このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

任期付職員(輸出証明発給等)の募集について(北海道農政事務所)

農林水産省では、以下の専門分野における業務に精通した職員を下記により募集します。

1   募集内容

1.募集職種及び採用形態

   一般職の任期付職員の採用及び給与の特例に関する法律(平成12年法律第125号)に基づき、常勤の任期付き国家公務員として採用します。
   任期は2年程度(予定)です。

2.採用予定人員

   1名

3.職務内容

   2030年に農林水産物・食品の輸出額を5兆円とする目標の達成に向け、更なる輸出拡大を図るため、輸出先国が求める規制に対応した生産区域の指定や施設の認定、衛生証明書の発行等を迅速に進める必要があります。
   このため、輸出促進法に基づき、令和2年4月1日に農林水産省に農林水産物・食品輸出本部が設置され、農林水産省を司令塔として政府一体となって輸出の促進に取り組む体制が整備された中で、放射性物質関連の証明書に加えて、従来は他の行政機関や他部局が担当してきた生産区域の指定、加工施設の認定、放射性物質関連以外の証明書(衛生証明書、自由販売証明書等)の発行等の業務についても、農林水産物・食品の輸出を直接推進する農林水産省において実施することで、施設の認定や証明書の発行等を加速化し、更なる輸出の拡大につなげていくこととされたところです。
   このため、食品衛生に関する専門的な知識を持ちながら、証明書等発行業務等の経験を有し、関係部局等との調整業務も円滑に行うことができるような高いコミュニケーション能力を有する人材を配置することによって、衛生証明書等の発行の円滑化と同時に輸出事業者の利便性の向上、加えては区域指定、施設認定の増加及び加速化を進め、輸出可能な農林水産物・食品が増加し、更なる輸出拡大へとつなげていくこととしています。

   採用職員の具体的な職務内容は以下のとおり。
(1)生産区域の指定・モニタリング(出張を含む。)
   輸出先国が指定する基準に適合する区域で農林水産物の生産が行われていることを確保するために行う生産区域の指定及び当該区域のモニタリング時の試料サンプリング等(EU向け水産物等)を行う。
(2)加工施設の認定・定期監視 (出張を含む。)
   輸出先国から加工施設がHACCP対応施設等であることの認定が求められている場合における、加工施設の認定及び定期監視業務(EU向け水産物等)を行う。
(3)放射性物質関連以外の証明書の発行
   インド、インドネシア、ナイジェリア、台湾、マレーシア、メキシコ、タイ等向けの衛生証明書や自由販売証明書(輸出される農林水産物又は食品が、日本国内において製造され、又は加工され、かつ、流通することが可能であることを示す証明書)等の発行を行う。

4.勤務場所

農林水産省北海道農政事務所(北海道札幌市)

5.採用年月日

令和5年4月1日(予定) 

2   応募資格

以下(1)及び(2)の要件を全て満たすこと。
(1)知識・資質
   食品衛生の専門知識を有しているとともに、輸出先国の政府機関が定める要件に適合する施設の認定を行う登録認定機関での勤務経験、農林水産物・食品の輸出に必要な検査・試験・証明書の発行機関での勤務経験、輸出に関わる加工施設や冷凍保管施設での勤務経験等により、輸出する水産食品の官能検査の実施や衛生証明書等を発行するためのコミュニケーション能力を有していること。
(2)経験
   輸出先国の政府機関が定める要件に適合する施設の認定を行う登録認定機関、農林水産物・食品の検査・分析を行う検査機関、国や地方自治体の食品衛生部門、食品企業、流通企業、物流倉庫企業(冷凍)等、農林水産物・食品の輸出関係業務等に関する経験を4年以上有していること。

なお、以下の(ア)~(ウ)のいずれかに該当する方は、応募できませんのでご了承ください。
(ア)日本国籍を有しない者
(イ)国家公務員法(昭和22年法律第120号)第38条の規定により国家公務員となることができない者

  • 禁固以上の刑に処せられ、その執行を終わるまで又は執行を受けることがなくなるまでの者
  • 一般職の国家公務員として懲戒免職の処分を受け、当該処分の日から2年を経過しない者
  • 日本国憲法施行の日以降において、日本国憲法又はその下に成立した政府を暴力で破壊することを主張する政党その他の団体を結成し、又はこれに加入した者

(ウ)平成11年改正前の民法の規定による準禁治産の宣告を受けている者(心神耗弱を原因とするもの以外)

3   提出書類及び申込手続

【提出書類】
(1)履歴書(顔写真を添付)   1通
     (本ホームページから所定の履歴書(履歴書(EXCEL : 45KB))をダウンロードし、必要事項を記載してください。)
(2)職務経歴書   1通
     (本ホームページから所定の職務経歴書(職務経歴書(WORD : 34KB))をダウンロードし、必要事項を記載してください。)
(3)経験・知識等の自己PR   1通
     (本ホームページから所定の経験・知識等の自己PR(経験・知識等の自己PR(EXCEL : 10KB))をダウンロードし、上記2の応募資格に係る経験・知識等を記載してください。)

【申込手続】
(1)応募締切(郵送又はメール)
     〔郵送の場合〕
           令和5年2月6日(月曜日)必着
     〔メールの場合〕
           令和5年2月6日(月曜日)17時00分受信分まで有効
(2)提出先(郵送又はメール)
     〔郵送の場合〕
           〒064-8518 
           北海道札幌市中央区南22条西6丁目2-22
           農林水産省北海道農政事務所総務課人事第1係宛
     〔メールの場合〕
           saiyo@maff.go.jp

4   選考方法

(1)一次選考
        書類選考
(2)二次選考
        一次選考合格者に対してのみ面接審査
     (実施日時は、後日、一次選考合格者に直接お知らせいたします。
        面接は北海道農政事務所で実施する予定です。)

5   給与等

   給与・手当は職歴等に応じて、「一般職の職員の給与に関する法律」等に基づき決定し、支給します。

6   その他

   応募の秘密については厳守いたします。また、応募書類の返却はいたしませんので、ご了承ください。

お問合せ先

担当:輸出・国際局総務課総務班(人事担当)多胡、熊谷
住所:〒100-8950 千代田区霞が関1-2-1
電話:03-3502-3068
E-MAIL:yukoku_jin@maff.go.jp

※業務内容の詳細は以下にお問合わせください。
   担当:輸出・国際局輸出支援課 安藤、神田
   電話:03-6744-2398

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader