このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

世界農業遺産とはどんなものか、教えてください。また、日本ではどのような地域が認定されていますか。

回答

世界農業遺産とは、社会や環境に適応しながら何世代にもわたり形づくられてきた伝統的な農林水産業と、それに関わって育まれた文化、ランドスケープ(世界農業遺産においては、「土地の上に農林水産業の営みを展開し、それが呈する一つの地域的まとまり」と定義。)、生物多様性などが一体となった世界的に重要な農林水産業システムを国連食糧農業機関(FAO)が認定する仕組です。

世界では22ヵ国62地域、日本では11地域が認定されています。(2020年6月現在)

認定されると、地域固有の農業の価値が世界的に認められるので、地域の人々に誇りと自信をもたらすとともに、農産物のブランド化や観光客誘致を通じた地域経済の活性化が期待されます。
また、認定地域同士の交流など、国内外との連携強化も望めます。

日本で認定されている11地域をご紹介します。

  1. 「トキと共生する佐渡の里山」新潟県佐渡市(2011年認定)
  2. 「能登の里山里海」石川県能登地域(2011年認定)
  3. 「静岡の茶草場農法」静岡県掛川周辺地域(2013年認定)
  4. 「阿蘇の草原の維持と持続的農業」熊本県阿蘇地域(2013年認定)
  5. 「クヌギ林とため池がつなぐ国東半島・宇佐の農林水産循環」大分県国東半島宇佐地域(2013年認定)
  6. 「清流長良川の鮎」岐阜県長良川上中流域(2015年認定)
  7. 「みなべ・田辺の梅システム」和歌山県みなべ・田辺地域(2015年認定)
  8. 「高千穂郷・椎葉山の山間地農林業複合システム」宮崎県高千穂郷・椎葉山地域(2015年認定)
  9. 「武蔵野の落ち葉堆肥農法」埼玉県武蔵野地域(2016年認定)
  10. 「盆地に適応した山梨の複合的果樹システム」山梨県峡東地域(2016年認定)
  11. 「『大崎耕土』の巧みな水管理による水田システム」宮城県大崎地域(2017年認定)

参考資料

農林水産省ホームページ「世界農業遺産とは」
https://www.maff.go.jp/j/nousin/kantai/giahs_1_1.html

回答日

平成29年10月

お問合せ先

消費・安全局消費者行政・食育課「消費者の部屋」
ダイヤルイン:03-3591-6529