このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

つながる農業技術サイト(果樹)





~ご利用方法・ご利用上の注意~

・上記のボタンから、該当する作業等を選択しクリックすると、その作業等におけるニーズの一覧に移動しますので、それぞれの「具体的なニーズの内容」ををクリックすると、それに対応する技術提案がご覧いただけます(リンクが張られてない「具体的なニーズの内容」については、現時点までに該当する技術提案がないものです。)。
・掲載されている技術は、それぞれの「具体的なニーズの内容」に対応するものとして民間企業等から提案いただいたものです。詳細については当該企業等にお問い合わせください。また、当該技術の効果等を農林水産省が確認・認定等しているものではありませんので、ご承知おきください。
・本サイトは、今後随時更新する予定です。

1 ニーズ一覧

(1)全般

技術ニーズ
具体的なニーズの内容
栽培管理
 上空から園地や樹体の状況が確認・分析できるドローンを使ったシステム
 音声で必要な情報が入力可能なウエアラブル端末や管理アプリ
 各園地の風速、雨量(湿度)情報が一括して収集できる簡易気象観測システム
 気温、降水量、日照が計測できる安価な観測機器
栽培支援
システム
 植付日や栽培条件等を品種別に設定することにより、年間の主要作業をカレンダーに自動プロットし、効率的な栽培体系や作業計画をシミュレートするシステム
機器開発等  各種のセンシング機器の受信機の規格の統一
 現場での使用に適した防水・防塵性能の高いスマホ等の端末
 音声により作業記録等を自動で行うシステム
その他  その他

(2) 造成・改植

技術ニーズ
具体的なニーズの内容
表土流出
防止

 土地造成後の、表土流出を防止する簡易な技術
 植え替えの省力化を可能とする遮根ポット
 ウイルスフリー苗の供給体制の充実 
 新わい化栽培に適した品種の育成(りんご)
 短梢せん定に適した品種の育成(ぶどう) 
その他  伐採した枝や根をチップ化し、固めて防露用の固形燃料にする技術(りんご) 
 3ヶ月程度で消えるカラースプレー(赤・黄・青・白)(りんご)
 その他

(3) 剪定等

技術ニーズ
具体的なニーズの内容
剪定  AIやICTを活用した、剪定学習アプリ
 剪定すべき枝の判別や剪定作業をサポートできるシステム(ウェアラブル端末等)
切除機  腐らん病等の枝幹病害の患部の削り取りに利用できる機械
その他  その他

(4) 授粉・防除

技術ニーズ
具体的なニーズの内容
授粉
 花粉提供を可能とする、大量の花粉獲得技術
 ドローンを利用した上空からの人工授粉作業を可能とする技術
防除  傾斜地でも農薬散布が可能なドローン
 樹間を飛行し、葉裏への農薬散布が可能な(上向きに散布)ドローン
 センシング技術を活用した最適防除技術
 屋外の傾斜圃場でも正確に走行が可能なGPSを活用した自動薬剤散布車 (誘導精度の高度化、走行車両のコンパクト化)
 ドリフトしない薬剤散布用ノズル
 ジェネリック農薬の開発
 紋羽病等の土壌病害への対応策
 大規模化に対応する2,000リットル以上のスピードスプレイヤー 
 シンクイムシやアブラムシ防除に効果のある、天敵や交信攪乱剤、ホルモン剤
 安価で農薬の影響を受けない生物農薬(アザミウマの天敵農薬(スワルスキーカブリダニ)が高額であるため)
種付け等  ハウス内でハダニが発生した際に生じる揮発性物質(香気成分)の検出等による、微小害虫検出技術
その他  その他
 

(5) 着果管理・除草・鳥獣害対策等

技術ニーズ
具体的なニーズの内容
摘果  既存の石灰硫黄合剤やミクロデナポン以外で、薬害が少ない摘果剤の開発もしくは、摘果作業の機械化技術(りんご)
 親指に金属の爪が付き、人差し指に防刃加工を施した摘果専用グローブ
 摘粒、摘房すべき部位を視覚的に表現するICT技術の実装(ぶどう) 
除草  除草機械の自動化(誘導精度の高度化、走行車両のコンパクト化、低コスト化)
 樹冠下でも生育する牧草等(換金作物)の開発及び栽培マニュアルの作成 
 中山間の急傾斜地でもパワフルに稼働する除草ロボット
着色・
着果管理
 夜間高輝度LEDによる着色改善技術(りんご、ぶどう)
 収穫後の着色促進技術
 各樹の着果量を判別可能なICT機器
 樹上の果実の糖度を画像データから測定可能なICT機器
資材・
鳥獣害対策
 下垂した枝を支持する支柱の設置時に利用可能な、不整地でも利用可能な簡易なジャッキ 
 山林間伐材を利用した安価な支柱
 りんごの樹木の根本におく防雨シート
 重油以外のハウス加温技術
 ドローンを利用した、定時巡回や追い払いなど、鳥獣害対策技術
その他  その他

 

(6) 収穫~出荷

技術ニーズ
具体的なニーズの内容
収穫  急傾斜地に対応した低コストな収穫ロボット
 GPSを活用した自動集荷車の開発(誘導精度の高度化、走行車両のコンパクト化)
 安価なアシストスーツ(重量物運搬)
 果実の収穫適期を樹から取ることなく色調や大きさから判定する技術(ウェアラブル端末等)
 果樹の運搬が可能な重量物を運搬出来るドローン
 収穫した農産物を自動で運搬できるロボット
出荷  ICTを活用した腐敗センサー
 画像認識やセンサーを用い、品質を落とすことなく農産物を検査する選果機
 輸出向けの冷蔵・冷凍保存技術(コールドチェーン)
 鮮度保持を可能にする包装資材
 冷蔵庫用のエチレン除去フィルター(りんご)
 生産者と消費者をつなぐオンライン上の受発注・決済システム
加工  加工場排水の有機物を除去できる排水処理技術(柑橘) 
 傷による廃棄果の有効活用のための画期的な加工技術(なし) 
その他  その他
 

(7) その他

技術ニーズ
具体的なニーズの内容
機械  メーカーの枠を越え、共通のバッテリーの使用が可能な機械
ほ場での
農作物の
盗難防止
 夜間等においてほ場の農作物の盗難被害を防止する技術
作業委託  農作業の代行業者(ドローンによる農薬散布の代行等)のマッチングシステム
 繁忙期の短期労働者(パート、アルバイト等)のマッチングシステム
労務管理  樹園地毎の作業者の作業時間等をスマホなどで簡単に管理するシステム
その他  その他

2 提案技術一覧

(1)全般

(ア)栽培管理

・ 上空から園地や樹体の状況が確認・分析できるドローンを使ったシステム
  技術名・商品名等
概要
添付資料
参考URL等
お問い合わせ先
(外部リンク含む)
1
NEC GIS農地面積測量サービス
  ドローン測量画像と、地理情報システム(GIS)を組み合わせた、どこでも農地の状況を参照可能なシステムです。生育状況や病害虫の確認や作柄確認に利用可能。産地全体の放任園地の確認や、園地の集積、園地の設計にも活用が可能 技術概要1
技術概要2
企業等HP(外部リンク)
NECソリューションイノベータ営業統括本部四国営業部
TEL:089-934-7808
veryfruit@nes.jp.nec.com
2
葉色解析クラウドサービス「いろは」
農薬散布ドローン「はかせ」(機体単体名X-F1)

 葉色解析サービス「いろは」はドローンで取得した画像をクラウド上に記録、見回り作業の効率化を図り、圃場や作物の異常、生育ムラ等も見える化。10L対応の防水対応農薬散布ドローン「はかせ」と連携し、除草剤をピンポイント散布する適所散布も可。
いろは
企業等HP1(外部リンク)

はかせ
企業等HP2(外部リンク)

(株)スカイマティクス営業企画本部TEL: 03-6262-6360
https://smx-iroha.com/
info@skymatix.co.jp
3 「ドローン計測サービスくみき」による園地・樹体の状況確認 NEWアイコン 「ドローン計測サービスくみき」は、ドローンが撮影した画像から3D点群データやオルソモザイクを生成するクラウドサービス。ドローンで撮影した画像をアップロードするだけで短時間且つ安価に画像処理解析サービスを利用可能。
画像に位置情報を付与することが可能な仕様のドローンであればメーカー問わず多様なドローンが利用可能。また、クラウド上でデータを処理するため利用するPCのスペックにも要求がない(但しインターネットブラウザはGoole Chrome若しくはMicrosoftEdge指定)。
技術概要
企業等HP2(外部リンク)



(株)スカイマティクス営業企画本部
TEL: 03-6262-6360
https://smx-iroha.com/
info@skymatix.co.jp
4 ドローンリモートセンシング技術による農作物の生育状況監視  ドローン、自動飛行・自動空撮アプリ、マルチスペクトラルセンサー、及びPix4D社のソフトを組み合わせて空中から農作物の生育状況をNDVI数値で把握  技術概要
企業等HP1(外部リンク)
企業等HP2(外部リンク)
株式会社サイバネテックソリューションビジネス営業部
TEL:03-3668-8089
harada@cybernetech.co.jp
5 DJアグリサービス2020
(ドローンおよびローバードローンによる各種センシング&除草サービス) NEWアイコン
ユーザーの課題や目標に対して、最適なセンシング手法と計画を立案。
圃場を、ドローンで最適な自己位置を推定する手法で飛行・走行しリモートセンシング。そのデータ解析結果に基づき、圃場管理情報、収穫適期判断情報、収量・品質判断支援情報など各種データ・レポートを提供。
ローバードローン(地上走行型ドローン)による自動自律水田内除草、畑作畝間除草。また施設内作物のセンシング・解析サービスを提供。
技術概要 ドローン・ジャパン(株)
TEL:03-6869-1384
info@drone-j.com
https://www.drone-j.com/

・音声で必要な情報が入力可能なウエアラブル端末や管理アプリ
  技術名・商品名等
概要
添付資料
参考URL等
お問い合わせ先
1
e-kakashi(いいかかし)、
e-kakashi Ai(あい)、
e-kakashi Tetori(てとり)
 圃場における環境データをセンサーによって常時収集※し、結果をグラフ表示するだけでなく、収集データを踏まえ、植物科学の知見を組み込んだAIが、生育ステージにあった適切な作業を事前に提案するほか、収穫適期などのアドバイスや予測を提案する栽培ナビゲーションサービスである「e-kakashi」(イーカカシ)を展開。

※920M 無線通信(IEEE802.15.4g/e)、3G/4G 無線通信(FDD-LTE/AXGP/HSPA/W-CDMA)が使用できる環境下に限る。
技術概要
企業等HP(外部リンク)
ソフトバンク株式会社
e-kakashi推進課
TEL:080-3584-0569
2
AgriManager、
AgriAssistant、
AgriDrone
 圃場の空撮画像や気象、センサーのデータをAgri Field ManagerでAI分析し、圃場管理を最適化することで、ドローンによるピンポイント農薬散布が可能。
 ドローン技術に加え、自動音声入力可能な作業記録システム(Agri Assistant)とも連携し、総合的に農業をサポート。
 2つのシステムを組み合わせることで、収量管理、予測が可能となるよう今後開発予定。
技術概要 株式会社オプティムインダストリー事業本部
TEL:03-6435-8569
noritomo.oonishi@optim.co.jp
 
・各園地の風速、雨量(湿度)情報が一括して収集できる簡易気象観測システム
  技術名・商品名等
概要
添付資料
参考URL等
お問い合わせ先
(外部リンク含む)
1
多機能 気象観測システムWeatherBucket  (ウェザーバケット )
 農業利用をターゲットに、徹底した扱い易さと高精度を両立させたコンパクトな一体型の気象観測システム。搭載センサは、気温・相対湿度・降水量・気圧・日射量・風速・風向・地中(水中)温度。ソーラーパネルと通信コストゼロの特定小電力無線を使い完全ワイヤレスを実現。気温・相対湿度は環境誤差を低減できる強制通風方式を採用し、昼夜問わずに商用電源なしで動作可能。気象データ解析ソフトウェア「バケットメイト」を標準搭載し、過去の気象データ閲覧やグラフ表示が可能。 技術概要1
技術概要2
企業等HP(外部リンク)
株式会社エスイーシー情報通信事業本部
TEL:0138-23-5433
weather@secnet.co.jp
(ア) 環境値測定機、センサーノード「i-Node」・各種センサー
(イ) 測定データ中継機、ゲートウェイ「i-Gateway」
(ウ) 環境モニタリングクラウドシステム「web-Watcher®」
 圃場の気温・湿度・土壌環境等をセンサーで定期計測し、集約・蓄積。
環境データや圃場のカメラ映像は、スマートフォン等のモバイル端末で参照可能。
 生育環境の調整や生育ステージ予測に利用でき、異常が検出された際に「予告」「警告」メールで通知。
 作業記録を簡単に登録でき、GAP 認証取得、トレーサビリティに役立つ帳票が作成可能。
 異なる圃場の環境データや作業履歴を解析し、品質の向上、安定した収量、収量増加を実現。
技術概要1
技術概要2
株式会社NPシステム開発IoT事業部
TEL:089-924-7817
post@npsystem.co.jp
圃場環境モニタリングシステム及び農作業記録システム
 圃場に設置したセンサーで圃場の環境データを常時計測しクラウドに蓄積する環境モニタリング、及び、いつ何の作業をやったかをスマートフォンで記録し、圃場や作業者毎のレポート集計を行う農作業記録システムを組み合わせたスマート農業技術。 技術概要1
技術概要2
技術概要3
企業等HP(外部リンク)
株式会社セラク みどりクラウド事業部
TEL:03-6851-4831
innovation@seraku.co.jp
e-kakashi(いいかかし)、
e-kakashi Ai(あい)、
e-kakashi Tetori(てとり)
 圃場における環境データをセンサーによって常時収集※し、結果をグラフ表示するだけでなく、収集データを踏まえ、植物科学の知見を組み込んだAIが、生育ステージにあった適切な作業を事前に提案するほか、収穫適期などのアドバイスや予測を提案する栽培ナビゲーションサービスである「e-kakashi」(イーカカシ)を展開。

※920M 無線通信(IEEE802.15.4g/e)、3G/4G 無線通信(FDD-LTE/AXGP/HSPA/W-CDMA)が使用できる環境下に限る。
技術概要
企業等HP(外部リンク)
ソフトバンク株式会社
e-kakashi推進課
TEL:080-3584-0569
 5 果樹、露地向けIoT 環境計測、簡易気象、予察機【あぐりクラウド】
 温度・湿度・気圧センサーを標準装備し、環境計測やアラートに対応。露地、水稲、果樹などの遠隔環境モニタリングが可能。
 画像、計測データはクラウドにより蓄積され、どこでも閲覧可能。また、取得したデータから各種演算等を行い、気象、病虫害予測をおこなう。
技術概要1
技術概要2
企業等HP1(外部リンク)
企業等HP2(外部リンク)
株式会社ジョイ・ワールド・パシフィックITビジネス課
TEL:0172-44-8133
info@j-world.co.jp
次世代型統合環境制御装置温調みつばち NEWアイコン 温調みつばちは施設の環境状況を取得し、統合的な判断で施設内の各種設備を制御し、最適な環境を創出。
施設栽培のトップランナーと呼ばれる生産者が制御ロジックを監修。生産現場で抱える多様なノウハウや課題を反映し、画面、操作ボックスのインターフェースも生産者とともに作り上げ。
クラウド活用型制御機として、スマートフォンやタブレットなど各種デバイスによる操作で、場所を選ばず使用可能。また、栽培ノウハウ(プロファイル)をクラウドで保管し、プロファイルを任意拠点でダウンロードすることで各拠点で一定の収量・品質の栽培を実現。
センサーを無線化することで電気工事費用を軽減。また無線化は雷対策にもなり、落雷によるダウンタイムや機器故障も回避。
技術概要1
技術概要2
企業等HP1(外部リンク)
企業等HP2(外部リンク)
データテクノロジー(株)営業部
TEL:042-523-1177
https://www.datec.co.jp/
sales@datec.co.jp
 7 環境モニタリングシステム「あぐりログ」
 気温、湿度、炭酸ガス濃度の各種センサーや通信機能等を内蔵した「ログBOX」を施設内に設置し、計測したデータをクラウドサーバへ自動転送・蓄積することで、容易に施設内の環境情報を閲覧できるシステム。
 施設内環境を見える化することで、作物に適した栽培管理を支援するとともに、仲間とデータを共有することで、産地における研究会活動の活性化や栽培管理技術の向上が期待される。
技術概要
企業等HP(外部リンク)
株式会社IT工房Z
TEL:052-218-3318
info@itkobo-z.jp
8 NEC 営農指導支援システム NEWアイコン 作物の生育目標に基づいた対策や指導により、高品質で安定的な農業生産を支援するサービス。
圃場の気象・環境、作物の生育状況、作業実績を管理・共有し、生産法人や産地全体での栽培管理に活用。
圃場状況地図表示、農薬散布の利用制限警告、生育・収穫への影響要因AI分析などの各種支援機能あり。
技術概要
企業等HP(外部リンク)
NECソリューションイノベータ株式会社
西日本支社第一グループ
TEL:082-512-1378
aff-einou@nes.jp.nec.com
 
・気温、降水量、日照が計測できる安価な観測機器
  技術名・商品名等
概要
添付資料
参考URL等
お問い合わせ先
(外部リンク含む)
1
多機能 気象観測システムWeatherBucket  (ウェザーバケット )
 農業利用をターゲットに、徹底した扱い易さと高精度を両立させたコンパクトな一体型の気象観測システム。搭載センサは、気温・相対湿度・降水量・気圧・日射量・風速・風向・地中(水中)温度。ソーラーパネルと通信コストゼロの特定小電力無線を使い完全ワイヤレスを実現。気温・相対湿度は環境誤差を低減できる強制通風方式を採用し、昼夜問わずに商用電源なしで動作可能。気象データ解析ソフトウェア「バケットメイト」を標準搭載し、過去の気象データ閲覧やグラフ表示が可能。 技術概要1
技術概要2
企業等HP(外部リンク)
株式会社エスイーシー情報通信事業本部
TEL:0138-23-5433
weather@secnet.co.jp
 2 ビーコンを使った「コト消費」の促進
 ビーコンの通信手段を用いたデータ収集機能や発信機能を活用し、実際にその場所に赴くことで情報を得られるシステム構築とその提供。
 ビーコン情報による各種ログデータの蓄積を通じて、適切なガイドを行うことで生産コストを低減。
 消費者に生産地へ足を運んでもらう動機を提供することで、「コト消費」を促進し、生産地の活性化が可能。
技術概要 小泉製麻株式会社
TEL:03-5227-5325
takahata@koizumi-jm.jp
 3 (ア) 環境値測定機、センサーノード「i-Node」・各種センサー
(イ) 測定データ中継機、ゲートウェイ「i-Gateway」
(ウ) 環境モニタリングクラウドシステム「web-Watcher®」
 圃場の気温・湿度・土壌環境等をセンサーで定期計測し、集約・蓄積。
 環境データや圃場のカメラ映像は、スマートフォン等のモバイル端末で参照可能。
生育環境の調整や生育ステージ予測に利用でき、異常が検出された際に「予告」「警告」メールで通知。
 作業記録を簡単に登録でき、GAP 認証取得、トレーサビリティに役立つ帳票が作成可能。
 異なる圃場の環境データや作業履歴を解析し、品質の向上、安定した収量、収量増加を実現。
技術概要1
技術概要2
株式会社NPシステム開発IoT事業部
TEL:089-924-7817
post@npsystem.co.jp
 4 からくりファーム
 IoT灌水装置やIoT日射計を使った、果樹の根域(根圏)制御栽培の潅水システム。
 潅水システムの障害や、ポンプやチューブといった水道設備の破損をIoT土壌水分計により検知しメールアラートが可能。
 生育状況をからくりファームにフィードバックすることで、最適な栽培パラメータをAIが導く。
技術概要 Gitobi合同会社
TEL:080-9282-0693
sales@gitobi.com
 5 病害予測機能搭載モニタリングサービスPlantect
 いつでもどこでもリアルタイムでハウス内の環境(温度・湿度・二酸化炭素・日射量)を確認したり、過去のデータを参考にすることが可能。 
 さらに、病気の感染リスクを通知することにより、タイミングを逃さずに農薬散布ができ、作業 量を減らしながら、病気の被害を抑制できる。
企業等HP(外部リンク) ボッシュ株式会社
TEL:048-470-1746
plantect@jp.bosch.com
 6 盛土式根圏制御栽培法に関する潅水・防除システム
 早期成園化および高品質多収栽培技術の確立を目的として、遮根シートにより地面と隔離した盛土に苗を植付け、樹齢・育成時期ごとに測定した吸水量、養分吸収量に基づき、樹の生長に合わせて自動的にした養水分管理を行う安価な制御機器の開発。
 根圏制御栽培法に適した、従来にない安価な防除機器の開発
技術概要1
技術概要2
ヤンマーアグリジャパン株式会社イリゲーション事業部
TEL:06-6376-0779
hiroshi_kocha@yanmar.com
 7 圃場環境モニタリングシステム及び農作業記録システム
 圃場に設置したセンサーで圃場の環境データを常時計測しクラウドに蓄積する環境モニタリング、及び、いつ何の作業をやったかをスマートフォンで記録し、圃場や作業者毎のレポート集計を行う農作業記録システムを組み合わせたスマート農業技術。 技術概要1
技術概要2
技術概要3
企業等HP(外部リンク)
株式会社セラク みどりクラウド事業部
TEL:03-6851-4831
innovation@seraku.co.jp
 8 果樹、露地向けIoT 環境計測、簡易気象、予察機【あぐりクラウド】
 温度・湿度・気圧センサーを標準装備し、環境計測やアラートに対応。露地、水稲、果樹などの遠隔環境モニタリングが可能。
 画像、計測データはクラウドにより蓄積され、どこでも閲覧可能。また、取得したデータから各種演算等を行い、気象、病虫害予測をおこなう。
技術概要1
技術概要2
企業等HP1(外部リンク)
企業等HP2(外部リンク)
株式会社ジョイ・ワールド・パシフィックITビジネス課
TEL:0172-44-8133
info@j-world.co.jp
 9 次世代型統合環境制御装置温調みつばち NEWアイコン 温調みつばちは施設の環境状況を取得し、統合的な判断で施設内の各種設備を制御し、最適な環境を創出。
施設栽培のトップランナーと呼ばれる生産者が制御ロジックを監修。生産現場で抱える多様なノウハウや課題を反映し、画面、操作ボックスのインターフェースも生産者とともに作り上げ。
クラウド活用型制御機として、スマートフォンやタブレットなど各種デバイスによる操作で、場所を選ばず使用可能。また、栽培ノウハウ(プロファイル)をクラウドで保管し、プロファイルを任意拠点でダウンロードすることで各拠点で一定の収量・品質の栽培を実現。
センサーを無線化することで電気工事費用を軽減。また無線化は雷対策にもなり、落雷によるダウンタイムや機器故障も回避。
技術概要1
技術概要2
企業等HP1(外部リンク)
企業等HP2(外部リンク)
データテクノロジー(株)営業部
TEL:042-523-1177
https://www.datec.co.jp/
sales@datec.co.jp
 10 園芸施設環境観測器プラントモニタ
 農業ハウス内の栽培環境(気温、湿度、飽差、CO2濃度、日射量等)を計測し、本体にロギング
さまざまな端末でモニタリングできる=汎用
(ア)スマホやノートPCのWi-Fiで簡易モニタリングができる
(イ)有線LANで接続したPCでモニタリングできる
(ウ)施設園芸の共通規格UECSでのモニタリングやデータ活用ができる(クラウド対応可能)
(エ)FTPサーバ内蔵、UDP対応でクライアント機能のあるPLC等でデータ活用できる
技術概要1
技術概要2
企業等HP(外部リンク)
株式会社チノー山形事業所センサデバイス部農事開発課
TEL:023-607-2103
funakubo@yamagata-chino.co.jp
 11 環境モニタリングシステム「あぐりログ」
 気温、湿度、炭酸ガス濃度の各種センサーや通信機能等を内蔵した「ログBOX」を施設内に設置し、計測したデータをクラウドサーバへ自動転送・蓄積することで、容易に施設内の環境情報を閲覧できるシステム。
 施設内環境を見える化することで、作物に適した栽培管理を支援するとともに、仲間とデータを共有することで、産地における研究会活動の活性化や栽培管理技術の向上が期待される。
技術概要
企業等HP(外部リンク)
株式会社IT工房Z
TEL:052-218-3318
info@itkobo-z.jp
12
 inamo
 小型軽量かつ、自己発電により電池不要で耐久性が高くメンテナンス不要長距離無線センサネットワーク「tukumoシステム」を開発。離れた場所で一目で状況がわかるシンプルなデータ表示。
 作物や管理すべき対象、管理すべき環境について、遠隔監視を手軽にシンプルに低コストで実現可能。水田の水位監視として応用した「inamo」では水位の異常をスマートフォンで監視可能。
 水位状況は青・黄・赤 三段階でわかりやすく表示され、見回るべき場所を一目で判別可能。水位のみならず、温度、水温、湿度、照度、EC、他など測定可能。
技術概要
企業等HP(外部リンク)
株式会社AmaterZ
TEL:03-6455-6884
info@amaterz.com
13 「agbee(アグビー)」  人の後ろを追従したり、自動走行する小型の運搬ロボットを用いることで、土づくりから収穫作業までの重量物運搬等による負担を軽減します。
 運搬ロボットに草刈りユニットや防除機などを取り付けることで、1台で様々な仕事をこなすことが可能です。
 また、運搬ロボットが収穫量を自動計測したり、別途設置する土壌センサから土壌の水分量等の情報を収集、記録したりすることで収穫量予測などを行い栽培管理の効率化を実現します。
技術概要
企業等HP(外部リンク)
中西金属工業株式会社E事業室アグリイノベーションチーム
慶應義塾大学メディアデザイン研究科
TEL:06-6351-4832
nkc.agri@gmail.com

(ウ)機器開発等

・各種のセンシング機器の受信機の規格の統一
  技術名・商品名等
概要
添付資料
参考URL等
お問い合わせ先
1
土壌センサ、製品名MJ1011
 地中環境情報をモニタリングする土壌センサ。PH、EC、地温を計測。 技術概要
企業等HP1(外部リンク)
企業等HP2(外部リンク)
ラピスセミコンダクタ(株)
TEL:045-476-9212
問い合わせフォーム(外部リンク)


(エ)その他

・その他
  技術名・商品名等
概要
添付資料
参考URL等
お問い合わせ先
1
土壌センサ、製品名MJ1011
 地中環境情報をモニタリングする土壌センサ。PH、EC、地温を計測。 技術概要
企業等HP1(外部リンク)
企業等HP2(外部リンク)
ラピスセミコンダクタ(株)
TEL:045-476-9212
問い合わせフォーム(外部リンク)
NEC GAP認証支援サービス
 農業生産活動に伴うさまざまな情報を、GAPの「点検項目」に関連付けて整理するシステム。
 国内外にあるさまざまなGAP規範をサポートしており、生産者の負担軽減を図り、農業生産活動とGAP認証・改善活動の両立を支援。
技術概要 NECソリューションイノベータ株式会社
スマートアグリサポートセンター
TEL:03-5569-3313
agri@nes.jp.nec.com
 3 パワーアシストスーツ
 パワーアシストスーツは、装着者の動作を補助し、負担を軽減するロボット。
【1】収穫コンテナ等重量物の持ち上げ・下げ時の腰の負担を軽減。
【2】長時間の整地・施肥・雑草除去・収穫などでの中腰作業の姿勢保持の負担を軽減。
【3】傾斜地や重量物運搬での歩行の負担を軽減。
技術概要1
技術概要2
企業等HP(外部リンク)
パワーアシストインターナショナル株式会社
TEL:080-4091-8172
eyagi@pai.co.jp
eyagi@sys.wakayama-u.ac.jp
 4 ビーコンを使った「コト消費」の促進
 ビーコンの通信手段を用いたデータ収集機能や発信機能を活用し、実際にその場所に赴くことで情報を得られるシステム構築とその提供。
 ビーコン情報による各種ログデータの蓄積を通じて、適切なガイドを行うことで生産コストを低減。
 消費者に生産地へ足を運んでもらう動機を提供することで、「コト消費」を促進し、生産地の活性化が可能。
技術概要 小泉製麻株式会社
TEL:03-5227-5325
takahata@koizumi-jm.jp
 5 作物生育支援システム「ライススキャン」
  「ライススキャン」システムは水稲などの作物の葉色を専用カメラデバイスとスマートフォンなどの携帯端末を使って簡易に測定することで生育支援を行うサービス。
 簡易に安定した葉色測定ができると同時に測定結果が自動保存されるので手入力が不要。
 また、パソコンや携帯端末から測定データの表示・分析が可能、「データの見える化」「共有化」により適切な施肥管理・生育診断をサポート。
 水稲の他、野菜。果樹などの葉色測定にも対応。
技術概要
企業等HP(外部リンク)
マクセル株式会社経営戦略部
TEL:03-6407-2938
ricescan@maxell.co.jp
 6 パワードウェアATOUN MODEL Y
 モーターによるアシストで持ち上げ/持ち下げ/中腰姿勢時の腰部負担を軽減
人の動きに追随し、動作ごとに自動に的確なアシストを実現
 着脱が容易、軽量(4.5kg)、バッテリー駆動、防塵・防水対応(IP55相当)のため野外・屋内問わず、活動できます
スリムな通気性確保した形状とファンスーツ併用可
技術概要
企業等HP(外部リンク)
株式会社ATOUN
TEL:0742-71-1878
r.miwa@atoun.co.jp
 7 HalexSmile!(気象情報サービス)
 任意地点の気象情報を閲覧可能な気象WEBサービス(ピンポイントのアラートサービス付)。上空の風の傾向も閲覧できるのでドローン作業にも活用できる。
 過去データオプションを使えば、自分の圃場ピンポイントの過去データ(推定実況値)も利用可能。
技術概要 株式会社ハレックス
ビジネスソリューション事業部営業部営業課
TEL:03-5420-4313
info_weather278@halex.jp
 8 からくりファーム
 IoT灌水装置やIoT日射計を使った、果樹の根域(根圏)制御栽培の潅水システム。
潅水システムの障害や、ポンプやチューブといった水道設備の破損をIoT土壌水分計により検知しメールアラートが可能。
 生育状況をからくりファームにフィードバックすることで、最適な栽培パラメータをAIが導く。
技術概要 Gitobi合同会社
TEL:080-9282-0693
sales@gitobi.com
 9 1 会計freee・人事労務freee・開業freee・会社設立freeeなど

2 Agrion
1:クラウド(インターネットサービス)で利用ができる、会計/人事労務などの業務支援アプリケーション
2:クラウド(インターネットサービス)で利用ができる、農業事業者向けの農業日誌・チャットツール・販売管理などのアプリケーション

※両サービスを統合する新規製品のリリースに向けた連携・協業を進めています。
1 freee
技術概要1
技術概要2
企業等HP1(外部リンク)
企業等HP2(外部リンク)(近日公開)


2 Agrion
技術概要1
技術概要2
企業等HP1(外部リンク)
企業等HP2(外部リンク)

1:freee株式会社
TEL:080-8825-2890
agri@freee.co.jp

2:株式会社TrexEdge
TEL:03-5740-5766
info@trexedge.co.jp
 10 盛土式根圏制御栽培法に関する潅水・防除システム
 早期成園化および高品質多収栽培技術の確立を目的として、遮根シートにより地面と隔離した盛土に苗を植付け、樹齢・育成時期ごとに測定した吸水量、養分吸収量に基づき、樹の生長に合わせて自動的にした養水分管理を行う安価な制御機器の開発。
 根圏制御栽培法に適した、従来にない安価な防除機器の開発
技術概要1
技術概要2
ヤンマーアグリジャパン株式会社イリゲーション事業部
TEL:06-6376-0779
hiroshi_kocha@yanmar.com
 11 担い手農家向け「高付加価値型乾燥システム」
 収獲した穀物を個別コンテナに搬入し、静置式除湿乾燥を行う。
 パイプハウスとプレハブがあれば設置可能で、搬送コンテナがそのまま乾燥機にコンバインによる刈取りから乾燥まで一貫作業ができる。
 コンテナ単位の乾燥なので多品目の乾燥に対応可能除湿乾燥と温室熱利用の相乗効果で省エネと高品質を両立。
技術概要1
技術概要2
ヤンマーグリーンシステム(株)農産施設部
TEL:06-6376-6333
 12 細霧ミスト
 街の暑熱対策用に開発された2流体微細ミスト装置を施設園芸分野に転用することで、葉面を濡らさずに施設内の環境温度を下げることが可能となり、作物の高温障害などの熱ストレスの軽減と、作業環境の改善を図り作業者の身体的負担の軽減を図ることが可能な装置である。 技術概要 パナソニック株式会社アプライアンス社事業開発センター
TEL:03-5782-7895
agri_contact@ml.jp.pana
sonic.com
 13 腰補助用マッスルスーツ®
マッスルスーツ®は、重労働での身体の負担を軽減する装着型のアシストスーツ。
最大の特徴は、人工筋肉という空気圧を用いたアクチュエータで動くため電気・モーターが不要だということと、最大補助力が35kgfと強く、作業時の腰への負担が1/3に軽減できること。
また、装着時間は約10秒と素早く作業をスタートできるため、多忙な介護現場や工場、物流倉庫、建設や農業など多範囲で使われています。特に農業の分野では中腰姿勢を維持しながら行う定植や雑草取り、種芋のパレット積みなどで活用できる。
技術概要
企業等HP(外部リンク)
株式会社イノフィス
TEL:03-5225-1083
info@innophys.jp
 14 1kmメッシュ農業気象データ提供システム
 農業に関する気温や日射量などの1km四方ごとの気象データを提供するシステム。
 最長26日先の予報値を含むデータは毎日更新され、栽培中の作物の発育予測や、病虫害発生の警戒、温暖化影響評価など、農業分野で幅広く活用。水稲生育診断・生育予測、作況解析や最適作期策定、露地野菜の生育予測、果樹園地の気象把握、害虫の発生予測・分布推定などに利用可能。 
技術概要 農研機構広報課
TEL:029-838-8988
問い合わせフォーム(外部リンク)
 15 ドローンを用いたほ場計測マニュアル
 市販のドローンを用いて、ほ場の凹凸を計測する方法を解説したマニュアル。
本マニュアルは、地震被災農地の凹凸の程度や、ほ場のどこに水が溜まりやすいか等の把握に利用。
 観測セットはドローン10~20万円、市販ソフト等約50万円で揃えることができ、可搬性、機動性に優れることから、災害発生に対応するとともに、平時においてはほ場の地表面比高情報に基づいた精密農業等が可能。
技術概要 農研機構広報課
TEL:029-838-8988
問い合わせフォーム(外部リンク)
 16 小規模土地改良区でも導入できる水利施設管理台帳システム
 施設の位置情報や諸元、管理方法などの情報を日々収集し整理する技術。
 施設管理に関する情報をデータベース化することで、施設の日常管理に役立てたり、ゲリラ豪雨などの災害履歴や操作方法の注意点の申し送りに使ったりすることが可能。
 施設の更新・補修履歴を参照することができるため、次期の更新・補修計画の策定に活用可能
技術概要 農研機構広報課
TEL:029-838-8988
問い合わせフォーム(外部リンク)
 17 日本土壌インベントリーとe-土壌図2
 日本全国の土壌の種類や分布がわかる「全国デジタル土壌図」を作成し、「農耕地土壌図(従来版を改良)」とあわせてウェブ提供。
 土壌図はスマートフォンでも利用可能。
 栽培に適した作物・品種の選定、適切な施肥や薬剤散布等のための基本情報として広く利用可能。
技術概要 農研機構広報課
TEL:029-838-8988
問い合わせフォーム(外部リンク)
18
農業日誌・圃場管理ツールagrinote(アグリノート)
 航空写真マップを活用した圃場管理・農作業支援システム。
 記録をデータとして管理・蓄積することにより、知識や技術の伝達、組織内の情報共有ツールとして活用するとともに、各種農業用センサと連携し、データ閲覧が可能。
 圃場毎の作業記録を自動集計し、収穫量や出荷販売実績を管理することで、作付・圃場毎の収支分析、作付計画の立案をサポート。
 作物の生育推移や外部環境情報、栽培実績を集計することで、栽培プロセスの最適化を実現。 
技術概要 ウォーターセル株式会社アグリノート・サポートチーム
TEL:025-282-7368
note_info@agri-note.jp
 

(2)造成・改植

(ア)表土流出防止

・土地造成後の、表土流出を防止する簡易な技術
  技術名・商品名等
概要
添付資料
参考URL等
お問い合わせ先
1
土壌改良剤
 耕作放棄地・遊休農地が近年増加し、これらの土地の利活用が求められている。
 しかし、これらの大部分は水田土壌(粘土質)であり、水はけ等の土壌物理性が悪いことから、果菜類等の高収益作物・穀物等の畑作作物を栽培する際に、収量性の低下を招いている。
 この課題に対して、バイオマス由来のリグニン系土壌改良剤を播種前の土壌耕うん時に少量添加(100kg/10a)することにより、土壌が団粒化し、水はけの向上・土壌気相率増大等の土壌物理性が大幅に改善できることを見出した。
 これにより、根張りの向上・吸肥性が改善することで、従来栽培している作物の収量性向上、
また栽培に従来不適とされていた農地での高収益作物の栽培が可能となる。
技術概要 花王株式会社
TEL:073-726-8548
hayashi.toshio@kao.com
2 斜面状態モニタリングサービス  遠隔からリアルタイムにモニタリングすることで、表土流出の防止や土壌環境の最適化を期待できるサービス 技術概要 日本ユニシス株式会社新事業創出部
TEL:050-3132-6527
yuki.okamura2@unisys.co.jp
  

(3)剪定等

(ウ)その他

・その他
  技術名・商品名等
概要
添付資料
参考URL等
お問い合わせ先
1
廃熱発電システム(バイナリー発電)
 温水から電気を生み出すシステムです。
剪定枝を燃料として再利用して温水と電気を創出。
 発電出力が10kWと小型であるため、収集量が少なく分散している場合に適合。
 創出した電気は、周辺設備に給電もしくは収穫ロボットや電動集荷車などの動力として活用して作業環境を改善。
 温水は、周辺施設の加温や暖房などに利用可能。
技術概要 ヤンマーエネルギーシステム株式会社
ソリューション推進室技術開発部開発グループ
TEL:06-7636-2865
Taisuke_ono@yanmar.com
 

(4)授粉・防除

(ア)授粉

・ドローンを利用した上空からの人工授粉作業を可能とする技術開発
  技術名・商品名等
概要
添付資料
参考URL等
お問い合わせ先
1
DJI AGRAS MG-1
 DJI AGRAS MG-1を機体として使用
水稲、麦、大豆、玉ねぎ、山芋、さとうきび、里芋などの畑で導入が進んでおり、じゃがいも、栗、みかん(傾斜地)、りんご(受粉)、甘藷(サツマイモ)も実証中。
 1フライトで1ヘクタール散布・10Lを搭載して最高時速20kgで散布可能。液剤、粒剤に対応・軽トラで運搬可能なサイズ。
技術概要1
技術概要2
企業等HP1(外部リンク)
企業等HP2(外部リンク)
株式会社エアリアルワークス
TEL:099-20-0932
info@arws.jp
2
DJI AGRAS MG-1
 DJI Agras MG-1は、液体の農薬、肥料および除草剤の様々な散布を高精度に適正な割合でおこなうために設計されたオクトコプターで、農業分野において効率性と管理等力がさらに向上。
 折りたたみ式のMG-1は10kgの液体を搭載することが可能で、保護等級IP43レベルに適合。噴霧システムと流量センサーにより、高精度な噴霧を実現。自律散布システムでは最大で5機同時で自動薬剤散布を行うことが可能、さらにはDJI 農薬散布管理プラットフォームを使用することで、作業を計画したり、リアルタイムで飛行を管理するなど、機体ステータスを詳細に監視可能。
技術概要1
技術概要2
株式会社スカイシーカー
TEL:03-6260-8960
info@skyseeker.jp
 

(イ)防除

・傾斜地でも農薬散布が可能なドローン
  技術名・商品名等
概要
添付資料
参考URL等
お問い合わせ先
(外部リンク含む)
1
DJI AGRAS MG-1
 DJI AGRAS MG-1を機体として使用
水稲、麦、大豆、玉ねぎ、山芋、さとうきび、里芋などの畑で導入が進んでおり、じゃがいも、栗、みかん(傾斜地)、りんご(受粉)、甘藷(サツマイモ)も実証中
 1フライトで1ヘクタール散布・10Lを搭載して最高時速20kgで散布可能。液剤、粒剤に対応・軽トラで運搬可能なサイズ。
技術概要1
技術概要2
企業等HP1(外部リンク)
企業等HP2(外部リンク)
株式会社エアリアルワークス
TEL:099-20-0932
info@arws.jp
 2 ドローンと連携した散布管理
IoTシステム
 ドローンでのセンシングから無人ヘリと連動した散布までの作業を管理するIoTシステム。
 ドローン等を使った圃場センシングを数日~数週間単位で実施し、その結果に応じて、薬剤散布、追肥等を産業用ドローンを用いて行うことで、収穫量のアップや生産コストの低減、圃場の状況チェック作業の軽減等に寄与。
 センシングによる生育分析や病害虫検知のサービスとの連携し、情報をシステム上で管理することで、精度の高い散布が可能。
技術概要1
技術概要2
ヤマハ発動機(株) ロボティクス事業部UMS統括部
企画戦略グループ
TEL:053-525-7309
ymc_ums@yamaha-motor.co.jp
 3 無人ヘリと連携した散布管理
IoTシステム
 無人ヘリ散布の散布計画や作業を管理するIoTシステム。
 散布計画の立案簡易化、散布作業の効率化、作業管理(薬剤種類管理、散布量管理等)の簡易化・効率化を行い、農家の作業軽減と散布自体のコスト低減に寄与。
 センシングによる生育分析や病害虫検知のサービスとの連携し、情報をシステム上で管理することで、精度の高い散布が可能。
技術概要1
技術概要2
ヤマハ発動機(株) ロボティクス事業部UMS統括部
企画戦略グループ
TEL:053-525-7309
ymc_ums@yamaha-motor.co.jp
4
葉色解析クラウドサービス「いろは」
農薬散布ドローン「はかせ」(機体単体名X-F1)
ドローン地形測量サービス「くみき」
 葉色解析サービス「いろは」はドローンで取得した画像をクラウド上に記録、見回り作業の効率化を図り、圃場や作物の異常、生育ムラ等も見える化。10L対応の防水対応農薬散布ドローン「はかせ」と連携し、除草剤をピンポイント散布する適所散布も可。
 クラウドサービス「くみき」は、ドローンで撮影された画像から農地のオルソ画像・高低差マップ(DSM)・3D点群データを自動生成します。 
 Web 上で使用出来る計測ツールにより、均平作業前後の農地の高低差調査や作付面積の把握等に利用可。
いろは
企業等HP1(外部リンク)

はかせ
企業等HP2(外部リンク)

くみき
企業等HP3(外部リンク)
株式会社スカイマティクス
TEL:03-6262-6360
takuma.date@skymatix.co.jp
5 ドローン:AEROSPRAYER AS5II NEWアイコン
傾斜地でも連続して散布可能なレーザーレンジファインダー(光波測距儀)を搭載。光を使って距離を測る装置で、ドローンから地面、対象物との一定の距離での飛行が可能。
圃場のあぜ道も感知して上昇、下降。棚田、傾斜地でも斜面に沿って飛行散布可能。
棚田では実証実績あり。果樹園は今後検証予定。
ドローン本体と下部タンク脚部を分割ユニット化。「液剤散布装置」と「粒剤散布装置」(オプション)に分割できるので両農薬の散布が簡単脱着で可能。
技術概要1
技術概要2
イームズロボティクス(株)
TEL:024-573-7880
http://www.eamsrobo.co.jp/
Info@eams-robo.co.jp
 
・センシング技術を活用した最適防除技術の開発
  技術名・商品名等
概要
添付資料
参考URL等
お問い合わせ先
(外部リンク含む)
1
葉色解析クラウドサービス「いろは」
農薬散布ドローン「はかせ」(機体単体名X-F1)
ドローン地形測量サービス「くみき」
 葉色解析サービス「いろは」はドローンで取得した画像をクラウド上に記録、見回り作業の効率化を図り、圃場や作物の異常、生育ムラ等も見える化。10L対応の防水対応農薬散布ドローン「はかせ」と連携し、除草剤をピンポイント散布する適所散布も可。
 クラウドサービス「くみき」は、ドローンで撮影された画像から農地のオルソ画像・高低差マップ(DSM)・3D点群データを自動生成します。 Web 上で使用出来る計測ツールにより、均平作業前後の農地の高低差調査や作付面積の把握等に利用可。
いろは
企業等HP1(外部リンク)

はかせ
企業等HP2(外部リンク)

くみき
企業等HP3(外部リンク)
株式会社スカイマティクス
TEL:03-6262-6360
takuma.date@skymatix.co.jp
 2 e-kakashi(いいかかし)、
e-kakashi Ai(あい)、
e-kakashi Tetori(てとり)
 圃場における環境データをセンサーによって常時収集※し、結果をグラフ表示するだけでなく、収集データを踏まえ、植物科学の知見を組み込んだAIが、生育ステージにあった適切な作業を事前に提案するほか、収穫適期などのアドバイスや予測を提案する栽培ナビゲーションサービスである「e-kakashi」(イーカカシ)を展開。

※920M 無線通信(IEEE802.15.4g/e)、3G/4G 無線通信(FDD-LTE/AXGP/HSPA/W-CDMA)が使用できる環境下に限る。
技術概要
企業等HP(外部リンク)
ソフトバンク株式会社
e-kakashi推進課
TEL:080-3584-0569
3
果樹、露地向けIoT 環境計測、簡易気象、予察機【あぐりクラウド】
 温度・湿度・気圧センサーを標準装備し、環境計測やアラートに対応。露地、水稲、果樹などの遠隔環境モニタリングが可能。
 画像、計測データはクラウドにより蓄積され、どこでも閲覧可能。また、取得したデータから各種演算等を行い、気象、病虫害予測をおこなう。
技術概要1
技術概要2
企業等HP1(外部リンク)
企業等HP2(外部リンク)   
株式会社ジョイ・ワールド・パシフィックITビジネス課
TEL:0172-44-8133
info@j-world.co.jp
4 センシング技術を活用した最適防除システム NEWアイコン 光合成効率装置「コンダクター:TNCS-5000」は、10カ所のエリアを個別独立制御可能。
各エリア毎に40カ所程度のセンサが設置可能で、各エリア毎に2系統以上のLED独立制御が可能。
高感度暗視カメラ、サーモグラフィカメラ、開発している特殊カメラにより、植物体の防除や夜間の異常を捕らえて管理する。特に、トマト萎凋病発病抑制効果に関しての実証実験を実施中。
技術概要1
技術概要2
技術概要3
企業等HP1(外部リンク)
企業等HP2(外部リンク)
(株)テヌート担当:杉田明光
TEL:080-7792-0116
FAX:03-6859-8401
http://www.tenuto.co.jp/
contact@tenuto.co.jp


・屋外の傾斜圃場でも正確に走行が可能なGPSを活用した自動薬剤散布車
  技術名・商品名等
概要
添付資料
参考URL等
お問い合わせ先
1
「agbee(アグビー)」  人の後ろを追従したり、自動走行する小型の運搬ロボットを用いることで、土づくりから収穫作業までの重量物運搬等による負担を軽減します。
 運搬ロボットに草刈りユニットや防除機などを取り付けることで、1台で様々な仕事をこなすことが可能です。
 また、運搬ロボットが収穫量を自動計測したり、別途設置する土壌センサから土壌の水分量等の情報を収集、記録したりすることで収穫量予測などを行い栽培管理の効率化を実現します。
技術概要
企業等HP(外部リンク)
中西金属工業株式会社E事業室アグリイノベーションチーム
慶應義塾大学メディアデザイン研究科
TEL:06-6351-4832
nkc.agri@gmail.com


・ドリフトしない薬剤散布用ノズル
  技術名・商品名等
概要
添付資料
参考URL等
お問い合わせ先
1
盛土式根圏制御栽培法に関する潅水・防除システム
 早期成園化および高品質多収栽培技術の確立を目的として、遮根シートにより地面と隔離した盛土に苗を植付け、樹齢・育成時期ごとに 測定した吸水量、養分吸収量に基づき、樹の生長に合わせて自動的にした養水分管理を行う安価な制御機器の開発。
 根圏制御栽培法に適した、従来にない安価な防除機器の開発
技術概要1
技術概要2
ヤンマーアグリジャパン株式会社イリゲーション事業部
TEL:06-6376-0779
hiroshi_kocha@yanmar.com

 

(ウ)その他

・その他
  技術名・商品名等
概要
添付資料
参考URL等
お問い合わせ先
1
細霧ミスト
 街の暑熱対策用に開発された2流体微細ミスト装置を施設園芸分野に転用することで、葉面を濡らさずに施設内の環境温度を下げることが可能となり、作物の高温障害などの熱ストレスの軽減と、作業環境の改善を図り作業者の身体的負担の軽減を図ることが可能な装置である。 技術概要 パナソニック株式会社アプライアンス社事業開発センター
TEL:03-5782-7895
agri_contact@ml.jp.pana
sonic.com
2
園芸施設環境観測器プラントモニタ
 農業ハウス内の栽培環境(気温、湿度、飽差、CO2濃度、日射量等)を計測し、本体にロギング
 さまざまな端末でモニタリングできる=汎用
(ア)スマホやノートPCのWi-Fiで簡易モニタリングができる
(イ)有線LANで接続したPCでモニタリングできる
(ウ)施設園芸の共通規格UECSでのモニタリングやデータ活用ができる(クラウド対応可能)
(エ)FTPサーバ内蔵、UDP対応でクライアント機能のあるPLC等でデータ活用できる
技術概要1
技術概要2
企業等HP(外部リンク)
株式会社チノー山形事業所センサデバイス部農事開発課
TEL:023-607-2103
funakubo@yamagata-chino.co.jp


(5)着果管理・除草・鳥獣害対策等

(イ)除草

・除草機械の自動化(誘導精度の高度化、走行車両のコンパクト化、低コスト化) 
  技術名・商品名等
概要
添付資料
参考URL等
お問い合わせ先
(外部リンク含む)
1
「agbee(アグビー)」
 人の後ろを追従したり、自動走行する小型の運搬ロボットを用いることで、土づくりから収穫作業までの重量物運搬等による負担を軽減。
 運搬ロボットに草刈りユニットや防除機などを取り付けることで、1台で様々な仕事をこなすことが可能。
 また、運搬ロボットが収穫量を自動計測したり、別途設置する土壌センサから土壌の水分量等の情報を収集、記録したりすることで収穫量予測などを行い栽培管理の効率化を実現。
技術概要
企業等HP(外部リンク)
中西金属工業株式会社E事業室アグリイノベーションチーム
慶應義塾大学メディアデザイン研究科
TEL:06-6351-4832
nkc.agri@gmail.com
2 ロボモア(ロボット草刈機)「KRONOS」MR-300 NEWアイコン 「KRONOS(クロノス)」は、草刈り作業だけではなく、充電や充電後の作業再開もすべて自動で行うロボット。
広大な面積や急斜面・振動や炎天下の作業など、農作業の中でも一際重労働であり、労働者への負担が大きな問題となっている草刈り作業を自動化。
3輪駆動(AWD)と独自のタイヤパターンによる高い走破性・約10cmの段差は乗り越え可能、20°の傾斜地でも使用可能。
技術概要1
技術概要2
技術概要3
企業等HP1(外部リンク)
企業等HP2(外部リンク)
和同産業(株)営業部営業企画課
TEL:0198-24-3221
TEL:070-2439-6540
http://www.wadosng.jp/


(ウ)着色・着果管理

・夜間高輝度LEDによる着色改善技術(りんご、ぶどう)
  技術名・商品名等
概要
添付資料
参考URL等
お問い合わせ先
(外部リンク含む)
1
高輝度LED照射可能な環境統合制御技術 NEWアイコン 光合成効率装置「コンダクター:TNCS-5000」は、10カ所のエリアを個別独立制御可能。
各エリア毎に40カ所程度のセンサが設置可能で、各エリア毎に2系統以上のLED独立制御が可能。
各エリアに設置可能なセンサは、全て太陽光パネルで蓄電し、センサや通信モジュールの作動電源を賄える。
夜間転流に必要な温度制御やAir制御が可能で、LEDや潅水システムとの連動も可能。
技術概要1
技術概要2
技術概要3
企業等HP1(外部リンク)
企業等HP2(外部リンク)

(株)テヌート担当:杉田明光TEL:080-7792-0116
FAX:03-6859-8401
http://www.tenuto.co.jp/
contact@tenuto.co.jp


・各樹の着果量を判別可能なICT機器
  技術名・商品名等
概要
添付資料
参考URL等
お問い合わせ先
1
NEC GIS農地面積測量サービス   ドローン測量画像と、地理情報システム(GIS)を組み合わせた、どこでも農地の状況を参照可能なシステムです。生育状況や病害虫の確認や作柄確認に利用可能。産地全体の放任園地の確認や、園地の集積、園地の設計にも活用が可能 技術概要1
技術概要2
企業等HP(外部リンク)
NECソリューションイノベータ営業統括本部四国営業部
TEL:089-934-7808
veryfruit@nes.jp.nec.com

(エ)資材・鳥獣害対策

・ドローンを利用した、定時巡回や追い払いなど、鳥獣害対策技術
  技術名・商品名等
概要
添付資料
参考URL等
お問い合わせ先
(外部リンク含む)「
1
動物位置情報システム「ANIMAL MAP」
 ANIMAL MAPは、GPS首輪発信器GLT-02、GLT-03を取り付けた野生動物の位置情報を、PC、スマホ、タブレットPCから簡単に確認することが可能になる大変便利な動物位置情報システムです。
 調査したい地域へ設置した基地局で動物の位置情報を自動受信し、携帯電話網経由でクラウドサーバーにデータを転送して一括管理が可能な最新のIoTシステムです。たとえ受信範囲外に動物が移動してしまってもGPS情報は首輪に保存されているので、再度受信範囲内に戻れば基地局がデータを自動受信するため動物位置情報をもれなく表示することが可能です。
 これらの動物位置情報により動物の行動調  査、鳥獣害対策にご活用いただけます。
技術概要
企業等HP(外部リンク)
株式会社サーキットデザイン営業部
TEL:0263-82-1024
animal@tracking21.jp
 2 イノシシ追払いドローン
 イノシシ出現を赤外線センサーで感知。ドローン信号を受けて自律飛行で発進、AI画像認証でイノシシを追尾、逃げたら基地の戻って充電しながら待機。 技術概要 イームズロボティクス株式会社
TEL:024-573-7880
info@eams-robo.co.jp
 3 みまわり楽太郎現行版およびLPWA版(開発中)
 猟師や捕獲事業者により設置された、檻や罠が作動した際に起動し写真撮影を行い、クラウド上へデータを3G通信およびLPWA通信(開発中)にて送信・蓄積し、猟師や自治体担当者へメールにより通知する。
 クラウド上に蓄積されたデータにより、自治体側にて檻や罠毎の稼働履歴の確認やデータのダウンロードが可能。
 クラウド上で捕獲実績報告書の自動作成が可能(開発中)。
技術概要1
技術概要2
企業等HP(外部リンク)
株式会社エヌ・ティ・ティピー・シーコミュニケーションズ
TEL:03-6203-2711
haradak@nttpc.co.jp
 4 クラウドまるみえホカクン
 ICTにより檻罠を遠隔監視し、獣の餌付け状態が確認できるともに、ライブ映像を見ながら捕獲が可能。
 獣の侵入、捕獲をメールでお知らせ。
 クラウドを介して地域で連携して複数の檻・罠の管理ができ、情報共有により管理者の技術向上が可能。
技術概要
企業等HP(外部リンク)
兵庫県立大学
鳥羽商船高専専門学校
株式会社アイエスイー
三重県農業研究所
TEL:0596-36-3805(株式会社アイエスイー)
info@ise-hp.com
5
マルチスペクトルカメラ搭載ドローンによる農作物生育状況解析ソリューション
 ドローンに搭載したマルチスペクトルカメラで空撮した撮影データから農作物の生育むらを発見、早期施肥によって生育のバラつきをなくし圃場収穫量の安定化を図ることが可能。またドローンによる害獣対策も可能 技術概要
企業等HP(外部リンク)
株式会社日立システムズ
ドローン・ロボティクス事業推進プロジェクト
TEL:03-5435-1059
hidemitsu.miyagawa.yo@hitachi-systems.com
6 最大3時間飛行可能なハイブリッドドローン”Aero Range” NEWアイコン  本ドローンはガソリンエンジンによる発電と、補助的あるいはエマージェンシー用として搭載するバッテリーからなるハイブリッドシステムで飛行することで上記問題を解決。積載物なしで最大約180分の飛行が可能。
 本ドローンの特徴は飛行可能時間の延長という普遍的な価値の付加であることから、全ての産業で既に使用中のドローンと置き換えることにより、長時間飛行のメリットを受けることが基本的に可能。
R元年10月~12月に行った岡山県和気町における総務省の実験では赤外線サーモカメラを搭載し、樹木などに遮られない場合においては地上からのモニタリングでヒトとイノシシの判別が可能なことを実証。
技術概要
(株)エアロジーラボ
TEL:072-722-3350
https://aerog-lab.com
Contact(お問い合わせフォーム)
support@aerog-lab.com
7 野生動物の天敵を活用した害獣忌避対策「境界守システム」 NEWアイコン  野生動物の侵入を防ぎたい範囲を囲ったパイプからスズメバチの飛翔音や体臭等を分配し、野生動物の侵入を防御するシステム。
 鉄道のシカ衝突防止、畜産飼料や食品製造工場等のネズミ対策、イノシシ対策等、何れの野生動物にも効果を発揮。
技術概要
添付資料1
添付資料2
添付資料3
添付資料4
企業等HP(外部リンク)
(株)はなはな/境界守本舗
TEL:084-983-2415
info@kyoukaimori.com



(オ)その他

・その他
  技術名・商品名等
概要
添付資料
参考URL等
お問い合わせ先
1
動物位置情報システム「ANIMAL MAP」
 ANIMAL MAPは、GPS首輪発信器GLT-02、GLT-03を取り付けた野生動物の位置情報を、PC、スマホ、タブレットPCから簡単に確認することが可能になる大変便利な動物位置情報システムです。
 調査したい地域へ設置した基地局で動物の位置情報を自動受信し、携帯電話網経由でクラウドサーバーにデータを転送して一括管理が可能な最新のIoTシステムです。
 たとえ受信範囲外に動物が移動してしまってもGPS情報は首輪に保存されているので、再度受信範囲内に戻れば基地局がデータを自動受信するため動物位置情報をもれなく表示することが可能です。
 これらの動物位置情報により動物の行動調査、鳥獣害対策にご活用いただけます。
技術概要
企業等HP(外部リンク)
株式会社サーキットデザイン営業部
TEL:0263-82-1024
animal@tracking21.jp
アシストスーツ「ARM-1D」
 ぶどうや梨のような棚栽培等での長時間、腕を上げての作業(誘引、受粉、摘果等)を軽労化するアシストスーツ 技術概要 株式会社クボタ農業ソリューション営業部国内推進グループ(担当田中久美子)
TEL:06-6648-3937
kbt_s.d201@kubota.com
3
園芸施設環境観測器プラントモニタ
 農業ハウス内の栽培環境(気温、湿度、飽差、CO2濃度、日射量等)を計測し、本体にロギング
 さまざまな端末でモニタリングできる=汎用
(ア)スマホやノートPCのWi-Fiで簡易モニタリングができる
(イ)有線LANで接続したPCでモニタリングできる
(ウ)施設園芸の共通規格UECSでのモニタリングやデータ活用ができる(クラウド対応可能)
(エ)FTPサーバ内蔵、UDP対応でクライアント機能のあるPLC等でデータ活用できる
技術概要1
技術概要2
企業等HP(外部リンク)
株式会社チノー山形事業所センサデバイス部農事開発課
TEL:023-607-2103
funakubo@yamagata-chino.co.jp
4 「agbee(アグビー)」  人の後ろを追従したり、自動走行する小型の運搬ロボットを用いることで、土づくりから収穫作業までの重量物運搬等による負担を軽減。
 運搬ロボットに草刈りユニットや防除機などを取り付けることで、1台で様々な仕事をこなすことが可能。
 また、運搬ロボットが収穫量を自動計測したり、別途設置する土壌センサから土壌の水分量等の情報を収集、記録したりすることで収穫量予測などを行い栽培管理の効率化を実現。
技術概要
企業等HP(外部リンク)
中西金属工業株式会社E事業室アグリイノベーションチーム
慶應義塾大学メディアデザイン研究科
TEL:06-6351-4832
nkc.agri@gmail.com
 

(6)収穫~出荷

(ア)収穫

・ GPSを活用した自動集荷車(誘導精度の高度化、走行車両のコンパクト化) 
  技術名・商品名等
概要
添付資料
参考URL等
お問い合わせ先
1
果樹・畑作におけるUGV(無人車輌)の活用  果樹や畑作において、防除や運搬、除草等を無人・自動(プログラム)走行・作業を行うことのできる、軽量コンパクトなUGV(無人車輌)。
オペレーターはスマートフォン等の機器のソフトから、走行路の計画や作業の指示を遠隔で実施することができ、簡単な作業での車輌運行が可能。
 ドローンや無人ヘリと連携する散布(作業)IoTシステムと連携でき、生育分析や病害虫検知、作業管理等が可能。
技術概要
ヤマハ発動機(株) ロボティクス事業部UMS統括部
企画戦略グループ
TEL:053-525-7309
ymc_ums@yamaha-motor.co.jp
2 「agbee(アグビー)」  人の後ろを追従したり、自動走行する小型の運搬ロボットを用いることで、土づくりから収穫作業までの重量物運搬等による負担を軽減します。
 運搬ロボットに草刈りユニットや防除機などを取り付けることで、1台で様々な仕事をこなすことが可能です。
 また、運搬ロボットが収穫量を自動計測したり、別途設置する土壌センサから土壌の水分量等の情報を収集、記録したりすることで収穫量予測などを行い栽培管理の効率化を実現します。
技術概要
企業等HP(外部リンク)
中西金属工業株式会社E事業室アグリイノベーションチーム
慶應義塾大学メディアデザイン研究科
TEL:06-6351-4832
nkc.agri@gmail.com
・安価なアシストスーツ(重量物運搬) 
  技術名・商品名等
概要
添付資料
参考URL等
お問い合わせ先
1
ウインチ型パワーアシスト
スーツ「WIN-1」
 リュックサック感覚で簡単に装着可能なアシストスーツ。
 コンテナ重量物(最大20kg)の運搬を行うときの重労働の省力化に役立つ。
技術概要 株式会社クボタ農業ソリューション営業部国内推進グループ(担当田中久美子)
TEL:06-6648-3937
kbt_s.d201@kubota.com
2
マッスルスーツ
 重量物運搬時の腰の負担を大幅に軽減できるパワーアシストスーツ。
 電源、センサーなどが不要なため、耐水性能が高く、軽量、また、着脱も非常に容易です。 
技術概要
企業等HP(外部リンク)
株式会社日立システムズ
ドローン・ロボティクス事業推進プロジェクト
TEL:03-5435-1059
hidemitsu.miyagawa.yo@
hitachi-systems.com
3 HAL®腰タイプ作業支援用  人が物を動かすときに脳から伝えられる生体電位信号をセンサーによって検知し、作業者の意思に従った動作をアシストする装着型ロボット。
  腰に装着することで、作業中に腰部にかかる負荷を最大40%低減し、腰痛を引き起こすリスクを減らす。
  本体重量はバッテリー含めて3kgと軽量、コンパクト
企業等HP(外部リンク) CYBERDYNE株式会社
TEL:029-869-8448
nakazawa_taishi@cyber
dyne.jp
 
・果樹の運搬が可能な重量物を運搬出来るドローン 
  技術名・商品名等
概要
添付資料
参考URL等
お問い合わせ先
(外部リンク含む)
1
大型ドローンを活用した運搬システム NEWアイコン 農業用トラクターやレール運搬などができない圃場において、大量の農産物や機材を運搬できる機器。
一度に40キロの重量物が運搬でき、傾斜地や狭い場しかない場でも、2人オペレーションでの離着陸、ホバリング状態での荷物取付・切り離しも安全に運搬することが可能。
農業に限らず、林業、建設業、防災対策など、運搬の事案に対応する大型機体。
技術概要
企業等HP1(外部リンク)
企業等HP2(外部リンク)
サイトテック(株)
TEL:0556-48-8378
http://www.saitotec.com/
drone@saitotec.com

・収穫した農産物を自動で運搬できるロボット
  技術名・商品名等
概要
添付資料
参考URL等
お問い合わせ先
(外部リンク含む)
1
汎用農作業支援ロボット NEWアイコン 生産おける運搬作業を軽減する移動ロボット。
約100kgの運搬能力と10時間稼働が可能。
人追従機能があり、収穫物などの運搬を補助
技術概要
企業等HP1(外部リンク)
企業等HP2(外部リンク)
(株)アイ・イート
TEL:028-662-3332
http://www.ieat-fresh.com
info@ieat-fresh.com

(イ)出荷

・画像認識やセンサーを用い、品質を落とすことなく農産物を検査する選果機 
  技術名・商品名等
概要
添付資料
参考URL等
お問い合わせ先
1
食べごろ予測サービス「coro-eye(ころあい)」 NEWアイコン 「coro-eye」は、難しい食べごろを分かりやすく可視化。
QRコードを読み取ることにより「食べごろお知らせサービス」を始めとする便利で楽しいサービスを提供。
客様が選んだ好みの食べごろの日に、「今日が食べごろです」とLINEでお知らせ。
技術概要1
技術概要2
企業等HP1(外部リンク)
企業等HP2(外部リンク)
(株)サトーソリューション事業統括部
佐渡(さわたり)宛て
090-9817-9804
shinichi.sawatari@sato-global.com


・輸出向けの冷蔵・冷凍保存技術の開発(コールドチェーン) 
  技術名・商品名等
概要
添付資料
参考URL等
お問い合わせ先
1
人工知能による青果物外観品質の客観的評価システム
 デジタルカメラで撮影したRGBカラー画像を人工知能(機械学習プログラム)に入力し、外観品質を評価値に基づいて客観的に判定。
 色彩選別、等階級選別の自動化、野菜収穫適期の客観的に判定することが可能。
技術概要 東京大学大学院農学生命科学研究科
TEL:03-5841-5361
amakino@mail.ecc.u-tokyo.ac.jp
 2 微細孔袋包装による野菜・果実の鮮度保持および高品質化
 野菜・果実を微細孔を有するプラスチック袋で密封包装貯蔵することにより呼吸を抑制し、鮮度保持期間を延長するとともに、有用成分を増強することにより、高品質化を図る。 技術概要 東京大学大学院農学生命科学研究科
TEL:03-5841-5361
amakino@mail.ecc.u-tokyo.ac.jp
3
透明透湿フィルム
 富士フイルム透明透湿フィルムは、非常に高い透過率を有しており、また他のフィルムにない透湿性や防滴性も併せ持つ高機能&環境配慮型バイオポリマーフィルム。
 これら特徴を活かして、「ハウス用資材(自然光をフル活用し光合成を効率よく行える、湿気を外に逃がし、病害リスクを低減するメリットを提供)」、「植物体の分画や覆いとして使用されるセパレーター」、「苗や花卉、観葉植物などの商品包装」などの材料として活用されることを期待。
技術概要1
技術概要2
富士フイルム株式会社高機能材料開発本部
TEL:03-6271-1857
hiroshi_haraoka@fujifilm.com
・鮮度保持を可能にする包装資材の開発
  技術名・商品名等
概要
添付資料
参考URL等
お問い合わせ先
1
人工知能による青果物外観品質の客観的評価システム
 デジタルカメラで撮影したRGBカラー画像を人工知能(機械学習プログラム)に入力し、外観品質を評価値に基づいて客観的に判定。
 色彩選別、等階級選別の自動化、野菜収穫適期の客観的に判定することが可能。
技術概要 東京大学大学院農学生命科学研究科
TEL:03-5841-5361
amakino@mail.ecc.u-tokyo.ac.jp
 2 微細孔袋包装による野菜・果実の鮮度保持および高品質化
 野菜・果実を微細孔を有するプラスチック袋で密封包装貯蔵することにより呼吸を抑制し、鮮度保持期間を延長するとともに、有用成分を増強することにより、高品質化を図る。 技術概要 東京大学大学院農学生命科学研究科
TEL:03-5841-5361
amakino@mail.ecc.u-tokyo.ac.jp
3
透明透湿フィルム
 富士フイルム透明透湿フィルムは、非常に高い透過率を有しており、また他のフィルムにない透湿性や防滴性も併せ持つ高機能&環境配慮型バイオポリマーフィルム。
 これら特徴を活かして、「ハウス用資材(自然光をフル活用し光合成を効率よく行える、湿気を外に逃がし、病害リスクを低減するメリットを提供)」、「植物体の分画や覆いとして使用されるセパレーター」、「苗や花卉、観葉植物などの商品包装」などの材料として活用されることを期待。
技術概要1
技術概要2
富士フイルム株式会社高機能材料開発本部
TEL:03-6271-1857
hiroshi_haraoka@fujifilm.com

・生産者と消費者を直接つなぐオンライン上の受発注・決済システム
  技術名・商品名等
概要
添付資料
参考URL等
お問い合わせ先
(外部リンク含む)
1
食農データ流通プラットフォーム「みどりマーケット」 NEWアイコン
みどりマーケットでは、生産者と実需者(消費者)がそれぞれの情報を流通できるプラットフォームを構築し、相互の情報流通を実現することで、生産者がより付加価値を高めて販売できるような農産物流通を実現。
みどりマーケットの取り組みの第一弾として、「営農支援アプリ」をリリース。
技術概要1
技術概要2
企業等HP(外部リンク)

株式会社セラク
みどりクラウド事業部
TEL:03-6851-4831
https://info.midori-cloud.net
info@midori-cloud.net


(エ)その他

・その他
  技術名・商品名等
概要
添付資料
参考URL等
お問い合わせ先
1
パワードウェアATOUN MODEL Y
 モーターによるアシストで持ち上げ/持ち下げ/中腰姿勢時の腰部負担を軽減
 人の動きに追随し、動作ごとに自動に的確なアシストを実現
 着脱が容易、軽量(4.5kg)、バッテリー駆動、防塵・防水対応(IP55相当)のため野外・屋内問わず、活動できます
 スリムな通気性確保した形状とファンスーツ併用可
技術概要
企業等HP(外部リンク)
株式会社ATOUN
TEL:0742-71-1878
r.miwa@atoun.co.jp
 2 1 会計freee・人事労務freee・開業freee・会社設立freeeなど

2 Agrion
1:クラウド(インターネットサービス)で利用ができる、会計/人事労務などの業務支援アプリケーション
2:クラウド(インターネットサービス)で利用ができる、農業事業者向けの農業日誌・チャットツール・販売管理などのアプリケーション

※両サービスを統合する新規製品のリリースに向けた連携・協業を進めています。
1 freee
技術概要1
技術概要2
企業等HP1(外部リンク)
企業等HP2(外部リンク)(近日公開)


2 Agrion
技術概要1
技術概要2
企業等HP1(外部リンク)
企業等HP2(外部リンク)
1:freee株式会社
TEL:080-8825-2890
agri@freee.co.jp

2:株式会社TrexEdge
TEL:03-5740-5766
info@trexedge.co.jp
3
小型光選果機
透過型光センサ搭載型の選果機
果実の品質等級選別による高付加価値化
糖度別選別、内部障害選別が可能
従来の小型選果機の3倍の選別能力
技術概要1
技術概要2

ヤンマーアグリジャパン(株)アグリプラント部
TEL:06-6376-6321
hisashi_nakagami@yanmar.com

(7)その他

(エ)労務管理

・樹園地毎の作業者の作業時間等をスマホなどで簡単に管理するシステム
  技術名・商品名等
概要
添付資料
参考URL等
お問い合わせ先
(外部リンク含む)
1
NEC 生産原価データ活用サービス NEWアイコン 日々の作業実績(人件費や使用した資材等)を記録することで、品目ごとの生産原価を見える化するサービス。
作業日誌データから人件費や材料コストを、収穫出荷データから売上や仕掛を算出。
正確な再生産価格を把握することで、健全な農業経営を支援。
技術概要
企業等HP(外部リンク)

NECソリューションイノベータ株式会社
スマートアグリサポートセンター
TEL:03-5569-3313
agri@nes.jp.nec.com
2 NEC 営農指導支援システム NEWアイコン 作物の生育目標に基づいた対策や指導により、高品質で安定的な農業生産を支援するサービス。
圃場の気象・環境、作物の生育状況、作業実績を管理・共有し、生産法人や産地全体での栽培管理に活用。
圃場状況地図表示、農薬散布の利用制限警告、生育・収穫への影響要因AI分析などの各種支援機能あり。
技術概要
企業等HP(外部リンク)
NECソリューションイノベータ株式会社
西日本支社第一グループ
TEL:082-512-1378
aff-einou@nes.jp.nec.com
3 スマホを活用した作業時間管理システム NEWアイコン ほ場内で作業する作業者の各作業内容毎の時間管理のシステムを開発。
本システムは、コンダクターとの連携も可能であり、それによりさらに栽培面から作業者の管理が可能。
各圃場、作業日、作業内容、作業者ごとに集計し、農業生産法人の勤務管理ステムとの連携も可能。
技術概要
企業等HP1(外部リンク)
企業等HP2(外部リンク)
(株)テヌート担当:杉田明光
TEL:080-7792-0116
FAX:03-6859-8401
http://www.tenuto.co.jp/

contact@tenuto.co.jp
4 農業用のクラウド勤怠管理「第一次産業ネット勤怠」 NEWアイコン 農家や農業法人の人材管理に関する諸業務について、クラウド型の勤怠管理システム(Web上アプリケーション)を提供することで、業務時間の大幅な圧縮、データの可視化を目指す。
現在は「勤怠管理」の機能を提供しており、従業員が個々人のスマートフォンで出退勤を打刻し、管理者は一括でデータを確認・出力することが可能。
打刻データは位置情報も記録することができるため、遠隔地の農場や出張先での打刻にも対応。
技術概要1
技術概要2
技術概要3
企業等HP(外部リンク)
(株)Life Lab技術部開発課
TEL:03-5544-8666
http://www.Life-Lab.co.jp/
info@life-lab.co.jp
 

(オ)その他

・その他
  技術名・商品名等
概要
添付資料
参考URL等
お問い合わせ先
1
パワードウェアATOUN MODEL Y
 モーターによるアシストで持ち上げ/持ち下げ/中腰姿勢時の腰部負担を軽減
 人の動きに追随し、動作ごとに自動に的確なアシストを実現
 着脱が容易、軽量(4.5kg)、バッテリー駆動、防塵・防水対応(IP55相当)のため野外・屋内問わず、活動できます
 スリムな通気性確保した形状とファンスーツ併用可
技術概要
企業等HP(外部リンク)
株式会社ATOUN
TEL:0742-71-1878
r.miwa@atoun.co.jp
 2 1 会計freee・人事労務freee・開業freee・会社設立freeeなど

2 Agrion
1:クラウド(インターネットサービス)で利用ができる、会計/人事労務などの業務支援アプリケーション
2:クラウド(インターネットサービス)で利用ができる、農業事業者向けの農業日誌・チャットツール・販売管理などのアプリケーション

※両サービスを統合する新規製品のリリースに向けた連携・協業を進めています。
1 freee
技術概要1
技術概要2
企業等HP1(外部リンク)
企業等HP2(外部リンク)(近日公開)


2 Agrion
技術概要1
技術概要2
企業等HP1(外部リンク)
企業等HP2(外部リンク)
1:freee株式会社
TEL:080-8825-2890
agri@freee.co.jp

2:株式会社TrexEdge
TEL:03-5740-5766
info@trexedge.co.jp
 3 マイクロ・ナノバブル発生装置Foamestシリーズ
 モノトランフィルムを用いた他に無い独自の発生方式を用いたマイクロナノバブルの発生装置です。他の発生方式と比較し、取り扱いが簡易で、大型の装置を必要とせず、比較的リーズナブルに導入が可能です。
 マイクロナノバブルを十分に含んだ水は浸透性に優れ、植物根への酸素供給や栄養吸収を促進します。結果として、根や茎の生育や耐病性の向上、ひいては収量の増加につながります。
 また、浸透力が高く酸素を多く含んだ水が土壌に入ることにより、豊かな土壌微生物相を形成します。また、ナノバブルは浮上する力が無いので、長期間水の中に滞在する事ができます。大型圃場であっても配管を通じて隅々までナノバブルの効果を波及させることが出来ることが特徴です。
技術概要1
技術概要2
技術概要3
技術概要4
企業等HP(外部リンク)
有限会社ナック販売
TEL:0575-24-5527
m-ito@nac-nmg.com
 4 廃熱発電システム(バイナリー発電)
 温水から電気を生み出すシステム。
剪定枝を燃料として再利用して温水と電気を創出。
 発電出力が10kWと小型であるため、収集量が少なく分散している場合に適合。
創出した電気は、周辺設備に給電もしくは収穫ロボットや電動集荷車などの動力として活用して作業環境を改善。
 温水は、周辺施設の加温や暖房などに利用可能。
技術概要 ヤンマーエネルギーシステム株式会社
ソリューション推進室技術開発部開発グループ
TEL:06-7636-2865
Taisuke_ono@yanmar.com

お問合せ先

大臣官房政策課

担当者:田島、川上、早瀬、粟野
代表:03-3502-8111(内線3088)
ダイヤルイン:03-3502-8448
FAX番号:03-3508-4080

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader