このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

技術が切り拓く、農林水産業の環境イノベーションフォーラム

2019年6月に閣議決定された「パリ協定に基づく成長戦略としての長期戦略」では、2050年までに温室効果ガスの排出を80%削減するという長期的目標の実現に向けて、大胆に施策に取り組むとしております。
農林水産業についても取組を加速化していくことが求められており、本フォーラムでは、脱炭素化社会の構築に向け、農林水産分野の環境イノベーションを創出するための、研究機関や企業による革新的な温暖化対策技術や取組を紹介しました。
会場の様子画像
(会場の様子)

1.開催概要

日時:令和元年12月10日(火曜日)14時00分~17時00分(開場13時00分)
会場:農林水産省 本館7階 講堂
所在地:東京都千代田区霞が関1-2-1
出席者数:140名

2.内容

オープニング

(1)主催者挨拶 末松 広行 農林水産省 事務次官

(2)来賓あいさつ 久間 和生 国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構 理事長

(3)農林水産省の政策紹介農林水産分野における環境イノベーションについて(PDF : 2,926KB)
    (分割版1(PDF : 1,907KB) 分割版2(PDF : 1,850KB) )
島田 和彦 農林水産省農林水産技術会議事務局 研究総務官

第1部:革新的な技術・取組紹介

(1)CO2吸収源対策の新たな選択肢 ~ブルーカーボン~(PDF : 3,974KB)
    (分割版1(PDF : 1,763KB) 分割版2(PDF : 1,932KB) 分割版3(PDF : 1,708KB) 分割版4(PDF : 1,693KB))
堀 正和 国立研究開発法人水産研究・教育機構瀬戸内海区水産研究所 主任研究員

(2)環境木化都市の実現に向けて W350計画(PDF : 3,703KB)
    (分割版1(PDF : 1,801KB) 分割版2(PDF : 1,625KB) 分割版3(PDF : 1,323KB))
中嶋 一郎 住友林業株式会社理事筑波研究所 所長

(3)農山漁村での地産地消型エネルギーシステムの構築 ~ソーラーシェアリング~(PDF : 5,026KB)
    (分割版1(PDF : 1,584KB) 分割版2(PDF : 1,957KB) 分割版3(PDF : 1,746KB) 分割版4(PDF : 1,313KB) )
生津 賢也 一般社団法人ソーラーシェアリング協会 ビジネスコンサルタント

(4)サーキュラーエコノミーの実現 ~食品ロスに新たな価値を~(PDF : 1,951KB)
髙橋 巧一 株式会社日本フードエコロジーセンター 代表取締役

第2部:質疑応答、意見交換

slidoサービスを使って、会場の皆様から発表者へのご質問を受け付け、質疑応答、意見交換を行いました。

コーディネーター:
 久保 牧衣子 農林水産省大臣官房政策課環境政策室 室長
パネリスト:
 堀 正和 国立研究開発法人水産研究・教育機構瀬戸内海区水産研究所 主任研究員
 中嶋 一郎 住友林業株式会社理事筑波研究所 所長
 生津 賢也 一般社団法人ソーラーシェアリング協会 ビジネスコンサルタント
 髙橋 巧一 株式会社日本フードエコロジーセンター 代表取締役
 島田 和彦 農林水産省農林水産技術会議事務局 研究総務官

資料展示

同会場において、改質リグニンやセルロースナノファイバー(CNF)等の農林水産分野の革新的な温暖化対策技術や取組を紹介するポスター等の展示を行いました。

出展団体:
 住友林業株式会社
 株式会社日本フードエコロジーセンター 
 一般社団法人農業電化協会
 国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構
 国立研究開発法人国際農林水産業研究センター
 国立研究開発法人森林研究・整備機構森林総合研究所
 国立研究開発法人水産研究・教育機構水産工学研究所
 国立研究開発法人水産研究・教育機構瀬戸内海区水産研究所
 国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構
 農林水産省
展示の様子画像
(展示の様子)

3.関連情報

「パリ協定に基づく成長戦略としての長期戦略」の閣議決定について(外部サイト)
https://www.env.go.jp/press/106869.html(外部リンク)

フォーラムパンフレット(PDF : 557KB)

お問合せ先

大臣官房政策課環境政策室

担当者:古藤、寺井、西川
代表:03-3502-8111(内線3296)
ダイヤルイン:03-3502-8056
FAX番号:03-3591-6640

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader