このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

つながる農業技術サイト(酪農)








~ご利用方法・ご利用上の注意~

上記の水色のボタンから、該当する作業等を選択しクリックすると、その作業等におけるニーズの一覧に移動しますので、それぞれの「具体的なニーズの内容」ををクリックすると、それに対応する技術提案がご覧いただけます(リンクが張られてない「具体的なニーズの内容」については、現時点までに該当する技術提案がないものです。)。

・掲載されている技術は、それぞれの「具体的なニーズの内容」に対応するものとして民間企業等から提案いただいたものです。詳細については当該企業等にお問い合わせください。また、当該技術の効果等を農林水産省が確認・認定等しているものではありませんので、ご承知おきください。
・本サイトは、今後随時更新する予定です。

1 ニーズ一覧


(1)家畜管理等

技術ニーズ
具体的なニーズの内容
家畜管理
行動観察
 行動観察のデータと搾乳施設で得たデータの一元管理
 体温、心拍、呼吸等の連続測定により発情、分娩、健康管理等を行うシステム
 個体識別耳票へのICチップ導入による管理の簡便化、情報の一元化
 画像解析により発情、分娩、健康管理やBCS評価、体重推計等が可能な技術
 音声により行動把握や体調管理を行う技術
 画像解析等により体重測定を自動化する技術
 衛生対策  優れた蹄病予防策(牛が嫌がるフットバスの代替法)
 痛くない注射針
 簡単に採材できる検体(尿、唾液、乳汁、血液等)から現場で迅速に疾病等の判定ができる手法
 ピロプラズマ病、クリプトスポリジウム症の効果的な治療方法
 アブ・サシバエ防御技術(BLV対策)
 RSウイルスの効果的なワクチン
 

(2)搾乳

技術ニーズ 具体的なニーズの内容
牛の誘導
 搾乳牛のパーラーへの自動誘導(牛舎内や誘導路に設置されたゲートの自動開閉による自動誘導や、音等による誘導)
前絞り
 前搾りの機械化と異常乳の自動検知
搾乳  安価な搾乳ロボット
 放牧地での搾乳システム
乳質測定
 乳質の簡易・自動測定(前搾り時の簡易測定やバルククーラーでの測定・表示)
 

(3)給餌

技術ニーズ
具体的なニーズの内容
給餌
 接触センシングで個体ごとに飼槽に来た回数や摂食量、飲水回数がわかる機器
 画像認識で個体ごとに飼槽に来た回数や摂食量、飲水回数がわかる機器
 ラインによる自動給餌器
 既存の畜舎を改造せずに導入できる自動給餌機
哺乳
 初乳の品質管理法
 哺乳ロボットの改良(操作性の向上など)
 

(4)繁殖

技術ニーズ
具体的なニーズの内容
種付け等
 精液ストローの自動管理技術
 夏期の受胎率向上技術
 自動で人工授精・受精卵移植を行う装置
 体外受精卵の培養・管理を効率化する装置
妊娠・分娩・雌雄鑑別等
 簡易な妊娠判定技術(乳汁、血液、唾液、尿など)
 非接触の方法による分娩の検知技術
 

(5)乳製品製造等

技術ニーズ
具体的なニーズの内容
チーズ製造等
 スターター(菌)の安全確認が簡易・低コストで行える技術の開発とマニュアル化
 分離した酵母や乳酸菌を低コストで大量培養する技術
 日本らしい特徴をもつ国産酵母の開発(例えば桜色になるものなど)
 酵母や乳酸菌の取扱簡便化のための乾燥製剤化等の技術
 簡易にチーズの安全性や衛生レベルを確認できる技術
 チーズ製造道具の衛生管理方法の研究(アジャンクトスターターを生かす方策)
 小規模チーズ生産における攪拌作業等の省力化技術
その他
 ホエー、初乳を低コストで粉末化できる小規模な機械
 

(6)その他

技術ニーズ
具体的なニーズの内容
経営  総合的に生産や経営の管理や診断を行うシステム
事務作業  個体識別の届出における音声入力の活用による省力化
 個体識別番号に紐付けした個体情報の一元管理
家畜改良
 ホルスタイン種とF1種の比較(牛乳の風味・品質、育成手法の開発等)
作業安全  人間用の使いやすいプロテクターの開発(牛の誘導時等における、牛に挟まれ/突かれての怪我の防止策)
 安全で確実な牛の保定や誘導の方法・器具

2 技術提案一覧

 (1)家畜管理等

(ア)家畜管理・行動観察

 
・行動観察のデータと搾乳施設で得たデータの一元管理
  (ア) 電池レス式ビーコンを使った中小規模牧場向け牛の疾病管理ソリューション (光和ネットサービス(株))
   <技術概要(PDF:1,129KB)
 
  (イ) クラウド牛群管理システム「Farmnote」 牛向けウェアラブルデバイス「Farmnote Color」( (株)ファームノート)
 
・体温、心拍、呼吸等の連続測定により発情、分娩、健康管理等を行うシステム
  (ア) 電池レス式ビーコンを使った中小規模牧場向け牛の疾病管理ソリューション (光和ネットサービス(株))
   <技術概要(PDF:1,129KB)
 
  (イ) 牛体温監視システム 胃診電信 ((株)セントラル情報サービス)
   <技術概要(PDF:707KB)  企業等HP(外部リンク) 企業等HP(外部リンク) 企業等HP(外部リンク)
  
  (ウ) 家畜の分娩監視装置「モー安心」 (富山県農林水産総合技術センター)
   <技術概要(PDF:645KB)
 
  (エ) 牛の分娩予知・発情発見システム「モバイル牛温恵」 ((株)リモート)
   <技術概要(PDF:287KB) 企業等HP(外部リンク)
  
  (オ) クラウド牛群管理システム「Farmnote」牛向けウェアラブルデバイス「Farmnote Color」((株)ファームノート)
   <技術概要1(PDF:1,357KB) 技術概要2(PDF:1,211KB) 技術概要3(PDF:1,411KB) 企業等HP(外部リンク) 活用事例(PDF:635KB)
  
  (カ) 牛の空胎期間を適正に保つソリューション「tukumo of cow」 ((株)AmaterZ)
   <技術概要(PDF:454KB) 企業等HP(外部リンク)
 
  (キ) 非接触型センサーによる家畜のバイタル情報管理 「Hexagram」 ((株)エムモビリティ)
   <技術概要(PDF:686KB) 添付資料(PDF:371KB) 
 
  (ク) WEB牛歩ネックタイプ・牛歩10 Jump・クラウド型管理システムStep ((株)コムテック)
 

・画像解析により発情・分娩・健康管理やBCS評価、体重推計等が可能な技術
  (ア) 牛の行動監視支援システム MOH-CAL(もーかる) ((株)コンピューター総合研究所)
   <技術概要1(PDF:762KB) 技術概要2(PDF:1,717KB) 企業等HP1(外部リンク) 企業等HP2(外部リンク)
 
  (イ) IoT・AIを活用した画像解析による分娩予兆通知システム「MOOVIE」 (ファーマーズサポート(株))

・音声により行動把握や体調管理を行う技術
  (ア) 家畜の呼吸器系疾病や発情兆候を音で検知するプラットフォーム「FAST-D」 (Hmcomm(株) )
   <技術概要(PDF:499KB) 企業等HP(外部リンク)  企業等HP(外部リンク)  問い合わせフォーム(外部リンク)
 

(3)給餌

(ア)給餌

・接触センシングで個体ごとに飼槽に来た回数や飲水回数がわかるセンシング機器
  (ア) 牛の空胎期間を適正に保つソリューション「tukumo of cow」 ((株)AmaterZ)
 

(4)繁殖

(ア)種付け等

・精液ストローの自動管理技術
  (ア) 無線ICタグを用いた凍結精液の個品識別 (京都大学)
   <技術概要(PDF:511KB)
 

・夏期の受胎率向上技術
  (ア) 牛の分娩予知・発情発見システム「モバイル牛温恵」 ((株)リモート)
(イ)妊娠・分娩・雌雄鑑別等

・簡易な妊娠判定技術(乳汁、血液、唾液、尿など)
  (ア) 「ペーパーマイクロチップ」を用いた乳牛妊娠効率化 (日本ユニシス(株))
  <技術概要(PDF:552KB)
 
  (イ) 乳汁に含まれるPAGを利用した牛の妊娠確認検査 (アイデックス ラボラトリーズ(株))

 

(5)繁殖

(イ)その他

・ホエー、初乳を低コストで粉末化できる小規模な機械
  (ア) 高栄養価保持低温乾燥機 (カナジアジャパン(株)) NEWアイコン
   <技術概要(PDF:417KB) 問い合わせフォーム(外部リンク) 問い合わせフォーム(外部リンク)
 
 

(6)その他

(ア)経営

・総合的に生産や経営の管理や診断を行うシステム
  (ア) 空から診る精密農業クラウド型営農支援サービス「天晴れ」 (国際航業(株)) NEWアイコン
   <技術概要(PDF:391KB) 添付資料(PDF:1,862KB) 企業等HP(外部リンク) 問い合わせフォーム(外部リンク)
 
  (イ) 牧場関係者で牛の情報を共有できる「共有型電子カルテシステム」 vetell ((株)VETELL) NEWアイコン
  

(イ)事務作業

・個体識別番号に紐付けした個体情報の一元管理
  (ア) 電池レス式ビーコンを使った中小規模牧場向け牛の疾病管理ソリューション (光和ネットサービス(株))
   <技術概要(PDF:1,129KB)
 
  (イ) クラウド牛群管理システム「Farmnote」牛向けウェアラブルデバイス「Farmnote Color」((株)ファームノート)

お問合せ先

大臣官房政策課

担当者:川上、早瀬、粟野
代表:03-3502-8111(内線3081)
ダイヤルイン:03-6744-0494
FAX番号:03-3508-4080

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader