このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

つながる水産技術サイト(加工流通)


 
fp_shijyou.pngfp_kakou.pngfp_jyouhou.pngfp_sonota.png


~ご利用方法・ご利用上の注意~

上記のボタンから、該当する作業等を選択しクリックすると、その作業等におけるニーズの一覧に移動しますので、それぞれの「具体的なニーズの内容」ををクリックすると、それに対応する技術提案がご覧いただけます(リンクが張られてない「具体的なニーズの内容」については、現時点までに該当する技術提案がないものです。)。
掲載されている技術は、それぞれの「具体的なニーズの内容」に対応するものとして民間企業等から提案いただいたものです。詳細については当該企業等にお問い合わせください。また、当該技術の効果等を農林水産省が確認・認定等しているものではありませんので、ご承知おきください。
本サイトは、今後随時更新する予定です。

1ニーズ一覧

(1)市場取引

技術ニーズ 具体的なニーズの内容
電子的取引
システム
養殖魚の行動解析による自動給餌技術の開発

 

(2)加工

技術ニーズ 具体的なニーズの内容
自動選別 脂質を多く含む魚の自動選別
ちりめんじゃこの異物除去等、人海戦術で対応している選別作業の機械化
 加工 骨抜きの工程を機械化する技術
多様な魚種に対応する魚体処理機の開発
練り製品から不純物を高精度で除去する技術の開発
ホタテ貝ウロ取り機の開発
食中毒対策 寄生虫(アニサキスなど)による食中毒を防止する技術の開発
冷蔵・冷凍 漁模様により原料価格が上下することに対応するため、原料を高鮮度・高品質で保存する技術
その他 蔵ワカメ製造に係る作業時間の短縮、体力的な負担を軽減する技術の開発(既存機器の高効率化や低コスト化)
作業後の清掃作業やメンテナンス作業を短縮する技術・システム


 

(3)情報処理

技術ニーズ 具体的なニーズの内容
洋上・陸上間の情報伝達 船から漁協や市場への通信料を低額とする通信技術
漁獲情報提供 漁獲から出荷までの情報を電子化するシステムの開発

(4)その他

技術ニーズ 具体的なニーズの内容
リスク管理 災害時にも原料や製品を保存できる保冷・断熱に関する技術の開発
労働安全対策  「転倒」、「はさまれ、巻き込まれ」、「切れ、こすれ」による労働災害を軽減させるため、危険な加工工程(スライサー使用時等)の機械化

2 技術提案一覧

(2)加工

(ア)自動選別

・脂質を多く含む魚の自動選別
(ア)リアルタイム 魚種、サイズ、脂の乗り等での自動選別機(東杜シーテック株式会社)
技術概要(PDF:455KB)企業等HP(外部リンク)お問い合わせフォーム(外部リンク)


お問合せ先

大臣官房政策課

担当者:川上、早瀬、粟野
代表:03-3502-8111(内線3081)
ダイヤルイン:03-6744-0494
FAX番号:03-3508-4080