このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

つながる農業技術サイト(茶)

top_ac.png
(1)全般  (2)園地準備・改植   (3)剪定   (4)防除   (5)栽培管理   
(6)収穫~出荷 
  (7)その他  


~ご利用方法・ご利用上の注意~


・上記のボタンから、該当する作業等を選択しクリックすると、その作業等におけるニーズの一覧に移動しますので、それぞれの「具体的なニーズの内容」ををクリックすると、それに対応する技術提案がご覧いただけます(リンクが張られてない「具体的なニーズの内容」については、現時点までに該当する技術提案がないものです。)。
・掲載されている技術は、それぞれの「具体的なニーズの内容」に対応するものとして民間企業等から提案いただいたものです。詳細については当該企業等にお問い合わせください。また、当該技術の効果等を農林水産省が確認・認定等しているものではありませんので、ご承知おきください。
・本サイトは、今後随時更新する予定です。

1 ニーズ一覧

(1)全般

技術ニーズ
具体的なニーズの内容
栽培管理
システム
上空から園地や樹体の状況が確認・分析できるドローンを使ったシステム
音声で必要な情報が入力可能なウェアラブル端末や管理アプリ
各園地の風速、雨量(湿度)が情報が一括して収集できる簡易気象観測システム
栽培支援
システム
植付日や栽培条件等を設定することにより、効率的な栽培体系や作業計画、使用する農薬情報等をシミュレート・管理するシステム
機器開発等 各種のセンシング機器の受信機の規格の統一
現場での使用に適した防水・防塵性能の高いスマホ等の端末
傾斜地に対応できる、施肥、防除、運搬ロボットの開発
音声により作業記録等を自動で行うシステム
 

(2)園地準備・改植

技術ニーズ
具体的なニーズの内容
新植・改植時における、気候・ほ場条件、作付け等を踏まえた最適な園地選定システム
新植・改植時における、簡易な土壌特性診断技術
その他 無人で草刈りを行う草刈りロボット
 

(3)剪定

技術ニーズ
具体的なニーズの内容
剪定  AIやICTを活用した、整枝・剪定学習アプリ
整枝・剪定すべき枝の判別、整枝・剪定を自動で行う機械の開発
整枝・剪定すべき枝の判別や剪定作業をサポートできるシステム(ウェアラブル端末等)
 

(4)防除

技術ニーズ
具体的なニーズの内容
防除 傾斜地でも農薬散布が可能なドローン
重要病害虫における薬剤抵抗性診断キットの開発
センシング技術を活用した最適防除技術



(5)栽培管理

技術ニーズ
具体的なニーズの内容
被覆 展張・回収等の被覆作業の機械化技術(棚被覆含む)
遮光技術について、IoTを利用して栽培環境データを収集・解析するシステム
防霜 節電型の防霜ファンの開発


(6)収穫~出荷

技術ニーズ
具体的なニーズの内容
収穫 急傾斜地に対応した低コストな収穫ロボット
無人で収穫を行う茶摘み機の開発
収穫した茶葉を自動で運搬できるロボット
出荷 生産者と消費者を直接つなぐオンライン上の受発注・決済等のシステム
低カフェイン等消費者ニーズに対応した茶葉の加工技術
加工 光による変質を受けにくい透明茶袋の開発


(7)その他

技術ニーズ
具体的なニーズの内容
うまみ成分や機能性成分等を高位安定的に含有する生産技術、品種の開発
新規就農者でも利用可能な、簡易樹勢判断技術
無被覆で色沢・香味が優れる新品種の開発
 

2 技術提案一覧

(1)全般

(ア)栽培管理システム

・上空から園地や樹体の状況が確認・分析できるドローンを使ったシステム
(イ) DJアグリサービス2021(ドローン・ジャパン(株)) NEWアイコン
技術概要(PDF:341KB)  活用事例 (PDF:248KB)  企業等HP(外部リンク)  企業等HP2(外部リンク)

・各園地の風速、雨量(湿度)が情報が一括して収集できる簡易気象観測システム
(ア) 茶畑環境モニタリングシステム(CMエンジニアリング(株)) NEWアイコン
技術概要(PDF:346KB)  企業等HP(外部リンク)  企業等HP2(外部リンク)

お問合せ先

大臣官房政策課

担当者:川上、早瀬、粟野
代表:03-3502-8111(内線3081)
ダイヤルイン:03-6744-0494
FAX番号:03-3508-4080

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader