このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

つながる水産技術サイト(沿岸漁業(定置網漁業))


 
fc_sentai.pngfc_sougyoumae.pngfc_sougyou.pngfc_gyogumente.pngfc_sonota.png


~ご利用方法・ご利用上の注意~

上記のボタンから、該当する作業等を選択しクリックすると、その作業等におけるニーズの一覧に移動しますので、それぞれの「具体的なニーズの内容」ををクリックすると、それに対応する技術提案がご覧いただけます(リンクが張られてない「具体的なニーズの内容」については、現時点までに該当する技術提案がないものです。)。
掲載されている技術は、それぞれの「具体的なニーズの内容」に対応するものとして民間企業等から提案いただいたものです。詳細については当該企業等にお問い合わせください。また、当該技術の効果等を農林水産省が確認・認定等しているものではありませんので、ご承知おきください。
本サイトは、今後随時更新する予定です。

1ニーズ一覧

(1)船体、設備

技術ニーズ 具体的なニーズの内容
定置網 急潮等の災害に対して被害を受けにくい定置網形状の開発

 

(2)操業前

技術ニーズ 具体的なニーズの内容
網設置・撤去 海中や海底の状況を把握して最適な網設置場所や設置方法を診断するシステムの開発
急潮や時化予測に基づくロボット等による箱網・昇り網等の撤去技術の開発
潮流等の情報により張網等を自動調整し、効率的に操業するシステムの開発

 

(3)操業

技術ニーズ 具体的なニーズの内容
入網把握 入網した魚種をリアルタイムで把握するシステムの開発
魚種の選別
システム
漁獲非対象魚種を網から逃がし、漁獲対象魚種を選択的に漁獲する選別技術の開発
網あげ 網起こしの省人省力化のため、網を自動で揚網するシステムの開発

 

(4)船体・漁具メンテナンス

技術ニーズ 具体的なニーズの内容
漁具
メンテナンス
網掃除ロボットの開発
水中網修繕機の開発

 

(5)その他

技術ニーズ 具体的なニーズの内容
鳥獣害対策 トド等海産ほ乳類による食害防止技術の開発
リスク管理 急潮の予測や流向・流速をリアルタイムで把握する技術の開発



2 技術提案一覧

(3)操業

(ゥ)入網把握

・入網した魚種をリアルタイムで把握するシステムの開発
  技術名・商品名等 概要 添付資料・参考URL等 お問い合わせ先
1 水中ドローンを用いた魚種把握・資源管理によるスマート定置網漁 ・産業用水中ドローンMOGOOLを用いて定置網内の画像認識による魚種の把握が可能。MOGOOL(ベーシックモデル)は、最大深度100mで鮮明な映像を撮れ、1人でも持ち運び可能。小型にも関わらず高出力であり、高い安定性を実現。
販売価格にはメンテナンスパッケージサービス込みで提供。
技術概要
技術概要2
技術概要3
企業等HP(外部リンク)
JOHNAN株式会社
TEL:03-6661-9380
info.jil@johnan.com

お問合せ先

大臣官房政策課

担当者:田島、川上、早瀬、粟野
代表:03-3502-8111(内線3081)
ダイヤルイン:03-6744-0494
FAX番号:03-3508-4080

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader