このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

消費者の部屋

消費者相談

アイスクリームは賞味期限の表示がないと聞きましたが、表示する必要がない理由を教えてください。

回答

 

食品の期限表示は、「消費期限」と「賞味期限」の2種類があります。
いずれも開封していない状態で、表示されている保存方法で保存した場合の期限が表示されています。

消費期限は、「食べても安全な期限」、賞味期限は、「おいしく食べることができる期限」です。
賞味期限は、過ぎてもすぐに廃棄せず、自分で食べられるかどうかを判断することも大切です。


アイスクリーム類は、食品衛生法の規定に基づく「乳及び乳製品の成分規格等に関する 省令」(以下「乳等省令」という。)や景品表示法の規定に基づく「アイスクリーム類及 び氷菓の表示に関する公正競争規約」により、期限表示の省略が以下の理由で認められています。

*アイスクリーム類は通常-18℃以下(倉庫では-20℃以下)で保存されるため、保存中の 変化は極めてわずかであり、人の健康を損なうような危害の発生は考えにくい。
*原料の品質基準が乳等省令で厳しく規定されているため、安全で、長期間、品質が劣化 しにくい。
 

 

参考資料

 

消費者庁ホームページ「食品の期限表示に関する情報」
https://www.caa.go.jp/policies/policy/food_labeling/food_sanitation/expiration_date/
一般社団法人日本乳業協会ホームページ「乳と乳製品についてのQ&A」アイスクリーム
https://www.nyukyou.jp/dairy/index.php?rm=4&qa_id=453 

回答日

令和元年12月

お問合せ先

消費・安全局消費者行政・食育課「消費者の部屋」
ダイヤルイン:03-3591-6529

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader