このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

畜産物中の放射性物質の検査結果について

  • 本ページでの検査結果は厚生労働省の発表を基にまとめたものです。
  •  厚生労働省の関連ページは以下のリンクをご覧ください。【厚生労働省HPへ】〔外部リンク〕
  • 食品中の放射性物質について知りたい方は、以下のリンクをご覧ください。【消費・安全局へ】

ご覧になりたい品目をクリックしてください。

  1. 原乳の検査結果について   
  2. 食肉・卵の検査結果について 

 ※その他の農産物の検査結果はこちらをクリックしてください。

畜産物の検査結果の概要(令和2年4月1日~令和3年3月31日)(単位:点)

原乳

 

合計

50Bq/kg以下
(「検出せず」を含む)

50Bq/kg超

原乳

273

(274)

273

(274)

0

(0)

       ※品目名をクリックすると、詳細な検査結果のページへリンクします。

  • 「検査計画、出荷制限等の品目・区域の設定・解除の考え方(平成23年4月4日 原子力災害対策本部)」において、対象自治体とされた17都県の検査結果。

  • ()内は全都道府県の検査結果。

  • 実際の定量下限は分析機関によって異なります。

食肉・鶏卵

 

合計

放射性セシウム基準値(100Bq/kg)以下

100Bq/kg超

50Bq/kg以下
(「検出せず」を含む)

50Bq/kg超
100Bq/kg以下

牛肉

19,767

(22,401)

19,767

(22,401)

0

(0)

0

(0)

豚肉

109

(156)

109

(156)

0

(0)

0

(0)

鶏肉

79

(117)

79

(117)

0

(0)

0

(0)

鶏卵

155

(208)

155

(208)

0

(0)

0

(0)

はちみつ

62

(72)

62

(72)

0

(0)

0

(0)

その他畜産物
(加工品は除く)

33

(37)

33

(37)

0

(0)

0

(0)

20,205

(22,991)

20,205

(22,991)

0

(0)

0

(0)

  • 「検査計画、出荷制限等の品目・区域の設定・解除の考え方(平成23年8月4日 原子力災害対策本部)」において、対象自治体とされた17都県の検査結果。

  • ()内は全都道府県の検査結果。

  • 実際の定量下限は分析機関によって異なります。

畜産物の放射性物質検査について

<安全管理体制>

東京電力福島第一原子力発電所における事故発生を受け、都道府県等の自治体では「検査計画、出荷制限等の品目・区域の設定・解除の考え方(令和3年3月26日 原子力災害対策本部)」に基づき、食品中の放射性物質検査を行っています。

 牛乳・乳製品

「検査計画、出荷制限等の品目・区域の設定・解除の考え方」の中で対象となっている福島県において、県内のクーラーステーション等の原乳(酪農家が搾ったままの牛の乳)の放射性物質のモニタリング検査を実施しています。

個々の酪農家で生産された原乳をクーラーステーションや乳業工場で集め、牛乳・乳製品を製造しています。

牛肉

「検査計画、出荷制限等の品目・区域の設定・解除の考え方」の中で対象となっている4県(岩手県、宮城県、福島県、栃木県)において、各県の食肉処理施設等で放射性物質のモニタリング検査を実施しています。

<これまでの検査結果>

原乳については原発事故当初に暫定規制値を超過した事例がありましたが、平成23年4月以降は全て50Bq/kg以下であり、基準値を超過したものはありません。

牛肉については、高濃度の放射性セシウムを含む稲わら等が牛に給与されたことにより、牛肉から暫定規制値を超える放射性セシウムが検出される事例がありましたが、平成25年度以降、全国において基準値を超過したものはありません。

豚肉については、平成24年5月に新基準値を超過した事例がありましたが、平成24年6月以降、基準値を超過したものはありません。

鶏については、トウモロコシ等の輸入飼料に依存しているため、鶏肉・鶏卵については全て暫定規制値以下であり、平成24年4月から施行された新基準値(100Bq/kg)も下回っています。

なお、牛肉のセシウム汚染に関する情報については、牛肉からの暫定規制値を超える放射性セシウムの検出についてをご覧ください。

 

お問合せ先

畜産局牛乳乳製品課・食肉鶏卵課

牛乳乳製品課:ダイヤルイン03-3502-5988(内線4933)
食肉鶏卵課:ダイヤルイン03-3502-5991(内線4941)