の逃げ口を閉じて魚を獲ります。
主に、カツオ、マグロ、サバやイワシのように大きな群れを作って海の表面近くを回遊する魚を獲るのに利用されています。
                                  

サンマ棒受け網漁(この漁が盛んな地域・・・北海道宮城県岩手県)
サンマが夜の暗い闇の中で明かりに集まる性質を利用した日本でも代表的な敷き網です。
    最初に船の片側だけに明かりを点けてサンマを集め、反対側の暗い方に船を底辺として4角形に棒を組み合わせ海側の網を固定し、船側で引き上げられるようにした網を海中に入れます。次に明かりを点けて集めたサンマを海中の敷き網の方へ明かりを順次消しつつ誘導します。最後は、網を引き上げて逃げられないようにし、 魚などを水とともに吸いあげて 移送する装置で船上に取り上げます。

参考資料

(参考資料:「ジュニア農林白書」農林水産省、「図説水産概要」成山堂書店、「平成28年漁業・養殖業生産統計」農林水産省大臣官房統計部)

回答日

お問合せ先

消費・安全局消費者行政・食育課消費者の部屋
ダイヤルイン:03-3591-6529