このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

「八十八夜」はいつ頃の季節のことをいうのですか。

回答

「八十八夜」は雑節のひとつで、立春から数えて八十八日目にあたる日のことです。

暦の上では、この日から夏になり、農作業を始める目安になりました。
しかし、この頃はまだ昼夜の寒暖差が激しく、農作物が遅霜の被害を受けることも少なくありません。
そのため、江戸時代頃から、天候への注意を促すため、暦に記されるようになりました。

また、「米」の字を分けると「八十八」になることや、末広がりの八が重なることから、縁起のいい「農の吉日」ともされます。
「八十八夜の別れ霜」という言葉があり、このあとは霜の心配がなく、農家では茶摘みや苗代づくりに精を出します。

この日に摘んだお茶を摘んだお茶を一番茶(五月末までに新芽を摘んでいれたお茶で「新茶」ともいいます)として飲むと、一年を無病息災でいられると伝えられています。

参考資料

農林水産省ホームページaff(あふ)2017年5月号「特集:緑茶」
https://www.maff.go.jp/j/pr/aff/1704/spe1_01.html

回答日

平成30年4月

お問合せ先

消費・安全局消費者行政・食育課「消費者の部屋」
ダイヤルイン:03-3591-6529