このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

サステナウィークの各種イベント等

サステナウィーク期間中(9月17日~27日)に実施する「#ハッシュタグキャンペーン」や、オンラインで参加可能なプログラムをご紹介します。

【目次】
1. UNEPあふの環ダイアログ ~サステナブルな社会に向けて~
2. オンラインファームツアー
3. ローカルSDGsのデザイン~地域循環共生圏のつくり方~
4. 食と環境を考える1億人会議2020
5. その他(各省庁の取組)


#ハッシュタグキャンペーン


サステナウィーク期間中(9月17日~27日)、あふの環メンバーを中心に以下の共通のハッシュタグを添えて、サステナブルな取組をSNSで発信する取組を推進します。
あふの環メンバーでなくても参加できますので、皆様の発信をお待ちしております。

<以下から1つ以上のハッシュタグを投稿>
#サステナウィーク 、  #Sustainability Action 、  #サステナブル 、  #Sustainable 、  #SDGs 、  #元気いただきます

上記のハッシュタグをつけた取組は、あふの環プロジェクト公式アカウント(@SCAFFF_2030)によりリツイート等をさせていただくことがあります。

Twitter_Social_Icon.png @SCAFFF_2030(外部リンク)
フォローお待ちしています!

「#元気いただきますプロジェクト」は、全国で生産される農林水産物を食べることで、食べた人は美味しくて元気になり、生産者は嬉しくて元気になるという、農林水産業から「元気の循環」を日本中に広げていくプロジェクトです。
ウェブサイト:https://www.kokusan-ouen.jp/(外部リンク)

1. UNEPあふの環ダイアログ ~サステナブルな社会に向けて~

日時:9月23日(水曜日)14時30分~15時45分(ライブ配信は終了しました)

概要:気候変動、生物多様性、食品ロスなどのキーワードから、日本と世界の食と農林水産業に関わる持続可能性について考える対話イベントです。藤田香氏(日経ESG編集/日経ESG経営フォーラムシニアエディター&プロデューサー)をファシリテーターに迎え、キース・アルバーソン氏(国連環境計画国際環境技術センター長)と西郷正道氏(駐ネパール日本国特命全権大使)の講演、パネルディスカッションを通じて、私たちができることを探っていきます。

主催:農林水産省
共催:国連環境計画国際環境技術センター



(youtubeサイトが開きます)

ダイアログポスター
PDFは こちら(PDF : 474KB)
dialogue.jpg








UNEPあふの環ダイアログ分割版
(オープニング~キース・アルバーソン所長プレゼン)

dialogue.jpg








UNEPあふの環ダイアログ分割版
(西郷正道大使プレゼン)

dialogue.jpg








UNEPあふの環ダイアログ分割版
(パネルディスカッション~クロージング)

2. オンラインファームツアー

日時:9月23日(水曜日)15時45分~16時05分(ライブ配信は終了しました)

概要:あふの環プロジェクトメンバーのサステナブルな農業をオンラインで配信します。食べることとサステナビリティを両立させることの重要性と心地よさをお伝えします。



ファームツアーポスター
PDFはこちら(PDF : 580KB)
ms_eri_otsu.jpg
(youtubeサイトが開きます)
熊本県南阿蘇村で稲作農業を営み、あか牛を育てる大津愛梨さんが、サステナブルな農業と、自然と調和して生きることの魅力を語ります。


SustainableTown_kamishihoro_Hokkaido.jpg
(youtubeサイトが開きます)
北海道上士幌町は、バイオマスプラントで牧場から出た家畜糞尿等を使って発電、食料・エネルギー自給率が高い、住みよい町作りをしています。


01_GeneticResource_Setanourin_Gunma.jpg
(youtubeサイトが開きます)
サステナブルリレー 遺伝資源を守る 勢多農林高校

03_localSDGs_Nagano_ms_akiba.jpg
(youtubeサイトが開きます)
サステナブルリレー 長野県立大学 秋葉先生

02_bamboobiochar_mrtanjo_mrkiyatake.jpg
(youtubeサイトが開きます)
サステナブルリレー 農業で温室効果ガス削減 クルベジ(佐倉市の丹上さんと、四街道市の喜屋武(きやたけ)さん)

04_FRaUproducer_mr_seki.jpg
(youtubeサイトが開きます)
サステナブルリレー メディアとサステナブル 講談社関編集長

3. ローカルSDGsのデザイン~地域循環共生圏のつくり方~

  • 日時:9月24日(木曜日)15時~18時(オンライン開催)
  • 概要:各地域や企業で取り組まれているローカルSDGs(地域循環共生圏)の先進的な事例をご紹介するとともに、パネルディスカッションを通して「地域循環共生圏ビジネスの創造に向けて、企業として果たせる役割・企業に期待すること」等についての議論を行います。また、農林水産省から、環境も経済も良くする農山漁村での取組事例等をご紹介します。
  • 主催:環境省
  • 共催:事業構想大学院大学、一般社団法人the Organic、城南信用金庫
  • 参考:環境省プレスリリース https://www.env.go.jp/press/108398.html(外部リンク)

4. 食と環境を考える1億人会議2020

  • 日時:9月25日(金曜日) 17時~19時(予定)
    ※後日、セミナーの動画をウェブサイトに掲載します。 
  • 概要:「つくる責任 つかう責任」をキーワードに生産・流通・消費者の共創の場を作ることで、参加者一人一人が食と農林水産業の未来を考えるセミナーを行います。
  • 主催:農林水産省
  • 共催:一般社団法人 AgVenture Lab

5. その他(各省庁の取組)

食品ロス削減月間に向けた取組(農林水産省 食料産業局)

農林水産省では、食品産業から発生する食品ロスの削減のため、10月の「食品ロス削減月間」に向けて、「納品期限の緩和」や「賞味期限表示の大括り化」といった商慣習見直しの取組を行う事業者を募集しています。応募いただいた方々のお名前は、本年10月30日の「全国一斉商慣習見直しの日」に公表します。
また、店舗で使用できるポスターを活用した消費者への啓発に取り組む小売事業者及び外食事業者も募集し、公表します。
皆様のご応募をお待ちしています。

プレスリリース「商慣習見直しの取組を実施する事業者を募集」
https://www.maff.go.jp/j/press/shokusan/kankyoi/200812.html

プレスリリース「消費者に対する啓発に取り組む小売事業者及び外食事業者の募集」
https://www.maff.go.jp/j/press/shokusan/kankyoi/200831.html

農業女子が取り組むSDGs(農林水産省 経営局)

農業女子プロジェクトでは、持続可能な社会の実現のために、農業女子メンバーがそれぞれの地域やコミュニティにおいて実施できることを考えました。
農業女子メンバーひとりひとりの活動が社会に与える影響を、農業女子プロジェクトとして、広く発信していきます。

農業女子プロジェクトHP「農業女子が取り組むSDGs」
https://nougyoujoshi.maff.go.jp/sdgs-home/

サステナウィークマップのページにおいて、農業女子プロジェクトメンバーのサステナ宣言を紹介しています。

私たちと森のこれから~幸せな未来に向けた5つのアクション~(林野庁)

林野庁若手職員のプロジェクトでは、「森や木と関わることでより幸せな未来に向かっていけるのではないか」という想いからコンセプトブックを制作しました。ちょっと手間や時間をかけて、森を訪れたり、暮らしの中で木を使ったりすることで、より豊かな未来を創るヒントを与えてくれる素敵な事例の数々をご紹介します。

林野庁HP「森林×SDGs」
https://www.rinya.maff.go.jp/j/kikaku/genjo_kadai/SDGs_shinrin.html

木づかい運動でウッド・チェンジ!(林野庁)

木をつかうことは、環境にも暮らしにも良いことがたくさん。
日本は国土の約3分の2を森林が占める、世界でも有数の森林国。その森林の約4割は人が木を植えて育てた人工林です。
林野庁では、ウッドチェンジ!を合い言葉に、暮らしに木を取り入れることを提案しています。
現在、楽天市場でも特設サイト「WOOD CHANGE 木に変えて、変わったのは暮らしとワタシ。」を公開中。
コンセプト動画や木にまつわるコラムとともに、国産木材を使用したサステナブルな木の商品を多数紹介しています。

林野庁HP「木づかい運動でウッド・チェンジ!」
https://www.rinya.maff.go.jp/j/riyou/kidukai/top.html

水産エコラベルの普及・推進(水産庁)

生態系や資源の持続性に配慮した方法で漁獲・生産された水産物に対して、消費者が選択的に購入できるよう商品にラベルを表示するスキームである水産エコラベルの普及・推進を行っています。

水産庁HP「水産エコラベルの推進について」
https://www.jfa.maff.go.jp/j/kikaku/budget/suishin.html

あふの環プロジェクト 公式Twitter

Twitter_Social_Icon.png@SCAFFF_2030 (外部リンク)
フォローお待ちしています!

お問合せ先

大臣官房政策課環境政策室

あふの環プロジェクト事務局
代表:03-3502-8111(内線3297)
ダイヤルイン:03-6744-2017
FAX番号:03-3591-6640

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader