このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

消費者の部屋

消費者相談

森林の間伐について、詳しく教えて下さい。また、地球温暖化の防止へもどのように繋がるのでしょうか。

回答

 間伐とは成長に伴って、混みすぎた林の立木を一部間引くことです。間伐が適切に実施されている森林は、林内に適度に光が射し込み、下草などの下層植生の成長を促すことができるため、水源かん養機能や土砂流出防止機能が高くなる、幹が太く生育が良くなり風や雪にも折れにくくなる、下層植生が豊かになり多様な生物の生息を維持できるようになるといった利点があります。
また、地球温暖化の防止などの公益的機能を高度に発揮していくためには、森林を適切に整備・保全することが必要です。特に、日本の人工林は利用可能な資源が増加しつつあるので、更なる充実を図るためには、間伐等の手入れを適時適切に進めていく必要があります。
そのため、平成20年5月16日に公布・施行された「森林の間伐等の実施の促進に関する特別措置法」により、平成25年度以降、平成32年度までの8年間において、年平均52万㏊の間伐の実施を進めています。

詳細は、農林水産省林野庁のホームページにおいて情報ページがございます。
http://www.rinya.maff.go.jp/j/kanbatu/suisin/index.html

参考資料

 

回答日

お問合せ先

消費・安全局消費者行政・食育課消費者の部屋

ダイヤルイン:03-3591-6529