このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

つながる水産技術サイト(内水面漁業)


fi_seisan.pngfi_sonota.png


~ご利用方法・ご利用上の注意~

上記のボタンから、該当する作業等を選択しクリックすると、その作業等におけるニーズの一覧に移動しますので、それぞれの「具体的なニーズの内容」ををクリックすると、それに対応する技術提案がご覧いただけます(リンクが張られてない「具体的なニーズの内容」については、現時点までに該当する技術提案がないものです。)。
掲載されている技術は、それぞれの「具体的なニーズの内容」に対応するものとして民間企業等から提案いただいたものです。詳細については当該企業等にお問い合わせください。また、当該技術の効果等を農林水産省が確認・認定等しているものではありませんので、ご承知おきください。
本サイトは、今後随時更新する予定です。

1ニーズ一覧

(1)生産

技術ニーズ 具体的なニーズの内容
自動給餌 養殖魚の行動解析による自動給餌技術の開発
その他 養殖池の水質管理、生産物の水揚げ、選別等を自動化する技術の開発

 

(2)その他

技術ニーズ 具体的なニーズの内容
鳥獣害対策 ドローンによるカワウ、サギ類の自動追い払い技術や画像解析による自動威嚇システムの開発
その他 水中ドローンによる外来魚(ブラックバス等)の産卵床の破壊技術の開発
遊漁者の位置情報把握による漁場監視の省力化技術の開発

 

2 技術提案一覧

(1)生産

(イ)その他

・養殖池の水質管理、生産物の水揚げ、選別等を自動化する技術の開発
  技術名・商品名等 概要 添付資料・参考URL等 お問い合わせ先
1 養殖池の水質管理システム「vBee-Net」 ・内水面漁業の現場が抱えるエビや魚の大量死による収穫量低下の課題について、養殖池の水質を24時間監視し、複数のセンシングパラメータを独自のアルゴリズムで分析し、既に導入済みの装置をコントロール可能にした「養殖池の水質管理システム(vBee-Net)」を開発。
・本システムは、多くの養殖池に導入済みである拡散パドル、酸素生成器との連携も可能。
・電源供給はソーラーパネルを適用することで、電池交換は不要。
・データはサーバーにて管理し、養殖池ではスマートフォンで管理やデータの確認が可能。
・基本的にはフルオートマチックなシステムであるが、マニュアルモードの設定により生産者がスマートフォンで制御可能。
・開発した無線モジュールを搭載することで、広範囲に展開している養殖池においても対応可能。
・現在、ベトナム国内の養殖池へ複数導入済であり、一般販売中。
技術概要
企業等HP1(外部リンク)
企業等HP2(外部リンク)
CMエンジニアリング株式会社
デザインサービス事業部
営業部営業企画チーム
TEL:03-6420-0946
cme-sales@cmengineering.co.jp

 

(99)その他

(ア)鳥獣害被害

・ドローンによるカワウ、サギ類の自動追い払い技術や画像解析による自動威嚇システムの開発
  技術名・商品名等 概要 添付資料・参考URL等 お問い合わせ先
1 画像解析による自動威嚇システム ・現場が抱えるカラスによるゴミ散らかし、電線下や駅ホームでの糞害、農作物食い荒らし被害、ソーラーパネル破壊(ガラス部分)、人への攻撃等の課題について、独自の画像認識技術を応用し、自動でカラスを認識後、緑色レーザーを照射することで追い払いを実現する「画像解析による自動威嚇システム」を開発中。
・レーザーポインターはPSC安全基準を満たしているものを使用。
本システムは、画像解析及び照射の精度が非常に重要となり、現在、精度向上に向けて検討中であり、2020年度中に日本での実証試験を目指し開発中。
・本システムは、カラスのみでなく、河川等でアユ等の食害被害を引き起こすカワウなどの鳥への応用も可能。
技術概要
企業等HP(外部リンク)
企業等HP2(外部リンク)
CMエンジニアリング株式会社
デザインサービス事業部
営業部営業企画チーム
TEL:03-6420-0946
cme-sales@cmengineering.co.jp
2 自動給餌及び防鳥用船舶ロボット  ・季節や天候に関わらず水辺作業を人手で行う必要があるとういう現場課題に対し、自律移動型船舶ロボットに給餌器や防鳥システムなどを組み合わせたシステムを提供し、労働時間や養殖場の被害を大幅に削減。
・給餌ポイントまで船舶ロボットが移動し、船舶ロボットに搭載した自動給餌器との連動による散布の実施や、散布しながらの自立航行が可能。
【特徴】
・遠隔操作や自律移動が可能な船舶に、給餌器や防鳥システムを取り付けたロボット船
・遠隔操作を記録・再生する方式により、複雑な設定を行わずに、自立移動や自動給餌が可能
養殖場への設置工事や、船舶免許、船体検査は不要で、どこでも、どなたでも簡単に使用可能。
 技術概要
技術概要2
企業等HP(外部リンク)
 炎重工株式会社
TEL:019-618-3408
info@hmrc.co.jp
問い合わせフォーム(外部リンク)

お問合せ先

大臣官房政策課

担当者:田島、川上、早瀬、粟野
代表:03-3502-8111(内線3081)
ダイヤルイン:03-3502-8448
FAX番号:03-3508-4080

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader