このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

つながる水産技術サイト(沖合・遠洋漁業)


 
fo_sentai.pngfo_sougyoumae.pngfo_sougyou.pngfo_mizuage.pngfo_gyogumente.pngfo_sonota.png


~ご利用方法・ご利用上の注意~

上記のボタンから、該当する作業等を選択しクリックすると、その作業等におけるニーズの一覧に移動しますので、それぞれの「具体的なニーズの内容」ををクリックすると、それに対応する技術提案がご覧いただけます(リンクが張られてない「具体的なニーズの内容」については、現時点までに該当する技術提案がないものです。)。
掲載されている技術は、それぞれの「具体的なニーズの内容」に対応するものとして民間企業等から提案いただいたものです。詳細については当該企業等にお問い合わせください。また、当該技術の効果等を農林水産省が確認・認定等しているものではありませんので、ご承知おきください。
本サイトは、今後随時更新する予定です。

1ニーズ一覧

(1)船体、設備

技術ニーズ 具体的なニーズの内容
省エネ船型 船体から発生する航走波を抑制する船首形状や船尾で発生する渦を抑制する船尾形状の開発
その他 プロペラの回転効率向上や振動防止を可能とする漁船用カーボンプロペラの開発

 

(2)操業前

技術ニーズ 具体的なニーズの内容
漁場選定 衛星等により解析された水温や潮流、海色等の各種データを漁船に情報提供するシステムの開発
海況予測 短期間の漁場形成予測情報を漁船に提供する技術の開発

 

(3)操業

技術ニーズ 具体的なニーズの内容
操船・操業 燃料消費量や航海時間が最少となる漁船用ウェザールーティングシステムの開発
漁労作業の省人化のため音声認識による漁労設備(油圧機器)の操作技術の開発発
網漁業において最も労力を要する揚網作業の省力化技術の開発
曳網抵抗を軽減する網の開発
高効率型底びき網(ツイントロール)漁法の開発(遠洋トロール漁業)
乗組員に代わって釣り作業を行う電動自動釣機の開発(かつお一本釣り漁業)
探索 ドローンによる魚群探索を可能とするシステムの開発(海外まき網漁業、かつお一本釣り漁業)
カツオ、キハダ、サバなどの回遊魚種の衛星情報、海洋観測情報等による詳細な漁場形成予測技術の開発(まぐろはえ縄漁業等)
船上選別・
魚処理
船上において、魚種、大きさ、尾数を自動で把握する技術の開発
冷凍 自然冷媒による超低温冷凍システム(-60度以下)の開発(まぐろはえ縄漁業等)
その他 投縄作業を省力化するため、自動で枝縄のスナップを幹縄に掛ける投縄装置の開発(まぐろはえ縄漁業)
マグロを船内に取り込むための小型で軽量な揚収装置(スクーパー)の開発(まぐろはえ縄漁業)

 

(4)水揚げ・選別

技術ニーズ 具体的なニーズの内容
水揚げ 水中での網の状況をリアルタイムに三次元表示するシステムの開発(まき網漁業)
魚倉の水温データを計測管理し、漁獲物の状態を漁協や市場でも把握可能なシステムの開発
陸揚作業を省力化するため、魚倉から陸揚げするコンベア型装置や運搬ロボットの開発(かつお一本釣り漁業)
選別 (水揚げ市場における)選別作業のAI技術を用いた省力化技術の開発

 

(5)船体・漁具メンテナンス

技術ニーズ 具体的なニーズの内容
船底清掃 船底掃除ロボットの開発


 

(6)その他

技術ニーズ 具体的なニーズの内容
労働環境 漁船の居住区画においてスマホが利用できる環境整備(携帯の通信エリア内)
船上で使用できる廃棄物(生活ごみ)の減容機の開発
リスク管理 機関の状況を陸上でリアルタイムに把握し、漁船にフィードバックする故障診断システムの開発

 


2 技術提案一覧

(4)水揚げ・選別

(イ)選別

・(水揚げ市場における)選別作業のAI技術を用いた省力化技術の開発

(ア)AI×超音波画像による魚の雌雄判別装置『Smart Echo』(東杜シーテック株式会社)
技術概要1(PDF:432KB)技術概要2(PDF:402KB) 企業等HP(外部フォーム) お問い合わせ先(外部フォーム) Smart Echo製品動画(You Tube)

(イ)リアルタイム 魚種、サイズ、脂の乗り等での自動選別機(東杜シーテック株式会社)
技術概要(PDF:541KB)企業等HP(外部フォーム) お問い合わせ先(外部フォーム)

お問合せ先

大臣官房政策課

担当者:川上、早瀬、粟野
代表:03-3502-8111(内線3081)
ダイヤルイン:03-6744-0494
FAX番号:03-3508-4080