このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

SDGs×生物多様性シンポジウム

イメージイラスト

SDGs×生物多様性シンポジウム「未来を創る食農ビジネス」

本年秋に、生物多様性について今後10年間に達成すべき新たな世界目標(ポスト2020目標)が決定される予定です。このため、農林水産省は「農林水産省生物多様性戦略」(2012年改訂)の見直しを行うこととし、有識者による研究会において検討を進めてきました。
この研究会の成果を伝え、持続可能な生産・消費を実現するためのヒントになる先進的な事例を紹介するほか、生物多様性保全を重視した食農ビジネスについて知り、それらを推進することを目的として、本シンポジウムを開催します。
*講演のビデオについて、後日、本サイトに掲載いたします。

(参考)農林水産省生物多様性戦略見直しに関する有識者研究会の成果(令和元年度)           

会場

(1) 本会場

  • 日時:令和2年2月17日(月曜日)13時30分~17時00分(開場13時00分)
  • 会場:農林水産省本館 7階講堂
  • 所在地:東京都千代田区霞が関1-2-1

(2) サテライト会場

  • 日時:令和2年2月17日(月曜日)13時30分~17時00分(開場13時00分)
  • 会場:長野県立大学 三輪キャンパス
  • 所在地:長野県長野市三輪8‑49‑7

プログラム

*環境保護の観点から、シンポジウム当日、会場での講演資料の配布は行いません。
資料は本ページに掲載しておりますので、必要な方はタブレット等の端末に保存の上ご持参いただく等、ペーパーレスへのご協力をお願いします。
  シンポジウムちらし(PDF:1,820KB)

13時30分 開会挨拶

末松 広行(農林水産事務次官)

 

13時35分 特別講演

寺島氏の写真画像

寺島 実郎氏(一般財団法人日本総合研究所 会長、多摩大学 学長)
「食の未来図~継承すべき自然の恵みと文化~」
世界の構造転換の中で、これからの日本はどのような進路をとるべきか。戦後「工業生産力モデル」を探求してきた日本は、次のステージとして、蓄積した技術やDXの中で躍動しているAI技術なども取り込み、「食と農」に真摯に向き合う大きな構想力が必要である。
講演資料全体版(PDF : 3,513KB)
【分割版】
分割版1(PDF : 1,824KB)
分割版2(PDF : 1,884KB)
分割版3(PDF : 1,881KB)

 


13時55分 基調講演

橋本氏の写真画像

橋本 禅氏(東京大学大学院農学生命科学研究科 准教授)
「農林水産業による生物多様性保全への貢献」
農林水産業は、自然の恵みを利用すると同時に、生物多様性を守り、育みながら、豊かな農村環境や食文化を提供している。研究会の成果を軸に、持続可能な生産・消費を実現するために我々が果たすべき役割を解説する。
講演資料全体版(PDF : 2,006KB)
【分割版】
分割版1(PDF : 1,381KB)
分割版2(PDF : 1,418KB)

 


14時15分 SDGsダイアログとは

【ファシリテーター】

但馬氏の写真画像

但馬 武氏(fascinate株式会社 代表取締役社長)

 


14時20分 トークセッション1

【スピーカー】

河口氏の写真画像

河口 真理子氏(株式会社大和総研 調査本部 研究主幹)
「企業や投資家の生物多様性戦略」
 講演資料全体版(PDF : 1,831KB)

 

 

阿部氏の写真画像

阿部 純一 氏 (ネスレ日本株式会社 マーケティング&コミュニケーションズ本部
コーポレートアフェアーズ統括部 コーポレートコミュニケーション室 室長)
「ネスレのパーパス(存在意義)とCSVの実践」
ネスレのパーパスとCSV(共通価値の創造)
事例紹介:農村開発と貧困緩和:「ネスカフェ プラン」
講演資料全体版(PDF : 1,379KB)

 


橋本氏の写真画像

橋本 禅氏(東京大学大学院農学生命科学研究科 准教授)

 


15時15分 休憩


15時25分 トークセッション2

「SDGs×生物多様性 ビジネスリスクをチャンスへ」

環境課題への対応をチャンスと捉え、一歩先に進むための方法とは。具体的な取組の紹介とともに、そのヒントについて議論いただきます。

【スピーカー】

大津氏の写真画像

大津 愛梨氏(O2Farm 6次化担当、NPO法人田舎のヒロインズ理事長)
「小さな家族経営農家の飽くなき挑戦~RE100農家を目指して~」
O2Farmが取り組んでいる循環型・環境保全型農業、2019年度から始めたRE100に向けた取り組み、女性農家仲間たちとの取り組み
講演資料全体版(PDF : 4,342KB)
【分割版】
  
分割版1(PDF : 1,963KB)
   分割版2(PDF : 1,798KB)
   分割版3(PDF : 1,795KB)

 


菊池氏の写真画像

菊池 紳氏(いきもの株式会社 創業者・代表取締役)
「chiQ(チキュウ)が手がけるサステナブル・イノベーション」
環境・生態系との繋がりや資源循環への参加(サステナブル)と、
これからの事業の成長(グロース)が両立し得ることへの理解を進めている「chiQ(チキュウ)」。
具体的な事業やプロジェクトを立ち上げ、社会実装を進める「インキュベーター」の果たす役割を紹介

講演資料の映写はございません。


鈴木氏の写真画像

鈴木 淳一氏(株式会社電通 電通イノベーションイニシアティブ プロデューサ―)
「ブロックチェーン技術が導くエシカル消費マーケット」
生産者哲学の可視化と共感型コミュニティーの形成・定着に向けた宮崎県綾町とのPoCを振り返る
講演資料全体版(PDF : 6,650KB)
【分割版】
分割版1(PDF : 1,979KB)
分割版2(PDF : 1,682KB)
分割版3(PDF : 1,623KB)
   分割版4(PDF : 1,843KB) 


16時40分 ラップアップセッション

  • 橋本 禅氏
  • 河口 真理子氏
  • 大津 愛梨氏
  • 菱沼 義久 (農林水産省技術総括審議官 兼 農林水産技術会議事務局長)

参加登録方法

登録はオンラインでのみ可能です。(電話およびFAXでのお申込みは御遠慮願います。)
出席される会場を以下から選択し、各サイトからお申し込みください。

1.本会場(農林水産省7階講堂)

参加登録は締め切らせていただきました。

2.サテライト会場(長野県立大学三輪キャンパス)

長野県立大学にて参加申込受付を行います。
インターネットにて、アイコンからアクセス願います。
引き続き当日まで受け付けております。

<サテライト会場にかかる連絡先>

長野県立大学ソーシャル・イノベーション創出センター
担当者:秋葉、土屋、小林
ダイヤルイン:026‑262‑1725
FAX番号:026‑262‑1726

<参加に当たっての留意事項>

参加に当たっては、次の留意事項を遵守してください。これらを守れない場合は、参加をお断りすることがあります。

  • (ア) 事務局の指定した場所以外の場所に立ち入らないこと。
  • (イ) 会場内で撮影を行う場合には、視界を遮る、大きな音を出す、フラッシュをたく等、
        他の参加者の聴講やプログラム進行の妨げになる行為をしないこと。
  • (ウ) 会議中は以下の行為を慎むこと。
        会議中の入退室(ただし、やむを得ない場合を除く。)新聞、雑誌その他セミナーに関係のない書類等の読書
        飲食及び喫煙
  • (エ) 銃砲刀剣類その他危険なものは議場に持ち込まないこと。
  • (オ) その他、事務局職員の指示に従うこと

お問合せ先

大臣官房政策課環境政策室

担当者:滝、森、河北
代表:03-3502-8111(内線3297)
ダイヤルイン:03-3502-8056
FAX番号:03-3591-6640

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader