このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

つながる水産技術サイト(養殖業)


 
fa_senai.pngfa_seisan.pngfa_mizuage.pngfa_kakou.pngfa_gyogumente.pngfa_sonota.png


~ご利用方法・ご利用上の注意~

上記のボタンから、該当する作業等を選択しクリックすると、その作業等におけるニーズの一覧に移動しますので、それぞれの「具体的なニーズの内容」ををクリックすると、それに対応する技術提案がご覧いただけます(リンクが張られてない「具体的なニーズの内容」については、現時点までに該当する技術提案がないものです。)。
掲載されている技術は、それぞれの「具体的なニーズの内容」に対応するものとして民間企業等から提案いただいたものです。詳細については当該企業等にお問い合わせください。また、当該技術の効果等を農林水産省が確認・認定等しているものではありませんので、ご承知おきください。
本サイトは、今後随時更新する予定です。

1ニーズ一覧

(1)船体、設備

技術ニーズ 具体的なニーズの内容
生け簀 低コストの浮沈式生け簀の開発
貝類・藻類が付着しにくい生け簀の開発
強波浪に対して被害を受けにくい生け簀の開発
水温や栄養塩等の環境データに応じて垂下水深を自動調整する技術の開発

 

(2)生産

技術ニーズ 具体的なニーズの内容
自動航行 自動航行・自動給餌漁船の開発
人工衛星情報等を利用した自走式ノリ摘採機船の開発
自動給餌 給餌機へ餌料を自動で搬入する機器の開発
最も成長速度の早い給餌量等を分析して、給餌量等をコントロールするシステムの開発
海洋データ把握 水温、塩分、溶存酸素、水深、流向・流速等を把握するリアルタイム配信システムの開発
低栄養塩水の発生や終息等の予測の配信システムの開発(藻類養殖)
成長管理・
コスト管理
養殖生産物の成長管理や給餌等の生産コスト等のデータを自動管理するシステムの開発
成長(繁茂)や付着物のリアルタイムモニターシステムの開発(貝類養殖、藻類養殖)
ドローンによる自動撮影、画像解析技術によりノリの生育状況や健全度等の情報提供を行うシステムの開発
施肥や底質改善による栄養塩管理技術の開発(藻類養殖)
種苗改良 耐高水温品種(クロノリ、ホタテ、カキ)の開発
その他 斃死魚回収機器の開発
貝殻表面の付着物除去作業の自動化技術の開発(貝類養殖)
貧酸素水塊の発生及び影響を低減する底質改善技術の開発

 

(3)水揚げ・出荷

技術ニーズ 具体的なニーズの内容
体長・
体重の測定
画像処理により生け簀内の個別魚体の体長・体重を把握するシステムの開発
尾数カウント 画像処理により生け簀内の個体数カウントシステムの開発
貝剥き カキ等の貝剥き作業の機械化技術の開発
引き抜き コンブの引き抜き作業の労力軽減に資する技術や機器の開発
運搬 コンブの水揚げ場から、干し場までの運搬ロボットの開発
乾燥 コンブの乾燥、異物除去、カッティング等、全自動化機器の開発

 

(4)加工

技術ニーズ 具体的なニーズの内容
労働効率化 ワカメの芯抜き作業の機械化(性能向上とコスト低減)

 

(5)船体・漁具メンテナンス

技術ニーズ 具体的なニーズの内容
漁具
メンテナンス
自動網掃除ロボットの開発
不安定かつ重労働な海上作業(養殖容器の交換作業や清掃作業等)の機械化
その他 迅速な生け簀補修等を行うための台風等の被害状況を迅速に把握するシステムの開発
低コストの養殖用具の脱プラスチック化技術の開発
養殖筏を固定する方塊の状態確認に使用する水中ドローンの開発


 

(6)その他

技術ニーズ 具体的なニーズの内容
リスク管理 貝毒プランクトンの防除技術の開発
ホタテガイの貝柱の毒値を低減する加工技術の開発
作業委託 繁忙期の短期労働者(パート、アルバイト等)のマッチングシステムの開発

 


2 技術提案一覧

(2)生産

(ア)自動航行

・自動航行・自動給餌漁船の開発
  技術名・商品名等 概要 添付資料・参考URL等 お問い合わせ先
1 自動給餌及び防鳥用船舶ロボット ・季節や天候に関わらず水辺作業を人手で行う必要があるとういう現場課題に対し、自律移動型船舶ロボットに給餌器や防鳥システムなどを組み合わせたシステムを提供し、労働時間や養殖場の被害を大幅に削減。
給餌ポイントまで船舶ロボットが移動し、船舶ロボットに搭載した自動給餌器との連動による散布の実施や、散布しながらの自立航行が可能。
【特徴】
・遠隔操作や自律移動が可能な船舶に、給餌器や防鳥システムを取り付けたロボット船
・遠隔操作を記録・再生する方式により、複雑な設定を行わずに、自立移動や自動給餌が可能
・養殖場への設置工事や、船舶免許、船体検査は不要で、どこでも、どなたでも簡単に使用可能
技術概要
技術概要2
企業等HP(外部リンク)
炎重工株式会社
TEL:019-618-3408
info@hmrc.co.jp
問い合わせフォーム(外部リンク)

 

(イ)自動給餌

・最も成長速度の早い給餌量等を分析して、給餌量等をコントロールするシステムの開発
  技術名・商品名等 概要 添付資料・参考URL等 お問い合わせ先
1 給餌管理システム「Smart Feeding System」 ・IT技術を活用し、従来の給餌機よりさらに飼料ロスの削減と給餌作業の省力化を実現するサービスを開発。
・本システムに対応した新給餌機「Robofeeder」を使用することで、給餌作業や給餌機の操作が遠隔地からリモートで可能、また、給餌状況等を水中カメラで確認することも可能。
・養殖業の環境数値と摂餌実績が”見える化”でき、これらの数値変化を把握することで高精度の給餌管理が実現可能。
・従来の給餌方式(自発摂餌式給餌とプログラム給餌)の併用給餌が可能。
・今後、AI機能を付加し、今まで実現できていない魚種に対し、給餌自動化を可能にする。また、魚体の成長状況を管理する機能を追加し、養殖魚の原価管理、資産管理を可能にする。
技術概要
企業等HP(外部リンク)
福伸電機(株)
商品事業部営業課
TEL:0790-23-0812
問い合わせフォーム(外部リンク)

 

(ゥ)海洋データ把握

・水温、塩分、溶存酸素、水深、流向・流速等を把握するリアルタイム配信システムの開発
  技術名・商品名等 概要 添付資料・参考URL等 お問い合わせ先
1 水温リモート監視装置(ブイ式イー・モニター) ・養殖場が抱える大量へい死等の課題について、生理機能に影響が及ぶ環境因子(主に水温)を遠隔監視することで、防止活動を事前に見極められる装置を開発。
・定置網などの漁撈設備にも取り付け可能であり、これにより、回遊魚等の移動を推測することも可能。
・急潮による水没に備えて筐体は50m水深まで耐圧性能を高めており、海況改善時に没水時のデータも配信。
・データはスマートフォンで管理・確認が可能。
・太陽電池、電圧の自動監視機能・休眠・再生機能を搭載。
・通信環境の進化に伴い、LPWAやアドホック通信も可能となるよう研究や実証試験適宜継続中。
 技術概要
活用事例
技術概要2
企業等HP(外部リンク)
日油技研工業(株)
機器グループ
TEL:03-3986-5222
ocean-g@nichigi.co.jp
問い合わせフォーム(外部リンク)
2 給餌管理システム「Smart Feeding System」 ・IT技術を活用し、従来の給餌機よりさらに飼料ロスの削減と給餌作業の省力化を実現するサービスを開発。
・本システムに対応した新給餌機「Robofeeder」を使用することで、給餌作業や給餌機の操作が遠隔地からリモートで可能、また、給餌状況等を水中カメラで確認することも可能。
・養殖業の環境数値と摂餌実績が”見える化”でき、これらの数値変化を把握することで高精度の給餌管理が実現可能。
・従来の給餌方式(自発摂餌式給餌とプログラム給餌)の併用給餌が可能。
・今後、AI機能を付加し、今まで実現出来ていない魚種に対し、給餌自動化を可能にする。また、魚体の成長状況を管理する機能を追加し、養殖魚の原価管理、資産管理を可能にする。
技術概要
企業等HP(外部リンク)
福伸電機(株)
商品事業部営業課
TEL:0790-23-0812
問い合わせフォーム(外部リンク)

 

(エ)成長管理・コスト管理

・養殖生産物の成長管理や給餌等の生産コスト等のデータを自動管理するシステムの開発
  技術名・商品名等 概要 添付資料・参考URL等 お問い合わせ先
1
給餌管理システム「Smart Feeding System」 ・IT技術を活用し、従来の給餌機よりさらに飼料ロスの削減と給餌作業の省力化を実現するサービスを開発。
・本システムに対応した新給餌機「Robofeeder」を使用することで、給餌作業や給餌機の操作が遠隔地からリモートで可能、また、給餌状況等を水中カメラで確認することも可能。
・養殖業の環境数値と摂餌実績が”見える化”でき、これらの数値変化を把握することで高精度の給餌管理が実現可能。
・従来の給餌方式(自発摂餌式給餌とプログラム給餌)の併用給餌が可能。
・今後、AI機能を付加し、今まで実現出来ていない魚種に対し、給餌自動化を可能にする。また、魚体の成長状況を管理する機能を追加し、養殖魚の原価管理、資産管理を可能にする。
技術概要
企業等HP(外部リンク)
福伸電機(株)
商品事業部営業課
TEL:0790-23-0812
問い合わせフォーム(外部リンク)

 

・ドローンによる自動撮影、画像解析技術によりノリの生育状況や健全度等の情報提供を行うシステムの開発
  技術名・商品名等 概要 添付資料・参考URL等 お問い合わせ先
1 ドローンによる海苔の生育管理と異常検出  ・ドローンで撮影した画像を地図上に配置することで、どの網の海苔の写真か把握できる(養殖場を画像で管理)。
・詳細な画像から海苔の状況を確認・コメントでき、日々の生育管理に活用できる。
・アカグサレ病や色落ちといった変異を画像解析により検出。
・ドローンで撮影した連続画像からオルソ画像を生成し、海苔の面積を測定。生育量の調査に活用できる。
・将来的には、画像から自動的に検出した変異について、変異の原因まで特定や、海苔だけではなく網の状況についても確認。
技術概要
企業等HP(外部リンク)
 (株)スカイマティクス
営業企画本部
info@skymatix.co.jp
問い合わせフォーム(外部リンク)

(カ)その他

・貧酸素水塊の発生及び影響を軽減する底質改善技術
  技術名・商品名等 概要 添付資料・参考URL等 お問い合わせ先
1
高濃度酸素溶存システム「酸素ファイター」による貧酸素水塊、底質改善技術 ・本システムは酸素ガスを使用して水中(水底部)の溶存酸素濃度(DO)を上げることで、湾内、河川、湖沼の貧酸素を改善し、自浄作用を高めることで水質、底質を改善。
・「気体に水を通す」、曝気とは異なる逆転の発想により開発し、酸素ガスを装置内でほぼ安全に溶解する高効率溶解が可能(完全溶解方式)。
・酸素ガスの高効率溶解と装置内の圧損を極限まで減らした循環ポンプの低電力化によりランニングコストを大幅に削減。
・国内外の河川、湖沼で実証試験を実施し、貧酸素水域のDO環境の改善を実証済み。
・酸素溶解部に可動部がなく、循環ポンプの保守及びバルブ、圧力計等の部品交換のみで10年以上の使用が可能。
・IoTシステムと連携、連動させることで遠隔地からの環境モニター及びDOコントロールが可能。
技術概要
活用事例
技術概要2
企業等HP(外部リンク)
企業等HP2(外部リンク)
(株)巴商会
企画営業部水産Gr.
TEL:03-3734-1125
kikakueigyou@tomoeshokai.co.jp

 

(5)船体・漁具メンテナンス

(ア)漁具メンテナンス

・自動網掃除ロボットの開発
  技術名・商品名等 概要 添付資料・参考URL等 お問い合わせ先
1 せんすいくんMK3 ・海面魚類養殖に用いられている小割式網イケスのメンテナンスは、特に海草や貝類などの付着生物を防止したり、除去する作業には多大な労力や経費を要する。
・魚を入れたままでの網換えが困難な、金網やプラスチック網では、ダイバーによる水中での高圧水洗浄が行われており、水中作業ゆえの作業環境の悪さとコスト高が課題となっている、これに代わる方法として、自走式網洗浄機「せんすいくん」を開発。
・ロボット本体、操作部、高圧ポンプの三点により構成されており、養殖網を水中に設置したまま、網の全面の洗浄が行えること、金網・化繊網の両方に使用でき、イケスの形状や枠の有り無し、材質を問わない。また、イケス枠へのレール設置を必要とせず、強固に付着した貝類も除去出来ることなどが特徴となっている。
技術概要
企業等(外部リンク)
ヤンマー舶用システム(株)
海洋ソリューション推進部
TEL:072-773-5862
問い合わせフォーム(外部リンク)

 

(イ)その他

・養殖筏を固定する方塊の状態確認に使用する水中ドローンの開発
  技術名・商品名等 概要 添付資料・参考URL等 お問い合わせ先
1 生簀の方塊を確認する産業用水中ドローン(ROV)の開発 ・方塊の状態確認には、基礎・本体工事におけるブロック据付確認といった「水中部施工状況調査報告書」の提出など、潜水士の作業が必要。
・しかし、潜水士の高齢化・減少にともない、潜水士の業務負担軽減、潜水業務の効率化が喫緊の課題。ハマチ養殖など大型生簀の方塊は水深20mより深い場所に設置。潜水士にとって危険深度に達する。
・また、台風等による急な養殖筏の状態確認には、多くの潜水士や漂流物等の危険回避が必要。
・これらの課題について、高い操作性と機能性を持つ産業用水中ドローンMOGOOLを開発。MOGOOL(ベーシックモデル)は、最大深度100m、鮮明な映像撮影、1人でも持ち運び可能。小型にも関わらず高出力で、海流の中でも運用可能な高い安定性を実現。
販売価格にはメンテナンスパッケージサービス込みで提供。価格は定価格で提供。
MOGOOL-PROは水深1,000mまで対応。アーム、グリッパー、ソナー、センサーなどのオプションを豊富に用意、国内工場でメンテナンス対応。
技術概要
技術概要2
技術概要3
企業等HP(外部リンク)
JOHNAN株式会社
TEL:03-6661-9380
info.jil@johnan.com

 



お問合せ先

大臣官房政策課

担当者:田島、川上、早瀬、粟野
代表:03-3502-8111(内線3081)
ダイヤルイン:03-6744-0494
FAX番号:03-3508-4080

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader