このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

つながる農業技術サイト(米)



 


~ご利用方法・ご利用上の注意~

上記のボタンから、該当する作業等を選択しクリックすると、その作業等におけるニーズの一覧に移動しますので、それぞれの「具体的なニーズの内容」ををクリックすると、それに対応する技術提案がご覧いただけます(リンクが張られてない「具体的なニーズの内容」については、現時点までに該当する技術提案がないものです。)。
掲載されている技術は、それぞれの「具体的なニーズの内容」に対応するものとして民間企業等から提案いただいたものです。詳細については当該企業等にお問い合わせください。また、当該技術の効果等を農林水産省が確認・認定等しているものではありませんので、ご承知おきください。
本サイトは、今後随時更新する予定です。                     

 

1 ニーズ一覧

 

(1) 全般

技術ニーズ
具体的なニーズの内容
センサー、
圃場管理
システム
 農業現場におけるデータを常時収集しつつ、蓄積したデータに基づいて、リアルタイムで作付のタイミングや肥料、農業資材などの必要量や作業員の割り付けをしてくれる圃場管理センサー及び管理システム
栽培支援システム  田植えや日や栽培条件等を品種別に設定することにより、年間の主要作業をカレンダーに自動プロットし、効率的な栽培体系や作業計画をシミュレートするシステム
機器開発等 各種のセンシング機器の受信機の規格の統一
 現場での使用に適した防水・防塵性能の高いスマホ等の端末
 音声により作業記録等を自動で行うシステム
その他
 その他

 


(2) 播種・育苗

技術ニーズ
具体的なニーズの内容
 種子消毒
 気温10℃以下でも効果の下がらない消毒剤
育苗ハウス  低価格で、丈夫な構造の育苗ハウス
直播関連技術  汎用性のある乾田直播き用ドリルシーダー
 ドローンで播種できるよう、軽くて、発芽率の高い直播用の種子コーティング技術
その他
その他
 

(3) 田植え

技術ニーズ
具体的なニーズの内容
畦塗り  スピード性能が向上した効率的な畦塗機 
 
レベラーや
水平を保つ
ロータリー等


 代掻き時に同時に均平化を行うことができ、各農業者が同時に使用しても混信しないレーザーレベラー
 GPSレベラー(レーザーより高精度かつ混信を生じない)の低価格化の実現
 牽引するトラクターが傾いても、水平を保つロータリー等
 耕起や代掻きと同時に土壌分析が可能なロータリー
 既存の機械にも取り付け可能な、汎用性のあるGPSガイダンスモニター
土づくりの
技術体系の
整理
 寒冷地でも効果を発揮できる有機肥料
田植機  ホバークラフトの技術を活用などにより、湿田でも作業が可能な田植機
 直進キープ機能を有した自動田植機
その他
 その他
 

(4) 除草

技術ニーズ
具体的なニーズの内容
草刈り機

 顔認証機能を応用することにより、イネとその他雑草を判別できる草刈り機や防除管理機
 有機栽培では除草に大きな労力を要するため、これを改善するための無人自動除草機
 畦畔などの草の多いところを無人で除草するロボット
 合鴨の代わりになる自動ロボット(土の攪拌、除草、害虫駆除)
 除草もでき、大豆や野菜栽培にも使うことが可能な汎用性のある中間管理機
中山間の急傾斜地でも稼働する除草ロボット
直播関連
 土面が露出しても、効果の残る除草剤 
 湛水直播き用除草技術
 鉄コーティング種子に箱粒剤のように稲用殺虫殺菌効果を持たせることで、直播特有の除草剤使用量が過多となる状況を抑制できる技術
追加防除  田植え後20~40日間、ほ場をセンシングし、追加防除の要否を判断するシステム
その他
 その他

 

(5) 施肥

技術ニーズ
具体的なニーズの内容
 一発肥料
 投入後、適切な時に肥効を発揮するよう、スタート剤などで効果をコントロールできる製品
 投入後、どの程度溶出が進んでいるかを確認できる簡易メーター等
 色を付ける等により、どこまで到達したか分かる流し込み肥料 
センサー、
可変施肥機
 収穫と同時に土壌成分を分析し、そのデータに基づいた施肥が可能な機器
 土壌センサーにより成分分析し、そのデータに基づき液体の窒素肥料を土中に投入可能な、小型かつ低価格な可変施肥機
 土壌を簡易に計測して施肥設計を行うことができるシステム
ドローン、
無人ヘリ
 稲の生育状況を生理解析できる機能を持つドローン
 60kg程度の肥料散布ができる、低価格な無人ヘリの開発
 粒剤、液剤のどちらにも対応した施肥が可能なドローン
 座標設定を簡単にできるドローン
 長時間にわたって飛行し、1フライトで大面積の施肥が可能なドローン
その他
 その他
 

(6) 水管理

技術ニーズ
具体的なニーズの内容
センサー  安価かつ通信キャリアが不要で耐久性が高く、ランニングコストを抑えられる水管理センサー
水位管理  水管理センサーと連動し、自動で取水口を開閉できる装置
 センサーを用いずに設定した水位を超えると、水門を閉じる、シンプルな技術
ドローン  水田の水の有無や大まかな水位を把握できるドローンでのセンシング技術
疎水材  暗渠排水に使う、半永久的に使用できる疎水材
その他
 その他
 

(7) 防除

技術ニーズ
具体的なニーズの内容
ドローン  ピンポイント散布や、ドリフトをなるべく抑制し、自律飛行できる多機能ドローン
 一度の飛行で、1haの圃場全体に農薬散布が可能となり、かつ軽トラで運搬可能なサイズのドローン
 長時間にわたって飛行し、1フライトで大面積の農薬散布が可能なドローン
ジャンボ
タニシ対策
 効果が高く低価格の農薬
直播用
防除剤
 生育前半の防除(カメムシ等)が1回で済む、箱剤と同等の効果のある防除剤
その他
 その他

 

(8) 収穫~出荷

技術ニーズ
具体的なニーズの内容
 コンバイン
 大規模化に伴い、籾運搬に要する時間が増大することから、コンバインに追従し、籾が満タンになったら自動でトラック等に排出する圃場内運搬車
 自動で走行や刈り取りが可能なコンバイン
 収穫後のワラの腐植を促進する、臭いの少ない促進剤(石灰窒素以外) 
 複数品種の栽培を行う場合のコンタミ防止のため、分解・清掃が容易に行える機種
乾燥
 清掃作業を軽減できる乾燥機
 大量に出る籾殻を固形燃料化し、それを使用した化石燃料に頼らない乾燥機
 安価で容量の大きい乾燥装置
調整・保管時の対応
 米の品質は調製・保管時の水分コントロールで決まることから、これを適切に管理することができる保存技術
米の検査
 誰でも簡単にできる安価な米の検査機械
直接販売  生産者と消費者を直接つなぐオンライン上の受発注・決済システム
その他  その他
 

(9) その他

技術ニーズ
具体的なニーズの内容
バイオマス
発電
 籾殻を活用した発電機器
作業委託  農作業の代行業者(ドローンによる農薬散布の代行等)のマッチングシステム
 繁忙期の短期労働者(パート、アルバイト等)のマッチングシステム
労務管理  ほ場毎の作業者の作業時間等をスマホなどで簡単に管理するシステム
その他
 その他

 

 

2 技術提案一覧

(1)全般

(ア)センサー、圃場管理システム

・農業現場におけるデータを常時収集しつつ、蓄積したデータに基づいて、リアルタイムで作付のタイミングや肥料、農業資材などの必要量や作業員の割り付けをしてくれる圃場管理センサー及び管理システム 
  技術名・商品名等
概要
添付資料
参考URL等
お問い合わせ先
1
土壌センサ、製品名MJ1011 地中環境情報をモニタリングする土壌センサ。PH、EC、地温を計測。 技術概要
企業等HP1(外部リンク)
企業等HP2(外部リンク)
ラピスセミコンダクタ(株)
TEL:045-476-9212
問い合わせフォーム(外部リンク)
2
 Digital Farming 電子計算機のプログラムの設計・作成又は保守、受託によるWebサイトにおける情報インデックスの作成及び設計、気象情報の提供、情報技術に関する助言 技術概要
企業等HP(外部リンク)
有人宇宙システム株式会社企画・営業部営業課
TEL:03-3211-2060
jamss-sales@jamss.co.jp
3
 ビーコンを使った「コト消費」の促進 ビーコンの通信手段を用いたデータ収集機能や発信機能を活用し、実際にその場所に赴くことで情報を得られるシステム構築とその提供。
ビーコン情報による各種ログデータの蓄積を通じて、適切なガイドを行うことで生産コストを低減。
消費者に生産地へ足を運んでもらう動機を提供することで、「コト消費」を促進し、生産地の活性化が可能。
技術概要 小泉製麻株式会社
TEL:03-5227-5325
takahata@koizumi-jm.jp
4 アグリプロ道システム 作付け品種別圃場への熟練者運行ルートノウハウを端末が自動で記録しデータ化。
米の品種別による飛び地圃場、作業時期が異なる運行ルートを端末がガイド。
地図に道路情報がない経路でも出発圃場から到着圃場へのルートを「区間プロ道」で表示。往復路が重なった経路でも迷わず最短の移動時間が可能。
圃場地番号、委託者名、米の品種、実施作業内容等の情報を端末に表示できる。
PC管理ソフトで経路を事前に作成することが可能。
PC管理ソフトの地図上で管理圃場毎の作付け品種や作業区分を色別に表示が可能。
事前打ち合わせの時間と地図印刷の経費が節減可能。
担い手不足対策の新人育成や外部応援の農機運用を端末がサポート。
技術概要 株式会社アヴァス技術部
TEL:076-407-4187
kaz@avance-eng.co.jp
5  作物生育支援システム「ライススキャン」  「ライススキャン」システムは水稲などの作物の葉色を専用カメラデバイスとスマートフォンなどの携帯端末を使って簡易に測定することで生育支援を行うサービス。簡易に安定した葉色測定ができると同時に測定結果が自動保存されるので手入力が不要。また、パソコンや携帯端末から測定データの表示・分析が可能、「データの見える化」「共有化」により適切な施肥管理・生育診断をサポート。水稲の他、野菜。果樹などの葉色測定にも対応。 技術概要
企業等HP(外部リンク)
マクセル株式会社経営戦略部
TEL:03-6407-2938
ricescan@maxell.co.jp
(ア) 環境値測定機、センサーノード「i-Node」・各種センサー
(イ) 測定データ中継機、ゲートウェイ「i-Gateway」
(ウ) 環境モニタリングクラウドシステム「web-Watcher®」
圃場の気温・湿度・土壌環境等をセンサーで定期計測し、集約・蓄積。
環境データや圃場のカメラ映像は、スマートフォン等のモバイル端末で参照可能。
生育環境の調整や生育ステージ予測に利用でき、異常が検出された際に「予告」「警告」メールで通知。
作業記録を簡単に登録でき、GAP 認証取得、トレーサビリティに役立つ帳票が作成可能。
異なる圃場の環境データや作業履歴を解析し、品質の向上、安定した収量、収量増加を実現。
技術概要1
技術概要2
株式会社NPシステム開発IoT事業部
TEL:089-924-7817
post@npsystem.co.jp
 7 ドローンと連携した散布管理
IoTシステム
ドローンでのセンシングから無人ヘリと連動した散布までの作業を管理するIoTシステム。
ドローン等を使った圃場センシングを数日~数週間単位で実施し、その結果に応じて、薬剤散布、追肥等を産業用ドローンを用いて行うことで、収穫量のアップや生産コストの低減、圃場の状況チェック作業の軽減等に寄与。
センシングによる生育分析や病害虫検知のサービスとの連携し、情報をシステム上で管理することで、精度の高い散布が可能。
技術概要1
技術概要2
ヤマハ発動機(株) ロボティクス事業部UMS統括部
企画戦略グループ
TEL:053-525-7309
ymc_ums@yamaha-motor.
co.jp

 8 無人ヘリと連携した散布管理
IoTシステム
無人ヘリ散布の散布計画や作業を管理するIoTシステム。
散布計画の立案簡易化、散布作業の効率化、作業管理(薬剤種類管理、散布量管理等)の簡易化・効率化を行い、農家の作業軽減と散布自体のコスト低減に寄与。
センシングによる生育分析や病害虫検知のサービスとの連携し、情報をシステム上で管理することで、精度の高い散布が可能。
技術概要1
技術概要2
ヤマハ発動機(株) ロボティクス事業部UMS統括部
企画戦略グループ
TEL:053-525-7309
ymc_ums@yamaha-motor.
co.jp

9 1 会計freee・人事労務freee・開業freee・会社設立freeeなど

2 Agrion
1:クラウド(インターネットサービス)で利用ができる、会計/人事労務などの業務支援アプリケーション
2:クラウド(インターネットサービス)で利用ができる、農業事業者向けの農業日誌・チャットツール・販売管理などのアプリケーション

両サービスを統合する新規製品のリリースに向けた連携・協業を進めています。
1:freee
技術概要1
技術概要2
企業等HP1(外部リンク)
企業等HP2(外部リンク)(近日公開予定)

2:Agrion
技術概要1
技術概要2
企業等HP1(外部リンク)
企業等HP2(外部リンク)
1:freee株式会社
TEL:080-8825-2890
agri@freee.co.jp

2:株式会社TrexEdge
TEL:03-5740-5766
info@trexedge.co.jp
10 葉色解析クラウドサービス「いろは」
農薬散布ドローン「はかせ」(機体単体名X-F1)
ドローン地形測量サービス「くみき」
葉色解析サービス「いろは」はドローンで取得した画像をクラウド上に記録、見回り作業の効率化を図り、圃場や作物の異常、生育ムラ等も見える化。10L対応の防水対応農薬散布ドローン「はかせ」と連携し、除草剤をピンポイント散布する適所散布も可。
クラウドサービス「くみき」は、ドローンで撮影された画像から農地のオルソ画像・高低差マップ(DSM)・3D点群データを自動生成します。Web 上で使用出来る計測ツールにより、均平作業前後の農地の高低差調査や作付面積の把握等に利用可。
いろは
企業等HP(外部リンク)

はかせ
企業等HP(外部リンク)

くみき
企業等HP(外部リンク)
株式会社スカイマティクス
TEL:03-6262-6360
takuma.date@skymatix.
co.jp

11  KSAS対応インプルメント KSAS対応食味・収量センサ付きコンバインのデータを基に立てた施肥計画に対応した施肥を実施。
車速に増減に関わらず計画通りの資材を圃場に投入することで、資材コストの削減、資材散布の均一化が可能。
技術概要
企業等HP(外部リンク)
株式会社クボタ農業ソリューション営業部国内推進グループ
(担当田中久美子)
TEL:06-6648-3937
kbt_s.d201@kubota.com
12 クボタスマートアグリシステム食味・収量メッシュマップ 圃場内のタンパク値・収量のムラをメッシュ(格子)状に把握。
圃場内の地力や圃場特有の課題を見える化し、施肥改善や土壌改善をより細かく行うことが可能。
技術概要 株式会社クボタ農機国内営業部(担当森、名越)
TEL:06-6648-3938
kbt_s.b780@kubota.com
13 クボタスマートアグリシステム(KSAS) 農業機械に無線LAN等を搭載し、ほ場ごとの収量・タンパク含有率・水分等に関するデータを収穫と同時に収集、活用することにより、効率的な栽培体系、高品質・高収量化を実現
作業履歴やほ場ごとの収量・品質を集計し、分析することで作業効率の向上やコスト低減に資する
機械の稼働情報に基づき、適切なメンテナンスを行うことで故障を未然に防ぎ、作業ロスを最小化
技術概要
企業等HP(外部リンク)
株式会社クボタ農機国内営業部(担当森、名越)
TEL:06-6648-3938
kbt_s.b780@kubota.com
14 クボタスマートアグリシステム(KSAS)対応農機 KSASシステムと通信することで、作物の品質・収量の向上と機械の順調稼働をサポート。
圃場単位で水分・タンパク・収量を計測するコンバインや施肥量電動調量ユニットを搭載し肥料計画に基づく施肥が行える田植機、車速連動インプルメントを装着したトラクタなどがある。
技術概要
企業等HP(外部リンク)
株式会社クボタ農機国内営業部(担当森、名越)
TEL:06-6648-3938
kbt_s.b780@kubota.com
15 ドローンリモートセンシングによる生育把握 ドローンとマルチスペクトルカメラを用いた空撮画像から、生育ステージに応じた生育マップを生成し、迅速に作業判断が可能。
生育ムラに応じた可変施肥による収量・食味の安定化や、生育異常(病害虫被害・雑草)の広域的把握に寄与。
技術概要 株式会社クボタ研究開発統括部(担当吉野大輔)
TEL:06-6648-2499
daisuke.yoshino@kubota.
com

16 食味・収量メッシュマップコンバイン
「WRH1200-PF-MAP」
WRH1200A-PF-MAP(自動運転アシスト機能付き)
こく粒流量センサと食味センサにより、圃場内の収量・タンパク含有率・水分情報を連続的に測定。
コンバインに搭載した直接通信ユニットを介して、位置情報に紐づけられた食味・収量情報をKSASサーバに送信し、細分化されたメッシュで見える化。
これにより、効率的な栽培体系、高品質・高収量化を実現。
技術概要  株式会社クボタ農機国内営業部(担当森、名越)
TEL:06-6648-3938
kbt_s.b780@kubota.com
17 管理者/生産者連携を支援する営農情報管理プラットフォーム 農業管理の現場で鍛えられた「運用できる」営農管理システムを提供します。
(1)生産者が「確実に」情報を登録するための仕組みを提供
(2)管理者が「正確に」情報を把握するための仕組みを提供
(3)生産者自身がITを現場で活用するための教育プログラムを提供
技術概要1
技術概要2
株式会社日立ソリューションズ東日本
TEL:044-271-1022
koichi.oe.tu@hitachi-solutions.com
18
農業向けIoTセンサー情報管理プラットフォーム 土地管理型(稲作や園芸作物)農業において、農地を適切に管理したい管理者向けのIoTセンサー+地図情報管理プラットフォーム 技術概要1
技術概要2

株式会社日立ソリューションズ東日本
TEL:044-271-1022
koichi.oe.tu@hitachi-solutions.com
19  e-kakashi(いいかかし)、
e-kakashi Ai(あい)、
e-kakashi Tetori(てとり)
圃場における環境データをセンサーによって常時収集※し、結果をグラフ表示するだけでなく、収集データを踏まえ、植物科学の知見を組み込んだAIが、生育ステージにあった適切な作業を事前に提案するほか、収穫適期などのアドバイスや予測を提案する栽培ナビゲーションサービスである「e-kakashi」(イーカカシ)を展開。

※920M 無線通信(IEEE802.15.4g/e)、3G/4G 無線通信(FDD-LTE/AXGP/HSPA/W-CDMA)が使用できる環境下に限る。
技術概要
企業等HP(外部リンク)
ソフトバンク株式会社
e-kakashi推進課
TEL:080-3584-0569
ek@pssol.jp
20 気象予測に基づく水稲栽培支援アプリケーション 気象ジェネレータと作物モデルの融合  技術概要 ListenField株式会社、中部大学
TEL:0568-51-1111
Info@listenfield.com  
21 イオン水生成装置「フィールドマイスターIoT 1.0」  自然エネルギーのみで遠隔から用水をイオン化。
環境データを収集、分析による肥培管理の最適化及び収穫時期予測するとともに、電子バルブとの連携により、圃場水位をcm単位で制御。 
技術概要1
技術概要2
企業等HP(外部リンク)
ハイパーアグリ株式会社
TEL:03-5413-7417
info@hyper-agri.com
22 ICTを活用した圃場-土地改良施設施設連携型水管理制御システム
(呼称 iDAS(アイダス)) 
圃場とポンプ場、分水工との連携による流量・圧力の制御や給水栓の最適開度設定により、効率的な水配分と大幅な省エネ・節水が可能。
用水の適正供給とこれによる配水施設(例:ポンプ場)の経費軽減、水管理主体(土地改良区など)の水管理労力を軽減。
畑地かんがい施設の遠隔監視による、水管理主体(土地改良区など)の水管理労力を軽減。
技術概要 農研機構広報課
TEL:029-838-8988
問い合わせフォーム(外部リンク)
23 農業日誌・圃場管理ツールagrinote(アグリノート) 航空写真マップを活用した圃場管理・農作業支援システム。
記録をデータとして管理・蓄積することにより、知識や技術の伝達、組織内の情報共有ツールとして活用するとともに、各種農業用センサと連携し、データ閲覧が可能。
圃場毎の作業記録を自動集計し、収穫量や出荷販売実績を管理することで、作付・圃場毎の収支分析、作付計画の立案をサポート。
作物の生育推移や外部環境情報、栽培実績を集計することで、栽培プロセスの最適化を実現。
技術概要 ウォーターセル株式会社アグリノート・サポートチーム
TEL:025-282-7368
note_info@agri-note.jp
24 園芸施設環境観測器プラントモニタ  農業ハウス内の栽培環境(気温、湿度、飽差、CO2濃度、日射量等)を計測し、本体にロギング
さまざまな端末でモニタリングできる=汎用
(ア)スマホやノートPCのWi-Fiで簡易モニタリングができる
(イ)有線LANで接続したPCでモニタリングできる
(ウ)施設園芸の共通規格UECSでのモニタリングやデータ活用ができる(クラウド対応可能)
(エ)FTPサーバ内蔵、UDP対応でクライアント機能のあるPLC等でデータ活用できる 
技術概要1
技術概要2
企業等HP(外部リンク)
株式会社チノー山形事業所センサデバイス部農事開発課
TEL:023-607-2103
funakubo@yamagata-chino.co.jp 
25 マルチスペクトルカメラ搭載ドローンによる農作物生育状況解析ソリューション ドローンに搭載したマルチスペクトルカメラで空撮した撮影データから農作物の生育むらを発見、早期施肥によって生育のバラつきをなくし圃場収穫量の安定化を図ることが可能。またドローンによる害獣対策も可能 技術概要
企業等HP(外部リンク)
株式会社日立システムズ
ドローン・ロボティクス事業推進プロジェクト
TEL:03-5435-1059
hidemitsu.miyagawa.yo@
hitachi-systems.com

26 inamo 小型軽量かつ、自己発電により電池不要で耐久性が高くメンテナンス不要長距離無線センサネットワーク「tukumoシステム」を開発。離れた場所で一目で状況がわかるシンプルなデータ表示。作物や管理すべき対象、管理すべき環境について、遠隔監視を手軽にシンプルに低コストで実現可能。
 水田の水位監視として応用した「inamo」では水位の異常をスマートフォンで監視可能。水位状況は青・黄・赤 三段階でわかりやすく表示され、見回るべき場所を一目で判別可能。水位のみならず、温度、水温、湿度、照度、EC、他など測定可能。
技術概要
企業等HP(外部リンク)
株式会社AmaterZ
TEL:03-6455-6884
info@amaterz.com
27 ギガらくWi-Fi IoTサポートオプション農業タイプ/eセンシングFor アグリ NEWアイコン IoTセンサーで「温度」・「湿度」・「照度」・「CO2」・「土壌水分」・「土壌温度」等を測定可能。
事前に設定した閾値(異常検知パラメータ)を基準に異常を検知したら、メールで通知。
スマートフォンやPC等で、測定した環境情報やハウス内の映像を遠隔からでもリアルタイムで確認が可能。
利用方法や設定変更、トラブル時の対応等のサポートまでパッケージ化。取得したデータをもとにした
簡易レポートも月次で発行可能。
技術概要
東日本電信電話(株)ビジネス開発本部第三部門IoTサービス推進担当
TEL:03-5359-7990
iot-order-ml@east.ntt.co.jp
28 携帯型土壌分析計「AQ SCOPE Soil」 NEWアイコン
圃場の現場で土壌成分の分析を行う、RGB-LEDを応用した電池駆動の携帯型分光光度計。
作物の育成に重要なりん酸成分と硝酸成分を、圃場
圃場の現場で土壌成分の分析を行う、RGB-LEDを応用した電池駆動の携帯型分光光度計。
作物の育成に重要なりん酸成分と硝酸成分を、圃場で採取した生土で分析評価し、養分の偏りなどを把握。
スマートフォンの専用アプリで、土壌採取場所の位置情報と分析データの保存確認、データはネットワーク経由で弊社サーバーにて管理。
分析前に電池残量の確認と自動校正を実施、面倒な検量線作成作業は不要。で採取した生土で分析評価し、養分の偏りなどを把握。
技術概要1
技術概要2
技術概要3
企業等HP(外部リンク)

株式会社アイ・クエスト
TEL:03-6384-7384
http://www.ai-quest.jp/
biz-info@ai-quest.jp

 

(イ)栽培支援システム

・田植え日や栽培条件等を品種別に設定することにより、年間の主要作業をカレンダーに自動プロットし、効率的な栽培体系や作業計画をシミュレートするシステム
  技術名・商品名等
概要
添付資料
参考URL等
お問い合わせ先
1
NFCタグを利用した営農支援システム
「未来ファームMINORI」 NEWアイコン
圃場にNFC電子タグ付きの看板を設置し、スマホでタグをタッチするだけで即座に圃場を確実に把握可能。作業内容も電子タグにより認識可能(※NFC電子ダグとは、JRのSuicaと同様)。圃場で迷わない、作業を絶対に間違えない営農支援システムを開発。
本システムは、圃場単位に田植え日や栽培条件等を品種別に設定することにより、年間の主要作業内容をカレンダーに自動プロットされ、効率的な栽培体系や作業計画をシミュレート。
技術概要1
技術概要2
企業等HP1(外部リンク)
企業等HP2(外部リンク)
上越ICT事業協同組合
TEL:025-526-4718
https://joetsu-ict.net/
Info@itsoft.jp
2
ISEKIアグリサポートと営農支援ツール「アグリノート」の連携 NEWアイコン 航空写真を活用した農場地図の作成や日々の農作業予定・実績等の記録を通した営農活動の振り返りが行える営農支援ツール「アグリノート(ウォーターセル社)」へ、アグリサポート対応の機械情報をデータ転送可能。
アグリノートを中心として、他業種の先端技術を組み合わせた管理が可能。
技術概要
企業等HP(外部リンク)
井関農機株式会社
販売企画推進部
TEL:03-5604-7612
http://www.iseki.co.jp/
H-nouki@iseki.co.jp

 

(ウ)機器開発等

・各種のセンシング機器の受信機の規格の統一
  技術名・商品名等
概要
添付資料
参考URL等
お問い合わせ先
1
無線送受信技術を用いた光合成効率促進装置「コンダクター」NEWアイコン 光合成効率促進装置「コンダクター:TNCS-5000」は、10カ所のエリアを個別独立制御可能。
各エリア毎に40カ所程度のセンサが設置可能。
点在するハウスを一つの制御盤で測定、制御が可能になり、設備コストを低減できる。
大規模な連棟ハウス等での長距離ケーブル施設が不要になり、工事費用が低減可能。
無線規格を統一する事で、各種センサ、制御周波数帯の電波混信を防ぐ事が可能。

技術概要1
技術概要2
技術概要3
企業等HP1(外部リンク)
企業等HP2(外部リンク)
(株)テヌート 担当:
杉田明光
TEL:080-7792-0116
FAX:03-6859-8401 http://www.tenuto.co.jp
/contact@tenuto.co.jp
2 農業分野に最適なLoRaWAN®無線通信ソリューション NEWアイコン  LoRaWAN®は、低消費電力かつ長距離通信を特徴とする無線通信技術(LPWA)で、免許が不要な920MHz帯を利用することで、誰でも手軽に利用が可能。最大で10km以上の通信距離を確保できるほか、省電力性に優れ、乾電池で数年動くセンサーが開発されるなど、農業分野に適した無線通信技術。今回LoRaWAN®の導入コスト削減や、運用負荷を軽減するため独自の機能拡張を施したkiwi technology社製LoRaWAN®ゲートウェイ機器を提供。
LoRaWAN®による相互接続性と拡張性:LoRaWAN®認証取得済みの各種センサー機器の通信を同一の基地局に統合。環境計測、GPS、水位計測など既存センサーが多数利用可。通信モジュールを用いて独自機器を開発することもできる。
技術概要1
技術概要2
企業等HP(外部リンク)
(株)インターネットイニシアティブ
IoTビジネス事業部齋藤、寺井、蓑田
TEL:03-5205-6765
http://www.iij.ad.jp/
agri-info@iij.ad.jp



(エ)その他

・その他
  技術名・商品名等
概要
添付資料
参考URL等
お問い合わせ先
1
NEC GAP認証支援サービス 農業生産活動に伴うさまざまな情報を、GAPの「点検項目」に関連付けて整理するシステム。
国内外にあるさまざまなGAP規範をサポートしており、生産者の負担軽減を図り、農業生産活動とGAP認証・改善活動の両立を支援。
技術概要 NECソリューションイノベータ株式会社
スマートアグリ事業推進本部
TEL:03-5534-2687
gap@nes.jp.nec.com
2
パワーアシストスーツ  パワーアシストスーツは、装着者の動作を補助し、負担を軽減するロボット。
【1】収穫コンテナ等重量物の持ち上げ・下げ時の腰の負担を軽減。
【2】長時間の整地・施肥・雑草除去・収穫などでの中腰作業の姿勢保持の負担を軽減。
【3】傾斜地や重量物運搬での歩行の負担を軽減。
技術概要1
技術概要2
企業等HP(外部リンク)
パワーアシストインターナショナル株式会社
TEL:080-4091-8172
eyagi@pai.co.jp
eyagi@sys.wakayama
-u.ac.jp

3
NEC GIS農地面積測量サービス  ドローン測量画像と、地理情報システム(GIS)を組み合わせた、どこでも農地の状況を参照可能なシステム。生育状況や病害虫の確認や作柄確認に利用可能。産地全体の放任園地の確認や、園地の集積、園地の設計にも活用が可能 技術概要1
技術概要2
企業等HP(外部リンク)
 
NECソリューションイノベータ営業統括本部四国営業部
TEL:089-934-7808
veryfruit@nes.jp.nec.com
4 HalexSmile!(気象情報サービス) 任意地点の気象情報を閲覧可能な気象WEBサービス(ピンポイントのアラートサービス付)。上空の風の傾向も閲覧できるのでドローン作業にも活用可能。過去データオプションを使えば、自分の圃場ピンポイントの過去データ(推定実況値)もご利用可能。 技術概要 株式会社ハレックス
ビジネスソリューション事業部営業部営業課
TEL:03-5420-4313
info_weather278@halex.jp
5 農業ブルドーザ ブルドーザの農業利用技術(均平、耕起、代かき、V溝直播)及び建設業との連携利用による機械コストの低減 技術概要1
技術概要2
コマツ粟津工場改革室
TEL:0761-43-4718
nobuhiro_takehara@global.
komatsu

6 スマートアシストリモート 機械に搭載された通信端末とGPSで稼働情報を収集し、作業効率の向上に役立つ。
電子化したほ場ごとの作付状況や作業日報、農薬・肥料の履歴が記録でき、次年度の計画に活用が可能。
情報支援機能付きコンバインとの連携で、ほ場毎の収量データを記録し、次年度の施肥設計に役立てる事が可能。
記録を活用することで、ASIAGAP/JGAP認証取得に向けたサポートができる日本GAP協会推奨システム
技術概要1
技術概要2
企業等HP(外部リンク)
ヤンマーアグリジャパン(株)農機推進部
TEL:06-6376-6264
yosuke_abe@yanmar.com
7 トラクタと作業機の相互通信システム トラクタと作業機間で互いの情報を相互に通信し、高精度・高能率作業さらに省力化を実現。
車速にあわせた自動制御機能による高精度作業で資材コスト低減。
国産作業機はAG-PORT、輸入作業機はISOBUSに対応。
技術概要1
技術概要2
ヤンマーアグリジャパン(株)農機推進部
TEL:06-6376-6264
yosuke_abe@yanmar.com
8 作物のゲノム情報を活用したDNAマーカー選抜育種 ゲノム研究で明らかになった作物の有用特性(耐病虫性、環境ストレス耐性、収量、品質等)の有無を判別できるDNAマーカーを用いることにより、育種年限の短縮、育種効率の向上を通じ品種開発にかかるトータルコストの削減を実現する技術。水稲・麦類・ダイズにおける品種育成に利用されています。育成される系統・品種を栽培することにより、生産コストの低減、農産物の品質向上、農作業の省力化等が見込まれる。
 農研機構では、共同研究や共同での品種育成を通じて、公設試・民間企業におけるDNAマーカーを活用した品種開発を支援。
技術概要 農研機構広報課
TEL:029-838-8988
問い合わせフォーム(外部リンク)
9 1kmメッシュ農業気象データ提供システム 農業に関する気温や日射量などの1km四方ごとの気象データを提供するシステム。
最長26日先の予報値を含むデータは毎日更新され、栽培中の作物の発育予測や、病虫害発生の警戒、温暖化影響評価など、農業分野で幅広く活用。水稲生育診断・生育予測、作況解析や最適作期策定、露地野菜の生育予測、果樹園地の気象把握、害虫の発生予測・分布推定などに利用可能。
技術概要 農研機構広報課
TEL:029-838-8988
問い合わせフォーム(外部リンク)
10 1kmメッシュ農業気象データ版イネ稲こうじ病の薬剤散布適期判定システム 地図上で圃場を登録し、薬剤散布に必要な品種、イネの移植日、土壌菌量等を登録すると散布適期に電子メールが配信。
個々の農家だけでなく、広域予測にも利用可能。
技術概要 農研機構広報課
TEL:029-838-8988
問い合わせフォーム(外部リンク)
11 ドローンを用いたほ場計測マニュアル 市販のドローンを用いて、ほ場の凹凸を計測する方法を解説したマニュアル。
本マニュアルは、地震被災農地の凹凸の程度や、ほ場のどこに水が溜まりやすいか等の把握に利用。
観測セットはドローン10~20万円、市販ソフト等約50万円で揃えることができ、可搬性、機動性に優れることから、災害発生に対応するとともに、平時においてはほ場の地表面比高情報に基づいた精密農業等が可能。
技術概要 農研機構広報課
TEL:029-838-8988
問い合わせフォーム(外部リンク)
12 小規模土地改良区でも導入できる水利施設管理台帳システム 施設の位置情報や諸元、管理方法などの情報を日々収集し整理する技術。
施設管理に関する情報をデータベース化することで、施設の日常管理に役立てたり、ゲリラ豪雨などの災害履歴や操作方法の注意点の申し送りに使ったりすることが可能。
施設の更新・補修履歴を参照することができるため、次期の更新・補修計画の策定に活用可能
技術概要 農研機構広報課
TEL:029-838-8988
問い合わせフォーム(外部リンク)
13 日本土壌インベントリーとe-土壌図2 日本全国の土壌の種類や分布がわかる「全国デジタル土壌図」を作成し、「農耕地土壌図(従来版を改良)」とあわせてウェブ提供。
土壌図はスマートフォンでも利用可能。
栽培に適した作物・品種の選定、適切な施肥や薬剤散布等のための基本情報として広く利用可能。
技術概要 農研機構広報課
TEL:029-838-8988
問い合わせフォーム(外部リンク)
14  園芸施設環境観測器プラントモニタ   農業ハウス内の栽培環境(気温、湿度、飽差、CO2濃度、日射量等)を計測し、本体にロギング
さまざまな端末でモニタリングできる=汎用
(ア)スマホやノートPCのWi-Fiで簡易モニタリングができる
(イ)有線LANで接続したPCでモニタリングできる
(ウ)施設園芸の共通規格UECSでのモニタリングやデータ活用ができる(クラウド対応可能)
(エ)FTPサーバ内蔵、UDP対応でクライアント機能のあるPLC等でデータ活用できる 
技術概要1
技術概要2
企業等HP(外部リンク)
株式会社チノー山形事業所センサデバイス部農事開発課
TEL:023-607-2103
funakubo@yamagata-chino.co.jp  
15  営農支援サービス天晴れ 人工衛星やドローンからの撮影画像を解析し、農作物の生育状況を可視化するサービスを展開。圃場内ならびに圃場間の生育度合いや仕上がり度合いを可視化することが出来るため、繁忙期の見回り等の農作業時間を大幅に削減するとともに、高品質化、高収量化、燃料コストの削減の効果がある。
診断結果は、個人生産者から地域利用、新規就農支援まで幅広く利活用のシーンがあり、翌年の土づくりや継承地対策にも活用できる。
 クラウド型のサービス形態となっており、インターネット環境があれば登録料や月額使用料、専用システム導入などの初期費用が不要でサービス利用を開始可能。他の圃場管理システムや営農履歴管理サービスなどとの連携も可能。
技術概要
企業等HP(外部リンク)
国際航業株式会社
TEL:03-4476-8069
agriculture@kk-grp.jp



(2)播種・育苗

(ウ)直播関連技術

ドローンで播種できるよう、軽くて、発芽率の高い直播用の種子コーティング技術
  技術名・商品名等
概要
添付資料
参考URL等
お問い合わせ先
1
・ドローン用自動航行システム:Smart at dron

殺虫効果を持つ直播用種子コーティング技術
直播用種子コーティングを粉美人で調整し、更にルーチンFS、キラップシードFSで殺虫殺菌効果の調整を行ったうえで、最高のドローンコントロール技術とドローンセッティング技術、自動航行システムを組み合わせることにより、ドローンで播種できる殺虫殺菌効果を持たせた発芽率の高い直播用の種子コーティング技術の開発が可能。 技術概要1
技術概要2
技術概要3
技術概要4
技術概要5
技術概要6
技術概要7
企業等HP1(外部リンク)
企業等HP2(外部リンク)
企業等HP3(外部リンク)
企業等HP4(外部リンク)
企業等HP5(外部リンク)

窓口)ソフトバンク・テクノロジー株式会社
TEL:03-6892-3152
kanogawa@tech.softbank
.co.jp

 

(エ)その他

・その他
  技術名・商品名等
概要
添付資料
参考URL等
お問い合わせ先
1
パワードウェアATOUN MODEL Y モーターによるアシストで持ち上げ/持ち下げ/中腰姿勢時の腰部負担を軽減
人の動きに追随し、動作ごとに自動に的確なアシストを実現
着脱が容易、軽量(4.5kg)、バッテリー駆動、防塵・防水対応(IP55相当)のため野外・屋内問わず、活動できます
スリムな通気性確保した形状とファンスーツ併用可
技術概要
企業等HP(外部リンク)
株式会社ATOUN
TEL:0742-71-1878
r.miwa@atoun.co.jp
2 イオン水生成装置「フィールドマイスターIoT 1.0」 自然エネルギーのみで遠隔から用水をイオン化。
環境データを収集、分析による肥培管理の最適化及び収穫時期予測するとともに、電子バルブとの連携により、圃場水位をcm単位で制御。
技術概要1
技術概要2
企業等HP(外部リンク)
ハイパーアグリ株式会社
TEL:03-5413-7417
info@hyper-agri.com
3 園芸施設環境観測器プラントモニタ 農業ハウス内の栽培環境(気温、湿度、飽差、CO2濃度、日射量等)を計測し、本体にロギング
さまざまな端末でモニタリングできる=汎用
(ア)スマホやノートPCのWi-Fiで簡易モニタリングができる
(イ)有線LANで接続したPCでモニタリングできる
(ウ)施設園芸の共通規格UECSでのモニタリングやデータ活用ができる(クラウド対応可能)
(エ)FTPサーバ内蔵、UDP対応でクライアント機能のあるPLC等でデータ活用できる
技術概要1
技術概要2
企業等HP(外部リンク)
株式会社チノー山形事業所センサデバイス部農事開発課
TEL:023-607-2103
funakubo@yamagata-chino.co.jp


(3)田植え

(イ)レベラーや水平を保つロータリー等

・既存の機械にも取り付け可能な、汎用性のあるGPSガイダンスモニター
  技術名・商品名等
概要
添付資料
参考URL等
お問い合わせ先
1
アグリプロ道システム 作付け品種別圃場への熟練者運行ルートノウハウを端末が自動で記録しデータ化。
米の品種別による飛び地圃場、作業時期が異なる運行ルートを端末がガイド。
地図に道路情報がない経路でも出発圃場から到着圃場へのルートを「区間プロ道」で表示。往復路が重なった経路でも迷わず最短の移動時間が可能。
圃場地番号、委託者名、米の品種、実施作業内容等の情報を端末に表示できる。
PC管理ソフトで経路を事前に作成することが可能。
PC管理ソフトの地図上で管理圃場毎の作付け品種や作業区分を色別に表示が可能。
事前打ち合わせの時間と地図印刷の経費が節減可能。
担い手不足対策の新人育成や外部応援の農機運用を端末がサポート。
技術概要 株式会社アヴァス技術部
TEL:076-407-4187
kaz@avance-eng.co.jp
2 ニコン・トリンブル社製自動操舵システム 高精度な走行が可能となり、運転に不慣れな人でも安定した作業ができる。
作業中、ハンドル操作が不要となり、疲労の軽減と作業状況の確認に注力できる。
正確な位置合わせによる一工程おきの作業が可能となり、枕地での切り返しが不要となる。
GFX-750はモニター1台でISOBUS対応のトラクタとあらゆるISOBUS対応作業機をコントロール可能。
技術概要1
技術概要2
技術概要3
ヤンマーアグリジャパン(株)農機推進部
TEL:06-6376-6264
yosuke_abe@yanmar.com
3 トプコン社製自動操舵システム 高精度な走行が可能となり、運転に不慣れな人でも安定した作業ができる。
作業中、ハンドル操作が不要となり、疲労の軽減と作業状況の確認に注力できる。
正確な位置合わせによる一工程おきの作業が可能となり、枕地での切り返しが不要となる。
モニター1台でISOBUS対応のトラクタとあらゆるISOBUS対応作業機のコントロールが可能。
技術概要1
技術概要2
技術概要3
ヤンマーアグリジャパン(株)農機推進部
TEL:06-6376-6264
yosuke_abe@yanmar.com
 

(ウ)土づくりの技術体系の整理

寒冷地でも効果を発揮できる有機肥料
  技術名・商品名等
概要
添付資料
参考URL等
お問い合わせ先
1
特殊肥料アオウキクサ発酵堆肥(商品名:コメとれ~るⓇ) 本技術は水稲の種子処理のみで安定生産を実現しようとするもの。
水稲種子の浸種時に種子を24時間特殊肥料溶液に浸漬するのみで効果を発揮する、簡便な使用方法が特徴。
種子へ処理するのみで、苗の発根、田んぼへの活着を促し、初期生育を促進、有効分げつを確保し品質を維持しながら収量を10%程度増加することが期待。さらに各種ストレス(低温、田植え時の断根、生育時の高温、病害虫等)に対抗し健全な生育を促すことで安定生産が期待。
技術概要1
技術概要2
株式会社資生堂フロンテイアサイエンス事業部
TEL:03-6253-1411
takesi.okada@to.shiseido.
co.jp

2 マイクロ・ナノバブル発生装置Foamestシリーズ モノトランフィルムを用いた他に無い独自の発生方式を用いたマイクロナノバブルの発生装置です。他の発生方式と比較し、取り扱いが簡易で、大型の装置を必要とせず、比較的リーズナブルに導入が可能です。マイクロナノバブルを十分に含んだ水は浸透性に優れ、植物根への酸素供給や栄養吸収を促進します。結果として、根や茎の生育や耐病性の向上、ひいては収量の増加につながります。
また、浸透力が高く酸素を多く含んだ水が土壌に入ることにより、豊かな土壌微生物相を形成します。また、ナノバブルは浮上する力が無いので、長期間水の中に滞在する事ができます。大型圃場であっても配管を通じて隅々までナノバブルの効果を波及させることが出来ることが特徴です。 
技術概要1
技術概要2
技術概要3
技術概要4
企業等HP(外部リンク)
有限会社ナック販売
TEL:0575-24-5527
m-ito@nac-nmg.com
3 スーパーエコ堆肥‘小粒ちゃん’(仮称) NEWアイコン 堆肥・肥料の機能を併せ持つ、泥炭と食品由来残渣の混合物の吸気発酵物であり、豊富に含むアミノ酸・腐食酸成分により、農薬によらずとも作物が育成し易い土壌を整え、穀物・野菜等の健全育成が図れ、有機肥料に比べて、土壌効果の施肥量依存性の小さい新規肥料を開発。
現在、当社(静岡県)の近在農家にて水稲等各種栽培試験効果の検証を継続中であり、より寒冷な地域での試験使用を計画。
技術概要1
技術概要2

技術概要3
南榛原開発株式会社
(新規肥料開発チーム)
TEL:0548-52-1547
FAX:0548-52-4880
e-male:nanpai@isis.ocn.ne.jp
 

(エ)田植機

・直進キープ機能を有した自動田植機
  技術名・商品名等
概要
添付資料
参考URL等
お問い合わせ先
1
「直進キープ」「条間アシスト」
「株間キープ機能」「施肥量
キープ機能」付田植機
GPSの位置情報を利用してステアリングを自動で直進方向に補正。
ほ場の端でターンしたときに進行方向がずれると液晶パネルに警告が表示され、ずれを自動で補正。
GPSの位置情報を元に植え付け位置を補正して、設定した株間で植え付け。
GPSの位置情報でスリップによるバラツキを補正して、設定した施肥量を散布。
技術概要1
技術概要2
企業等HP(外部リンク)
株式会社クボタ農機国内営業部(担当森、名越)
TEL:06-6648-3938
kbt_s.b780@kubota.com
2 オート田植機(密苗) 高精度測位RTK-GNSS方式を採用し、有人による自動直進と自動旋回作業が可能。
自動直進モードでは、基準線に沿って自動で直進走行し誰でも真っ直ぐの田植え作業を実現。
自動旋回モードでは、直進走行と旋回も自動で行い、長時間作業の運転疲労も軽減。
密苗による省力化&コスト削減を組合せることで、田植え作業の更なる能率アップが図れる。
技術概要1
技術概要2
ヤンマーアグリジャパン(株)農機推進部
TEL:06-6376-6264
yosuke_abe@yanmar.com
3 ニコン・トリンブル社製自動操舵システム 高精度な走行が可能となり、運転に不慣れな人でも安定した作業ができる。
作業中、ハンドル操作が不要となり、疲労の軽減と作業状況の確認に注力できる。
正確な位置合わせによる一工程おきの作業が可能となり、枕地での切り返しが不要となる。
GFX-750はモニター1台でISOBUS対応のトラクタとあらゆるISOBUS対応作業機をコントロール可能。
技術概要1
技術概要2
技術概要3
ヤンマーアグリジャパン(株)農機推進部
TEL:06-6376-6264
yosuke_abe@yanmar.com
4 トプコン社製自動操舵システム 高精度な走行が可能となり、運転に不慣れな人でも安定した作業ができる。
作業中、ハンドル操作が不要となり、疲労の軽減と作業状況の確認に注力できる。
正確な位置合わせによる一工程おきの作業が可能となり、枕地での切り返しが不要となる。
モニター1台でISOBUS対応のトラクタとあらゆるISOBUS対応作業機のコントロールが可能。
技術概要1
技術概要2
技術概要3
ヤンマーアグリジャパン(株)農機推進部
TEL:06-6376-6264
yosuke_abe@yanmar.com
 
5 直進アシスト田植機 NEWアイコン 直進アシスト田植機は衛星からの位置情報をもとに、直進作業時に自動操舵を行うことで、オペレータをアシスト。 技術概要1
技術概要2
企業等HP(外部リンク)

井関農機株式会社
販売企画推進部
TEL:03-5604-7612
http://www.iseki.co.jp/
H-nouki@iseki.co.jp
6 自動運転田植機 自動直進と自動旋回機能で、高速・高精度の無人走行が可能。 技術概要 農研機構広報課
TEL:029-838-8988
問い合わせフォーム(外部リンク)
 

(オ)その他

・その他
  技術名・商品名等
概要
添付資料
参考URL等
お問い合わせ先
1 アグリプロ道システム 作付け品種別圃場への熟練者運行ルートノウハウを端末が自動で記録しデータ化。
米の品種別による飛び地圃場、作業時期が異なる運行ルートを端末がガイド。
地図に道路情報がない経路でも出発圃場から到着圃場へのルートを「区間プロ道」で表示。往復路が重なった経路でも迷わず最短の移動時間が可能。
圃場地番号、委託者名、米の品種、実施作業内容等の情報を端末に表示できる。
PC管理ソフトで経路を事前に作成することが可能。
PC管理ソフトの地図上で管理圃場毎の作付け品種や作業区分を色別に表示が可。
事前打ち合わせの時間と地図印刷の経費が節減可能。
担い手不足対策の新人育成や外部応援の農機運用を端末がサポート。
技術概要 株式会社アヴァス技術部
TEL:076-407-4187
kaz@avance-eng.co.jp
2 オートトラクター 高精度測位RTK-GNSS方式による有人自動運転により作業の精密化、省力化、軽労化を実現。
事前に設定した経路においてステアリング(旋回)、作業機昇降、前進・後進・停止、PTO入切が自動で行える。
自動運転操作は標準装備のタブレットにより簡単に行える。
圃場状況が見づらい夜間作業、代掻き作業において効果を発揮。
技術概要1
技術概要2
企業等HP(外部リンク)
ヤンマーアグリジャパン(株)農機推進部
TEL:06-6376-6264
yosuke_abe@yanmar.com
3 ロボットトラクター 高精度測位RTK-GNSS方式により、近距離監視下のもと無人自動運転が可能。
事前に設定した経路においてステアリング(旋回)、作業機昇降、前進・後進・停止、PTO入切が自動で行える。
自動運転操作は標準装備のタブレットにより簡単に行える。
有人機+無人機による2台協調作業も可能。大幅な効率化が実現。
技術概要1
技術概要2
企業等HP(外部リンク)
ヤンマーアグリジャパン(株)農機推進部
TEL:06-6376-6264
yosuke_abe@yanmar.com
4 イオン水生成装置「フィールドマイスターIoT 1.0」 自然エネルギーのみで遠隔から用水をイオン化。
環境データを収集、分析による肥培管理の最適化及び収穫時期予測するとともに、電子バルブとの連携により、圃場水位をcm単位で制御。
技術概要1
技術概要2
企業等HP(外部リンク)
ハイパーアグリ株式会社
TEL:03-5413-7417
info@hyper-agri.com
5 営農支援サービス天晴れ 人工衛星やドローンからの撮影画像を解析し、農作物の生育状況を可視化するサービスを展開。圃場内ならびに圃場間の生育度合いや仕上がり度合いを可視化することが出来るため、繁忙期の見回り等の農作業時間を大幅に削減するとともに、高品質化、高収量化、燃料コストの削減の効果がある。
診断結果は、個人生産者から地域利用、新規就農支援まで幅広く利活用のシーンがあり、翌年の土づくりや継承地対策にも活用できる。
クラウド型のサービス形態となっており、インターネット環境があれば登録料や月額使用料、専用システム導入などの初期費用が不要でサービス利用を開始可能。他の圃場管理システムや営農履歴管理サービスなどとの連携も可能。
技術概要
企業等HP(外部リンク)
国際航業株式会社
TEL:03-4476-8069
agriculture@kk-grp.jp
6 HAL®腰タイプ作業支援用 人が物を動かすときに脳から伝えられる生体電位信号をセンサーによって検知し、作業者の意思に従った動作をアシストする装着型ロボット。
腰に装着することで、作業中に腰部にかかる負荷を最大40%低減し、腰痛を引き起こすリスクを減らす。
本体重量はバッテリー含めて3kgと軽量、コンパクト
企業等HP(外部リンク) CYBERDYNE株式会社
TEL:029-869-8448
nakazawa_taishi@cyber
dyne.jp


(4)除草

(ア)草刈り機

有機栽培では除草に大きな労力を要するため、これを改善するための無人自動除草機
  技術名・商品名等
概要
添付資料
参考URL等
お問い合わせ先
1
三陽機器社リモコン式自走草刈機 リモコン操作による自走草刈機で、200mの距離まで遠隔操作できる。
30分で約300m2の草刈が可能。
40度の傾斜地での作業が可能。
技術概要 ヤンマーアグリジャパン(株)農機推進部
TEL:06-6376-6264
yosuke_abe@yanmar.com
2 ササキコーポレーション社電動リモコン作業機 リモコン操作による自走草刈機で、200mの距離までリモート操作が可能。
作業機の全高が396mmと低いため、人が作業しにくい場所や機械が入りづらい場所での草刈作業が可能。
電動なので低騒音。住宅地でも気にせず作業ができ、排ガスもないため環境にも優しい。
技術概要 ヤンマーアグリジャパン(株)農機推進部
TEL:06-6376-6264
yosuke_abe@yanmar.com
3 DJアグリサービス2020
(ドローンおよびローバードローンによる各種センシング&除草サービス) NEWアイコン
ユーザーの課題や目標に対して、最適なセンシング手法と計画を立案。
圃場を、ドローンで最適な自己位置を推定する手法で飛行・走行しリモートセンシング。そのデータ解析結果に基づき、圃場管理情報、収穫適期判断情報、収量・品質判断支援情報など各種データ・レポートを提供。
ローバードローン(地上走行型ドローン)による自動自律水田内除草、畑作畝間除草。また施設内作物のセンシング・解析サービスを提供。
技術概要 ドローン・ジャパン(株)
TEL:03-6869-1384
info@drone-j.com
https://www.drone-j.com/


・畦畔などの草の多いところを無人で除草するロボット 
  技術名・商品名等
概要
添付資料
参考URL等
お問い合わせ先
1
三陽機器社リモコン式自走草刈機 リモコン操作による自走草刈機で、200mの距離まで遠隔操作できる。
30分で約300m2の草刈が可能。
40度の傾斜地での作業が可能。
技術概要 ヤンマーアグリジャパン(株)農機推進部
TEL:06-6376-6264
yosuke_abe@yanmar.com
2 ササキコーポレーション社電動リモコン作業機 リモコン操作による自走草刈機で、200mの距離までリモート操作が可能。
作業機の全高が396mmと低いため、人が作業しにくい場所や機械が入りづらい場所での草刈作業が可能。
電動なので低騒音。住宅地でも気にせず作業ができ、排ガスもないため環境にも優しい。
技術概要 ヤンマーアグリジャパン(株)農機推進部
TEL:06-6376-6264
yosuke_abe@yanmar.com
3
高機動畦畔草刈機 畦畔及び法面を安定走行する機動性を有し、遠隔操作(無線リモコン)で草刈り作業ができる電動草刈機。 技術概要 農研機構広報課
TEL:029-838-8988
問い合わせフォーム(外部リンク)


中山間の急傾斜地でも稼働する除草ロボット 

  技術名・商品名等
概要
添付資料
参考URL等
お問い合わせ先
1
急勾配も遠隔で安全に操作できる草刈機「UNIMOWERS」 NEWアイコン 高齢化、人手不足による草刈りの課題について、45°の傾斜でも離れた所から安全に操作できる草刈り機「UNIMOWERS」を開発。
駆動がクローラ型であるため15cmの溝や段差も走行できる、高い走破性。
オール電動駆動であり、静音性に優れ排気ガスも出さずクリーンな草刈りが可能。
充電時間は約6時間、1充電で1,000m2の草刈りを目標に開発中。
技術概要
企業等HP(外部リンク)
(有)クエストエンジニアリング
TEL:03-5913-8445
http://quest-eng.co.jp
sasaki@quest-eng.co.jp

 

(イ)直播関連

鉄コーティング種子に箱粒剤のように稲用殺虫殺菌効果を持たせることで、直播特有の除草剤使用量が過多となる状況を抑制することができる技術
  技術名・商品名等
概要
添付資料
参考URL等
お問い合わせ先
1 クボタスマートアグリシステム(KSAS) 農業機械に無線LAN等を搭載し、ほ場ごとの収量・タンパク含有率・水分等に関するデータを収穫と同時に収集、活用することにより、効率的な栽培体系、高品質・高収量化を実現
作業履歴やほ場ごとの収量・品質を集計し、分析することで作業効率の向上やコスト低減に資する
機械の稼働情報に基づき、適切なメンテナンスを行うことで故障を未然に防ぎ、作業ロスを最小化
技術概要
企業等HP(外部リンク)
株式会社クボタ農機国内営業部(担当森、名越)
TEL:06-6648-3938
kbt_s.b780@kubota.com
2
・ドローン用自動航行システム:Smart at dron

殺虫効果を持つ直播用種子コーティング技術
直播用種子コーティングを粉美人で調整し、更にルーチンFS、キラップシードFSで殺虫殺菌効果の調整を行ったうえで、最高のドローンコントロール技術とドローンセッティング技術、自動航行システムを組み合わせることにより、ドローンで播種できる殺虫殺菌効果を持たせた発芽率の高い直播用の種子コーティング技術の開発が可能。 技術概要1
技術概要2
技術概要3
技術概要4
技術概要5
技術概要6
技術概要7
企業等HP1(外部リンク)
企業等HP2(外部リンク)
企業等HP3(外部リンク)
企業等HP4(外部リンク)
企業等HP5(外部リンク)
窓口)ソフトバンク・テクノロジー株式会社
TEL:03-6892-3152
kanogawa@tech.softbank
.co.jp
 

(ウ)追加防除

田植え後20~40日間、ほ場をセンシングし、追加防除の要否を判断するシステム
  技術名・商品名等
概要
添付資料
参考URL等
お問い合わせ先
1 水稲圃場内の雑草発生箇所の抽出システム NEWアイコン 「いろは」上で水稲圃場内の雑草発生状況を見える化するための解析サービスを開発。
本サービスは、高度5mで撮影したドローン画像を用いて、雑草の発生している箇所を抽出する。
データは弊社クラウドサービスにアップロードし、解析結果は同じくクラウドで閲覧可能。
現在既にサービス化されており、雑草データが集まると更に抽出精度の向上につながる。
将来的にiPad等のタブレットに対応させることで、現地で解析結果を閲覧しながら除草作業が行える。
技術概要
企業等HP1(外部リンク)
企業等HP2(外部リンク)
(株)スカイマティクス営業企画本部
https://smx-iroha.com/
info@skymatix.co.jp
 

(エ)その他

・その他
  技術名・商品名等
概要
添付資料
参考URL等
お問い合わせ先
1 アグリプロ道システム 作付け品種別圃場への熟練者運行ルートノウハウを端末が自動で記録しデータ化。
米の品種別による飛び地圃場、作業時期が異なる運行ルートを端末がガイド。
地図に道路情報がない経路でも出発圃場から到着圃場へのルートを「区間プロ道」で表示。往復路が重なった経路でも迷わず最短の移動時間が可能。
圃場地番号、委託者名、米の品種、実施作業内容等の情報を端末に表示できる。
PC管理ソフトで経路を事前に作成することが可能。
PC管理ソフトの地図上で管理圃場毎の作付け品種や作業区分を色別に表示が可。
事前打ち合わせの時間と地図印刷の経費が節減可能。
担い手不足対策の新人育成や外部応援の農機運用を端末がサポート。
技術概要 株式会社アヴァス技術部
TEL:076-407-4187
kaz@avance-eng.co.jp
2 イオン水生成装置「フィールドマイスターIoT 1.0」 自然エネルギーのみで遠隔から用水をイオン化。
環境データを収集、分析による肥培管理の最適化及び収穫時期予測するとともに、電子バルブとの連携により、圃場水位をcm単位で制御。
技術概要1
技術概要2
企業等HP(外部リンク)
ハイパーアグリ株式会社
TEL:03-5413-7417
info@hyper-agri.com

 

(5)施肥

(ア)一発肥料

投入後、適切な時に肥効を発揮するよう、スタート剤などで効果をコントロールできる製品
  技術名・商品名等
概要
添付資料
参考URL等
お問い合わせ先
1 クボタスマートアグリシステム(KSAS) 農業機械に無線LAN等を搭載し、ほ場ごとの収量・タンパク含有率・水分等に関するデータを収穫と同時に収集、活用することにより、効率的な栽培体系、高品質・高収量化を実現
作業履歴やほ場ごとの収量・品質を集計し、分析することで作業効率の向上やコスト低減に資する
機械の稼働情報に基づき、適切なメンテナンスを行うことで故障を未然に防ぎ、作業ロスを最小化
技術概要
企業等HP(外部リンク)
株式会社クボタ農機国内営業部(担当森、名越)
TEL:06-6648-3938
kbt_s.b780@kubota.com
2 イオン水生成装置「フィールドマイスターIoT 1.0」 自然エネルギーのみで遠隔から用水をイオン化。
環境データを収集、分析による肥培管理の最適化及び収穫時期予測するとともに、電子バルブとの連携により、圃場水位をcm単位で制御。
技術概要1
技術概要2
企業等HP(外部リンク)
ハイパーアグリ株式会社
TEL:03-5413-7417
info@hyper-agri.com
 

(イ)センサー、可変施肥機

収穫と同時に土壌成分を分析し、そのデータに基づいた施肥が可能な機器
  技術名・商品名等
概要
添付資料
参考URL等
お問い合わせ先
1 リモートセンシング(ドローンを活用した生育診断) 特殊カメラを搭載したドローンでほ場全体を空撮し、生育マップにて生育状態を見える化するサービス。
幼穂形成期に撮影し、3つのマップを提供。(1)NDVI(葉色)、(2)植被率(茎数)、(3)NDVI×植被率(窒素吸収量)。
太陽光補正技術により、撮影時刻や曇天時の影響を受けない正確な解析が可能(独自技術)。
上記3つのマップからほ場の生育状況やバラツキが確認でき、収量や品質の改善に役立つ。
技術概要1
技術概要2
企業等HP(外部リンク)
ヤンマーアグリジャパン(株)農機推進部
TEL:06-6376-6264
yosuke_abe@yanmar.com
2 無人ヘリによる可変施肥技術
(追肥)
施肥量マップと連動した可変施肥を行い、ほ場内の生育バラツキを抑えて収量と品質を向上。
オートクルーズ(飛行速度制御)・ターンアシスト(散布幅制御)・可変追肥システムにより作業精度と効率向上。
大容量タンク(30kg)により肥料の補充回数が減ることで作業効率が向上。 
技術概要1
技術概要2
ヤンマーアグリジャパン(株)農機推進部
TEL:06-6376-6264
yosuke_abe@yanmar.com
3 土壌センサ搭載型可変施肥田植機 NEWアイコン 田植機に搭載した2種類のセンサが、作土深と土壌肥沃度を田植えと同時に検知し、施肥量を自動制御することで1枚のほ場の稲の生育を平準化。 技術概要
企業等HP(外部リンク)
井関農機株式会社
販売企画推進部
TEL:03-5604-7612
http://www.iseki.co.jp/
H-nouki@iseki.co.jp


・土壌センサーにより成分分析し、そのデータに基づき液体の窒素肥料を土中に投入可能な小型かつ低価格な可変施肥機 
  技術名・商品名等
概要
添付資料
参考URL等
お問い合わせ先
1 光合成効率促進装置「コンダクター」 NEWアイコン 光合成効率促進装置「コンダクター」は、多数のセンサが接続可能で、各エリアに設置したセンサによって、各種機器(天窓、側窓、カーテン、加温機、循環扇、ミスト、液肥ポンプ、CO2&Air、pH、LED等)を各エリア毎に制御できます。特にCO2&Air局所施用コントローラー「ブレス」の技術も標準で兼ね備えています。各エリア毎、センサ毎にデータ収集可能で、更に設定履歴やCO2ガス、Airのリアルタイム流量、積算流量も収集可能です。農業栽培用環境データ監視システム「スフマート」と組合せ、スマートフォンやタブレット端末で、接続されている全てのセンサや制御設定値が監視可能です。 技術概要1
技術概要2
技術概要3
企業等HP1(外部リンク)
企業等HP2(外部リンク)
(株)テヌート 担当:
杉田明光
TEL:080-7792-0116
FAX:03-6859-8401 http://www.tenuto.co.jp
/contact@tenuto.co.jp


・土壌を簡易に計測して施肥設計を行うことができるシステム
  技術名・商品名等
概要
添付資料
参考URL等
お問い合わせ先
1 光センシング技術を応用した簡易迅速土壌分析 光センシング技術により土壌中の多量要素6項目を14分で一括計測
独自のカートリッジ方式のため試薬調合が不要、共通の専用液を用いた成分一括抽出により、作業を簡便化
分析したその場で、土壌バランス、施肥提案レポートを出力
技術概要1
技術概要2
企業等HP(外部リンク)
シャープライフサイエンス株式会社マーケティング部
TEL:06-6245-5016
tsunazawa.hiroshi@slsjp
.co.jp

2 光合成効率促進装置「コンダクター」 NEWアイコン 光合成効率促進装置「コンダクター」は、多数のセンサが接続可能で、各エリアに設置したセンサによって、各種機器(天窓、側窓、カーテン、加温機、循環扇、ミスト、液肥ポンプ、CO2&Air、pH、LED等)を各エリア毎に制御できます。特にCO2&Air局所施用コントローラー「ブレス」の技術も標準で兼ね備えています。各エリア毎、センサ毎にデータ収集可能で、更に設定履歴やCO2ガス、Airのリアルタイム流量、積算流量も収集可能です。農業栽培用環境データ監視システム「スフマート」と組合せ、スマートフォンやタブレット端末で、接続されている全てのセンサや制御設定値が監視可能です。 技術概要1
技術概要2
技術概要3
企業等HP1(外部リンク)
企業等HP2(外部リンク)
(株)テヌート 担当:
杉田明光
TEL:080-7792-0116
FAX:03-6859-8401 http://www.tenuto.co.jp
/contact@tenuto.co.jp
3 e-kakashi(いいかかし)、
e-kakashi Ai(あい)、
e-kakashi Tetori(てとり)
圃場における環境データをセンサーによって常時収集※し、結果をグラフ表示するだけでなく、収集データを踏まえ、植物科学の知見を組み込んだAIが、生育ステージにあった適切な作業を事前に提案するほか、収穫適期などのアドバイスや予測を提案する栽培ナビゲーションサービスである「e-kakashi」(イーカカシ)を展開。

※920M 無線通信(IEEE802.15.4g/e)、3G/4G 無線通信(FDD-LTE/AXGP/HSPA/W-CDMA)が使用できる環境下に限る。
技術概要
企業等HP(外部リンク)
ソフトバンク株式会社 e-kakashi推進課
TEL:080-3584-0569
4 果樹、露地向けIoT 環境計測、簡易気象、予察機【あぐりクラウド】 温度・湿度・気圧センサーを標準装備し、環境計測やアラートに対応。露地、水稲、果樹などの遠隔環境モニタリングが可能。画像、計測データはクラウドにより蓄積され、どこでも閲覧可能。また、取得したデータから各種演算等を行い、気象、病虫害予測をおこなう。 技術概要1
技術概要2
企業等HP1(外部リンク)
企業等HP2(外部リンク)
株式会社ジョイ・ワールド・パシフィックITビジネス課
TEL:0172-44-8133
info@j-world.co.jp
5 携帯型土壌分析計「AQ SCOPE Soil」 NEWアイコン 圃場の現場で土壌成分の分析を行う、RGB-LEDを応用した電池駆動の携帯型分光光度計。
作物の育成に重要なりん酸成分と硝酸成分を、圃場で採取した生土で分析評価し、養分の偏りなどを把握。
スマートフォンの専用アプリで、土壌採取場所の位置情報と分析データの保存確認、データはネットワーク経由で弊社サーバーにて管理。
分析前に電池残量の確認と自動校正を実施、面倒な検量線作成作業は不要。
技術概要1
技術概要2
技術概要3
企業等HP(外部リンク)
株式会社アイ・クエスト
TEL:03-6384-7384
http://www.ai-quest.jp/
biz-info@ai-quest.jp
6 DJアグリサービス2020
(ドローンおよびローバードローンによる各種センシング&除草サービス) NEWアイコン
ユーザーの課題や目標に対して、最適なセンシング手法と計画を立案。
圃場を、ドローンで最適な自己位置を推定する手法で飛行・走行しリモートセンシング。そのデータ解析結
果に基づき、圃場管理情報、収穫適期判断情報、収量・品質判断支援情報など各種データ・レポートを提供。
ローバードローン(地上走行型ドローン)による自動自律水田内除草、畑作畝間除草。また施設内作物のセ
ンシング・解析サービスを提供。
技術概要 ドローン・ジャパン(株)
TEL:03-6869-1384
info@drone-j.com
https://www.drone-j.com/
 

(ウ)ドローン、無人ヘリ

稲の生育状況を生理解析できる機能を持つドローン
  技術名・商品名等
概要
添付資料
参考URL等
お問い合わせ先
1 ドローンリモートセンシングによる生育把握 ドローンとマルチスペクトルカメラを用いた空撮画像から、生育ステージに応じた生育マップを生成し、迅速に作業判断が可能。
生育ムラに応じた可変施肥による収量・食味の安定化や、生育異常(病害虫被害・雑草)の広域的把握に寄与。
技術概要 株式会社クボタ研究開発統括部(担当吉野大輔)
TEL:06-6648-2499
daisuke.yoshino@kubota.com
2 リモートセンシング(ドローンを活用した生育診断) 特殊カメラを搭載したドローンでほ場全体を空撮し、生育マップにて生育状態を見える化するサービス。
幼穂形成期に撮影し、3つのマップを提供。(1)NDVI(葉色)、(2)植被率(茎数)、(3)NDVI×植被率(窒素吸収量)。
太陽光補正技術により、撮影時刻や曇天時の影響を受けない正確な解析が可能(独自技術)。
上記3つのマップからほ場の生育状況やバラツキが確認でき、収量や品質の改善に役立つ。
技術概要1
技術概要2
企業等HP(外部リンク)
ヤンマーアグリジャパン(株)農機推進部
TEL:06-6376-6264
yosuke_abe@yanmar.com
3 営農支援サービス天晴れ 人工衛星やドローンからの撮影画像を解析し、農作物の生育状況を可視化するサービスを展開。圃場内ならびに圃場間の生育度合いや仕上がり度合いを可視化することが出来るため、繁忙期の見回り等の農作業時間を大幅に削減するとともに、高品質化、高収量化、燃料コストの削減の効果がある。
診断結果は、個人生産者から地域利用、新規就農支援まで幅広く利活用のシーンがあり、翌年の土づくりや継承地対策にも活用できる。
 クラウド型のサービス形態となっており、インターネット環境があれば登録料や月額使用料、専用システム導入などの初期費用が不要でサービス利用を開始可能。他の圃場管理システムや営農履歴管理サービスなどとの連携も可能。
技術概要
企業等HP(外部リンク)
国際航業株式会社
TEL:03-4476-8069
agriculture@kk-grp.jp
4 ドローンリモートセンシング技術による農作物の生育状況監視 ドローン、自動飛行・自動空撮アプリ、マルチスペクトラルセンサー、及びPix4D社のソフトを組み合わせて空中から農作物の生育状況をNDVI数値で把握 技術概要
企業等HP1(外部リンク)
企業等HP2(外部リンク)
株式会社サイバネテックソリューションビジネス営業部
TEL:03-3668-8089
harada@cybernetech.co.jp
5 稲の生育状況を見える化、葉色解析サービス「いろは」 NEWアイコン 「いろは」上で水稲圃場内の雑草分布状況を見える化するための解析サービスを開発。
本サービスは可視光のドローンカメラで撮影した画像を解析し、稲の葉色をカラースケールの基準に基づいてメッシュ上に表示する。
市販ドローンから当社専用ドローンまで様々なドローンに対応。(例:DJIのInspire,Phantom,Mavic等)
ドローンで撮影したデータは弊社クラウドサービス「いろは」にアップロードし、解析結果は同じくクラウドで閲覧可能。
技術概要1
技術概要2
企業等HP1(外部リンク)
企業等HP2(外部リンク)
(株)スカイマティクス営業企画本部
https://smx-iroha.com/
info@skymatix.co.jp


・粒剤、液剤のどちらにも対応した施肥が可能なドローン
  技術名・商品名等
概要
添付資料
参考URL等
お問い合わせ先
1 DJI AGRAS MG-1 DJI AGRAS MG-1を機体として使用
水稲、麦、大豆、玉ねぎ、山芋、さとうきび、里芋などの畑で導入が進んでおり、じゃがいも、栗、みかん(傾斜地)、りんご(受粉)、甘藷(サツマイモ)も実証中
1フライトで1ヘクタール散布・10Lを搭載して最高時速20kgで散布可能
液剤、粒剤に対応・軽トラで運搬可能なサイズ
技術概要1
技術概要2
企業等HP1(外部リンク)
企業等HP2(外部リンク)
株式会社エアリアルワークス
TEL:099-20-0932
info@arws.jp
2 農薬散布機ヘリオスアグリ 「農家さんの農家さんによる農家さんのためのドローン」として、過剰な性能やデザインにとらわれず、農薬散布に最適な機能と安全性を兼ね備えた低価格機体「ヘリオスアグリ」を販売。粒剤、溶剤双方に対応。 技術概要1
技術概要2
企業等HP1(外部リンク)
企業等HP2(外部リンク)
東京ドローンプラス / 株式会社ヒューム
TEL:03-6450-1416
info@tdplus.jp
3 農業用ドローン「MG‐1K」 ドローンにより、約10リットルの農薬等を搭載し、1フライトで最大1ヘクタールの散布が可能。
散布装置を交換することで液剤と粒剤に対応可能。
技術概要 株式会社クボタ農業ソリューション営業部国内推進グループ
(担当田中久美子)
TEL:06-6648-3937
kbt_s.d201@kubota.com
4 水上ドローン
(ボート型ドローン)
水田等の水上を航行可能な水上ドローン(ボート型ドローン)によって、肥料散布することが可能。
水田上を飛行するドローンと異なり、免許不要、しかも不要範囲への肥料飛散を防止、また、必要場所にピンポイントで施肥が可能。
技術概要
企業等HP(外部リンク)
株式会社日立システムズ
ドローン・ロボティクス事業推進プロジェクト
TEL:03-5435-1059
hidemitsu.miyagawa.yo@
hitachi-systems.com

5 ドローン:AEROSPRAYER AS5IINEWアイコン 液剤、粒剤のタンク脱着が簡単にできるよう改良、両薬剤散布が可能。
ドローン本体の下部タンクと脚部を、「液剤散布装置」と「粒剤散布装置」に分割し、本体との接続はつまみを回転してロックを解除するだけで交換。簡単に外れて、簡単に装着。シンプルシステムながらがっちり固定。
オプションの粒剤散布装置は1kg粒剤に対応し、大きさは1mmから5mmに対応。。
豆粒剤にも対応しており、タブレットで豆粒剤散布モードにすると、散布エリアデータから散布ポイントを自動抽出。回転しながら散布し、豆粒剤の効果を発揮し時間短縮
技術概要1
技術概要2
イームズロボティクス(株)
TEL:024-573-7880
http://www.eamsrobo.co.jp/
Info@eams-robo.co.jp


座標設定を簡単にできるドローン
  技術名・商品名等
概要
添付資料
参考URL等
お問い合わせ先
1 DJI AGRAS MG-1 DJI AGRAS MG-1を機体として使用
水稲、麦、大豆、玉ねぎ、山芋、さとうきび、里芋などの畑で導入が進んでおり、じゃがいも、栗、みかん(傾斜地)、りんご(受粉)、甘藷(サツマイモ)も実証中
1フライトで1ヘクタール散布・10Lを搭載して最高時速20kgで散布可能
液剤、粒剤に対応・軽トラで運搬可能なサイズ
技術概要1
技術概要2
企業等HP1(外部リンク)
企業等HP2(外部リンク)
株式会社エアリアルワークス
TEL:099-20-0932
info@arws.jp
2 マルチスペクトルカメラ搭載ドローンによる農作物生育状況解析ソリューション ドローンに搭載したマルチスペクトルカメラで空撮した撮影データから農作物の生育むらを発見、早期施肥によって生育のバラつきをなくし圃場収穫量の安定化を図ることが可能。またドローンによる害獣対策も可能 技術概要
企業等HP(外部リンク)
株式会社日立システムズ
ドローン・ロボティクス事業推進プロジェクト
TEL:03-5435-1059
hidemitsu.miyagawa.yo@
hitachi-systems.com

3 ドローン:AEROSPRAYER AS5IINEWアイコン PC、タブレットからEAMS製飛行制御ソフトで、農薬散布機の地図上の散布位置、飛行ルートを簡単に設定。
地図データが異なっている時はドローンを四隅に続いて置いて設定も可能。
技術概要1
技術概要2
イームズロボティクス(株)
TEL:024-573-7880
http://www.eamsrobo.co.jp/
Info@eams-robo.co.jp
4 無人航空機誘導システムTSDroneControlSoftware NEWアイコン 現状の、無人航空機による農薬散布は人間の操作での散布が主流
近年、GPSを使用した自動航行での散布も有るが、散布エリアを確定するのに衛星地図でエリアの設定をするか、GPSローバーを使用し散布範囲測定し散布飛行してる状況
GPSを使用した平地部での散布は比較的有効ではあるが、山間地等のGPSの受信環境の悪い場所では飛行精度が悪化
TSDroneControlSoftwareを使用することにより高額な投資をせず安価に自動化及び省略可能
厳密な飛行範囲を定義し、低空飛行でも安全飛行
技術概要1
技術概要2
企業等HP1(外部リンク)
企業等HP2(外部リンク)
株式会社ジツタGIS事業部
TEL:089-931-7175
https://www.jitsuta.co.jp/
products@jitsuta.co.jp
5 DJアグリサービス2020
(ドローンおよびローバードローンによる各種センシング&除草サービス) NEWアイコン
ユーザーの課題や目標に対して、最適なセンシング手法と計画を立案。
圃場を、ドローンで最適な自己位置を推定する手法で飛行・走行しリモートセンシング。そのデータ解析結果に基づき、圃場管理情報、収穫適期判断情報、収量・品質判断支援情報など各種データ・レポートを提供。
ローバードローン(地上走行型ドローン)による自動自律水田内除草、畑作畝間除草。また施設内作物のセンシング・解析サービスを提供。
技術概要 ドローン・ジャパン(株)
TEL:03-6869-1384
info@drone-j.com
https://www.drone-j.com/
 

(エ)その他

・その他
  技術名・商品名等
概要
添付資料
参考URL等
お問い合わせ先
1 DJI AGRAS MG-1 DJI AGRAS MG-1を機体として使用
水稲、麦、大豆、玉ねぎ、山芋、さとうきび、里芋などの畑で導入が進んでおり、じゃがいも、栗、みかん(傾斜地)、りんご(受粉)、甘藷(サツマイモ)も実証中
1フライトで1ヘクタール散布・10Lを搭載して最高時速20kgで散布可能
液剤、粒剤に対応・軽トラで運搬可能なサイズ
技術概要1
技術概要2
企業等HP1(外部リンク)
企業等HP2(外部リンク)
株式会社エアリアルワークス
TEL:099-20-0932
info@arws.jp
2 アグリプロ道システム 作付け品種別圃場への熟練者運行ルートノウハウを端末が自動で記録しデータ化。
米の品種別による飛び地圃場、作業時期が異なる運行ルートを端末がガイド。
地図に道路情報がない経路でも出発圃場から到着圃場へのルートを「区間プロ道」で表示。往復路が重なった経路でも迷わず最短の移動時間が可能。
圃場地番号、委託者名、米の品種、実施作業内容等の情報を端末に表示できる。
PC管理ソフトで経路を事前に作成することが可能。
PC管理ソフトの地図上で管理圃場毎の作付け品種や作業区分を色別に表示が可。
事前打ち合わせの時間と地図印刷の経費が節減可能。
担い手不足対策の新人育成や外部応援の農機運用を端末がサポート。
技術概要 株式会社アヴァス技術部
TEL:076-407-4187
kaz@avance-eng.co.jp
3 作物生育支援システム「ライススキャン」  「ライススキャン」システムは水稲などの作物の葉色を専用カメラデバイスとスマートフォンなどの携帯端末を使って簡易に測定することで生育支援を行うサービス。簡易に安定した葉色測定ができると同時に測定結果が自動保存されるので手入力が不要。また、パソコンや携帯端末から測定データの表示・分析が可能、「データの見える化」「共有化」により適切な施肥管理・生育診断をサポート。
 水稲の他、野菜。果樹などの葉色測定にも対応。
技術概要
企業等HP(外部リンク)
マクセル株式会社経営戦略部
TEL:03-6407-2938
ricescan@maxell.co.jp
4 特殊肥料アオウキクサ発酵堆肥(商品名:コメとれ~るⓇ) 本技術は水稲の種子処理のみで安定生産を実現しようというもの。
水稲種子の浸種時に種子を24時間特殊肥料溶液に浸漬するのみで効果を発揮する、簡便な使用方法が特徴。
種子へ処理するのみで、苗の発根、田んぼへの活着を促し、初期生育を促進、有効分げつを確保し品質を維持しながら収量を10%程度増加することが期待。さらに各種ストレス(低温、田植え時の断根、生育時の高温、病害虫等)に対抗し健全な生育を促すことで安定生産が期待。
技術概要1
技術概要2
株式会社資生堂フロンテイアサイエンス事業部
TEL:03-6253-1411
takesi.okada@to.shiseido.
co.jp

5 スマートフォンのカメラ機能を活用した水稲の生育診断技術 水稲の幼穂形成期にスマートフォンのカメラ機能を使って取得した画像データから生育状態を把握することにより、収量の確保と高品質米を実現する適切な追肥量が算出できる。 技術概要 京都府農林水産技術センター担当:作物部
TEL:0771-22-5010
ngc-norin@pref.kyoto.lg.jp
6 マイクロ・ナノバブル発生装置Foamestシリーズ モノトランフィルムを用いた他に無い独自の発生方式を用いたマイクロナノバブルの発生装置です。他の発生方式と比較し、取り扱いが簡易で、大型の装置を必要とせず、比較的リーズナブルに導入が可能。マイクロナノバブルを十分に含んだ水は浸透性に優れ、植物根への酸素供給や栄養吸収を促進。結果として、根や茎の生育や耐病性の向上、ひいては収量の増加につながる。
 また、浸透力が高く酸素を多く含んだ水が土壌に入ることにより、豊かな土壌微生物相を形成。また、ナノバブルは浮上する力が無いので、長期間水の中に滞在する事ができる。大型圃場であっても配管を通じて隅々までナノバブルの効果を波及させることが出来ることが特徴。
技術概要1
技術概要2
技術概要3
技術概要4
企業等HP(外部リンク)
有限会社ナック販売
TEL:0575-24-5527
m-ito@nac-nmg.com
7 リモートセンシング(ドローンを活用した生育診断) 特殊カメラを搭載したドローンでほ場全体を空撮し、生育マップにて生育状態を見える化するサービス。
幼穂形成期に撮影し、3つのマップを提供。(1)NDVI(葉色)、(2)植被率(茎数)、(3)NDVI×植被率(窒素吸収量)。
太陽光補正技術により、撮影時刻や曇天時の影響を受けない正確な解析が可能(独自技術)。
上記3つのマップからほ場の生育状況やバラツキが確認でき、収量や品質の改善に役立つ。
技術概要1
技術概要2
企業等HP(外部リンク)
ヤンマーアグリジャパン(株)農機推進部
TEL:06-6376-6264
yosuke_abe@yanmar.com
8 無人ヘリによる可変施肥技術
(追肥)
施肥量マップと連動した可変施肥を行い、ほ場内の生育バラツキを抑えて収量と品質を向上。
オートクルーズ(飛行速度制御)・ターンアシスト(散布幅制御)・可変追肥システムにより作業精度と効率向上。
大容量タンク(30kg)により肥料の補充回数が減ることで作業効率が向上。 
技術概要1
技術概要2
ヤンマーアグリジャパン(株)農機推進部
TEL:06-6376-6264
yosuke_abe@yanmar.com
9 ブロードキャスタによる可変
施肥技術(基肥)
施肥量マップと連動した可変施肥を行い、ほ場内の生育バラツキを抑えて収量と品質を向上。
リモートセンシングの結果からマップ化したデータをUSBにてナビゲータへ入力、マップ情報に沿って可変散布。
技術概要1
技術概要2
技術概要3
ヤンマーアグリジャパン(株)農機推進部
TEL:06-6376-6264
yosuke_abe@yanmar.com
10 クーン社ブロキャス GPS機器や施肥量マップとの連動で散布量を自動コントロールし無駄な資材の削減による低コスト化を実現。
独自形状のシャッターを採用し、精密に肥料散布。
技術概要1
技術概要2
ヤンマーアグリジャパン(株)農機推進部
TEL:06-6376-6264
yosuke_abe@yanmar.com
11  IHIアグリテック社 GPS車速連動施肥機(ブロキャス) GPSによる移動速度検出により速度連動でムダ散布を抑え資材コスト低減。
経路誘導散布で均一な散布が行え、作物の生育安定につながる。
技術概要1
技術概要2
技術概要3
ヤンマーアグリジャパン(株)農機推進部
TEL:06-6376-6264
yosuke_abe@yanmar.com
12 ジョーニシ社 GPS車速連動施肥機(サンソワー) GPSによる速度検出により速度連動でムダ散布を抑え資材コスト低減。
作業速度に連動した高精度な均一散布が行え、作物の生育安定につながる。
技術概要1
技術概要2
ヤンマーアグリジャパン(株)農機推進部
TEL:06-6376-6264
yosuke_abe@yanmar.com
13 タイショー社GPS車速連動施肥機(グランドソワー) GPSにより速度検出による速度連動でムダ散布を抑え資材コスト低減。
作業速度に連動した高精度な均一散布が行え、作物の生育安定につながる。
技術概要1
技術概要2
ヤンマーアグリジャパン(株)農機推進部
TEL:06-6376-6264
yosuke_abe@yanmar.com
14 営農支援サービス天晴れ 人工衛星やドローンからの撮影画像を解析し、農作物の生育状況を可視化するサービスを展開。圃場内ならびに圃場間の生育度合いや仕上がり度合いを可視化することが出来るため、繁忙期の見回り等の農作業時間を大幅に削減するとともに、高品質化、高収量化、燃料コストの削減の効果がある。
診断結果は、個人生産者から地域利用、新規就農支援まで幅広く利活用のシーンがあり、翌年の土づくりや継承地対策にも活用できる。
クラウド型のサービス形態となっており、インターネット環境があれば登録料や月額使用料、専用システム導入などの初期費用が不要でサービス利用を開始可能。他の圃場管理システムや営農履歴管理サービスなどとの連携も可能。
技術概要
企業等HP(外部リンク)
国際航業株式会社
TEL:03-4476-8069
agriculture@kk-grp.jp

 

(6)水管理

(ア)センサー

安価かつ通信キャリアが不要で耐久性が高く、ランニングコストを抑えられる水管理センサー
  技術名・商品名等
概要
添付資料
参考URL等
お問い合わせ先
1 多機能 気象観測システムWeatherBucket  (ウェザーバケット )  農業利用をターゲットに、徹底した扱い易さと高精度を両立させたコンパクトな一体型の気象観測システム。搭載センサは、気温・相対湿度・降水量・気圧・日射量・風速・風向・地中(水中)温度。ソーラーパネルと通信コストゼロの特定小電力無線を使い完全ワイヤレスを実現。気温・相対湿度は環境誤差を低減できる強制通風方式を採用し、昼夜問わずに商用電源なしで動作可能。気象データ解析ソフトウェア「バケットメイト」を標準搭載し、過去の気象データ閲覧やグラフ表示が可能。 技術概要1
技術概要2
企業等HP(外部リンク)
株式会社エスイーシー情報通信事業本部
TEL:0138-23-5433
weather@secnet.co.jp
2 ビーコンを使った「コト消費」の促進 ビーコンの通信手段を用いたデータ収集機能や発信機能を活用し、実際にその場所に赴くことで情報を得られるシステム構築とその提供。
ビーコン情報による各種ログデータの蓄積を通じて、適切なガイドを行うことで生産コストを低減。
消費者に生産地へ足を運んでもらう動機を提供することで、「コト消費」を促進し、生産地の活性化が可能。
技術概要 小泉製麻株式会社
TEL:03-5227-5325
takahata@koizumi-jm.jp
3 農業向けIoTセンサー情報管理プラットフォーム 土地管理型(稲作や園芸作物)農業において、農地を適切に管理したい管理者向けのIoTセンサー+地図情報管理プラットフォーム 技術概要1
技術概要2
株式会社日立ソリューションズ東日本
TEL:044-271-1022
koichi.oe.tu@hitachi-solutions.com
4 圃場環境モニタリングシステム及び農作業記録システム 圃場に設置したセンサーで圃場の環境データを常時計測しクラウドに蓄積する環境モニタリング、及び、いつ何の作業をやったかをスマートフォンで記録し、圃場や作業者毎のレポート集計を行う農作業記録システムを組み合わせたスマート農業技術。 技術概要1
技術概要2
技術概要3
企業等HP(外部リンク)
株式会社セラク みどりクラウド事業部
TEL:03-6851-4831
innovation@seraku.co.jp
イオン水生成装置「フィールドマイスターIoT 1.0」 自然エネルギーのみで遠隔から用水をイオン化。
環境データを収集、分析による肥培管理の最適化及び収穫時期予測するとともに、電子バルブとの連携により、圃場水位をcm単位で制御。
技術概要1
技術概要2
企業等HP(外部リンク)
ハイパーアグリ株式会社
TEL:03-5413-7417
info@hyper-agri.com
6 水田水管理省力化システム多機能自動給水栓「水まわりくん+エアダスバルブ」 NEWアイコン 水田用給水栓の自動開閉を可能にする水田水管理省力化システム「水まわりくん+エアダスバルブ」を販売。
水田用給水栓「エアダスバルブ」の上部に設置することで、コンパクト設計を実現。動力はソーラー発電+バッテリー
給水の周期・開始時間・長さ、バルブの開度を任意に設定するスケジュール管理と水田センサーなどを用いたセンサー管理とを組合せたバルブの開閉管理を行うことが可能。
技術概要1
技術概要2
技術概要3
企業等HP(外部リンク)
積水化学工業株式会社
環境・ライフラインカンパニー
管材事業部/総合研究所
TEL:03-6748-6521
FAX:03-6748-6562
エスロンタイムズon the Web
https://www.eslontimes.com
7 開水路用多機能自動給水ゲー
ト「水まわりゲートくん」 NEWアイコン
開水路用に特化した水田の自動給水装置。積水化学工業(株)の多機能自動給水栓「水まわりくん」との連携
可能。
ゲート部は硬質塩化ビニル製のため現場で加工可能。さまざまな形状に対応できるため用水工事の負担減。
ネット環境があれば世界中どこからでも操作可能。異常を検知するとメールでお知らせ。
技術概要1
技術概要2
技術概要3
企業等HP1(外部リンク)

株式会社ほくつう
TEL:076-237-3803
https://www.hokutsu.co.jp/
info_agri@po.hokutsu.co.jp
8 スマート水管理システム「水田ファーモ」 NEWアイコン
現場が抱える水管理負担の課題について、太陽光発電・長距離無線通信(LPWA)・クラウド管理を活用することにより、遠隔で水田の水位が確認できるシステム。
デバイスは太陽光発電+バッテリーにより電源設備等の施工不要。
コンパクトでシンプルな設計により、生産者自身で設置・移動が可能。
データは弊社サーバーにて管理し、圃場ではスマートフォンで管理やデータの確認が可能。
技術概要1
技術概要2
企業等HP(外部リンク)
株式会社ぶらんこ
TEL:028-600-4501
https://blanco.jp/
Info@blanco.jp
9 次世代型統合環境制御装置温調みつばち NEWアイコン 温調みつばちは施設の環境状況を取得し、統合的な判断で施設内の各種設備を制御し、最適な環境を創出。
施設栽培のトップランナーと呼ばれる生産者が制御ロジックを監修。生産現場で抱える多様なノウハウや課題を反映し、画面、操作ボックスのインターフェースも生産者とともに作り上げ。
クラウド活用型制御機として、スマートフォンやタブレットなど各種デバイスによる操作で、場所を選ばず使用可能。また、栽培ノウハウ(プロファイル)をクラウドで保管し、プロファイルを任意拠点でダウンロードすることで各拠点で一定の収量・品質の栽培を実現。
センサーを無線化することで電気工事費用を軽減。また無線化は雷対策にもなり、落雷によるダウンタイムや機器故障も回避。
技術概要 データテクノロジー(株)営業部
TEL:042-523-1177
https://www.datec.co.jp/
sales@datec.co.jp
10 inamo 小型軽量かつ、自己発電により電池不要で耐久性が高くメンテナンス不要長距離無線センサネットワーク「tukumoシステム」を開発。離れた場所で一目で状況がわかるシンプルなデータ表示。作物や管理すべき対象、管理すべき環境について、遠隔監視を手軽にシンプルに低コストで実現可能。
水田の水位監視として応用した「inamo」では水位の異常をスマートフォンで監視可能。水位状況は青・黄・赤 三段階でわかりやすく表示され、見回るべき場所を一目で判別可能。水位のみならず、温度、水温、湿度、照度、EC、他など測定可能。
技術概要
企業等HP(外部リンク)
株式会社AmaterZ
TEL:03-6455-6884
info@amaterz.com
11 スマート水田サービスpaditch 設置水田で計測した水位・水温を、利用者が手元のスマートフォン、タブレットまたはパソコンで監視するとともに、水門をタイマーまたは遠隔で開閉することが可能。
水位と連動した自動制御も行う事が可能。
農作業の省力化及び水管理データの蓄積に寄与。
技術概要
企業等HP(外部リンク)
株式会社笑農和
TEL:076-482-3998
https://enowa.jp/
info@enowa.jp
12 低価格水田センサーと無線基地局による水田水管理システム NEWアイコン 水田センサーは、水位、水温のみを測定可能なシンプルな設計で低コスト化を実現。
圃場に設置したセンサーが水位と水温をリアルタイムに測定。水位、水温データは専用のスマホアプリで24時間いつでも参照可能。事前に水位や水温の閾値を設定することで異常を検知し通知することが可能。蓄積したデータはPCよりダウンロードも可能。
センサーデータは長距離、低消費電力が特徴で屋外での通信に最適なLoRa(ローラ)を採用。センサーは乾電池(単3乾電池2本)で1シーズン駆動を実現。1台の無線親機で複数の水田センサーから接続可能で、通信コストを大幅に削減。
技術概要1
技術概要2
技術概要3
企業等HP(外部リンク)
(株)インターネットイニシアティブ
IoTビジネス事業部齋藤、花屋、蓑田
TEL:03-5205-6765
http://www.iij.ad.jp/
agri-info@iij.ad.jp
住友商事株式会社(販売代理)
agritech@sumitomocorp.com

 

(イ)水位管理

・水管理センサーと連動し、自動で取水口を開閉できる装置
  技術名・商品名等
概要
添付資料
参考URL等
お問い合わせ先
1 圃場水管理システム
「WATARAS(ワタラス)」
インターネット通信機能とセンシング機能により、スマートフォンを利用して遠隔で水田への給水・排水が可能。
設定水位と圃場水位に差が生じた場合は、給水側と排水側を開閉させ、設定水位になるよう制御。
既存のバルブや用水路が使用可能。また、開水路でも取水枡等に設置可能。
技術概要 株式会社クボタケミックス
新事業推進本部事業企画グループ(担当村瀬洋一)
TEL:03-5695-3274
yoichi.murase@kubota.com
2 光合成効率促進装置「コンダクター」 NEWアイコン 光合成効率促進装置「コンダクター」は、多数のセンサが接続可能で、各エリアに設置したセンサによって、各種機器(天窓、側窓、カーテン、加温機、循環扇、ミスト、液肥ポンプ、CO2&Air、pH、LED等)を各エリア毎に制御できる。特にCO2&Air局所施用コントローラー「ブレス」の技術も標準で兼ね備えている。各エリア毎、センサ毎にデータ収集可能で、更に設定履歴やCO2ガス、Airのリアルタイム流量、積算流量も収集可能。農業栽培用環境データ監視システム「スフマート」と組合せ、スマートフォンやタブレット端末で、接続されている全てのセンサや制御設定値が監視可能。 技術概要1
技術概要2
技術概要3
企業等HP1(外部リンク)
企業等HP2(外部リンク)
(株)テヌート 担当:
杉田明光
TEL:080-7792-0116
FAX:03-6859-8401 http://www.tenuto.co.jp
/contact@tenuto.co.jp
3 e-kakashi(いいかかし)、
e-kakashi Ai(あい)、
e-kakashi Tetori(てとり)
圃場における環境データをセンサーによって常時収集※し、結果をグラフ表示するだけでなく、収集データを踏まえ、植物科学の知見を組み込んだAIが、生育ステージにあった適切な作業を事前に提案するほか、収穫適期などのアドバイスや予測を提案する栽培ナビゲーションサービスである「e-kakashi」(イーカカシ)を展開。

※920M 無線通信(IEEE802.15.4g/e)、3G/4G 無線通信(FDD-LTE/AXGP/HSPA/W-CDMA)が使用できる環境下に限る。
技術概要
企業等HP(外部リンク)
ソフトバンク株式会社
e-kakashi推進課
TEL:080-3584-0569
4 イオン水生成装置「フィールドマイスターIoT 1.0」 自然エネルギーのみで遠隔から用水をイオン化。
環境データを収集、分析による肥培管理の最適化及び収穫時期予測するとともに、電子バルブとの連携により、圃場水位をcm単位で制御。
技術概要1
技術概要2
企業等HP(外部リンク)
ハイパーアグリ株式会社
TEL:03-5413-7417
info@hyper-agri.com
5 水田水管理省力化システム
多機能自動給水栓「水まわりくん+エアダスバルブ」 NEWアイコン
水田用給水栓の自動開閉を可能にする水田水管理省力化システム「水まわりくん+エアダスバルブ」を販売。
水田用給水栓「エアダスバルブ」の上部に設置することで、コンパクト設計を実現。動力はソーラー発電+バッテリー
給水の周期・開始時間・長さ、バルブの開度を任意に設定するスケジュール管理と水田センサーなどを用いたセンサー管理とを組合せたバルブの開閉管理を行うことが可能。

技術概要1
技術概要2
技術概要3
企業等HP(外部リンク)
積水化学工業株式会社
環境・ライフラインカンパニー
管材事業部/総合研究所
TEL:03-6748-6521
FAX:03-6748-6562
エスロンタイムズon the Web
https://www.eslontimes.com
6 スマート水管理システム「水田ファーモ」(給水ゲート) NEWアイコン
現場が抱える水管理負担の課題について、太陽光発電・長距離無線通信(LPWA)・クラウド管理を活用することにより、遠隔で水田の水位が確認できるシステム。
現在販売中の水位センサーと連動。
条件の悪い開水路での使用可能。
デバイスは太陽光発電+バッテリーにより電源設備等の施工不要。
技術概要1
技術概要2
株式会社ぶらんこ
TEL:028-600-4501
https://blanco.jp/
Info@blanco.jp
7 国産次世代型統合環境制御機・温調みつばち 施設栽培での課題である、制御性能・拡張性・耐雷性・コスト適正化を実現。施設栽培に接続される様々な設備(空調、調光、灌水、炭酸ガスなど)を品目に合わせ適切な環境になるようクラウドから制御。
現在の施設栽培の現場では古い制御機を取り付けているケースが多くあり現在のIT環境においてマッチしていない。
また、「農業人口の減少」「飛び地」「1人あたりの栽培面積の拡大」から現状にマッチした統合環境制御が必要。
技術概要 みらい株式会社立川オフィス
TEL:042-523-1177
nobuaki.choji@go-mirai.jp
8 スマート水田サービスpaditch 設置水田で計測した水位・水温を、利用者が手元のスマートフォン、タブレットまたはパソコンで監視するとともに、水門をタイマーまたは遠隔で開閉することが可能。
水位と連動した自動制御も行う事が可能。
農作業の省力化及び水管理データの蓄積に寄与。
技術概要
企業等HP(外部リンク)
株式会社笑農和
TEL:076-482-3998
https://enowa.jp/
info@enowa.jp
9 既存バルブに後付けできるスマートバルブ『paditchvalve01』 NEWアイコン 『paditchvalve 01』は、既存の水田パイプライン用バルブに専用のアタッチメントで連結して利用。これにより、バルブ本体の交換工事を行うことなく、すでに設置されているバルブをスマート化することが可能。
既存のバルブと連結する方式の採用、部品点数の削減などによりコストを抑制し、従来製品と比較して圧倒的な導入コストの削減が可能。
技術概要
企業等HP(外部リンク)
株式会社笑農和
TEL:076-482-3998
https://enowa.jp/
info@enowa.jp
10 パイプライン給水専用自動給水栓「見HAL君」 NEWアイコン 稲作の水管理負担軽減のために、遠隔地から水管理ができる、給水栓自動制御装置を開発。
圃場に設置したセンサーから、一定時間ごとに水位・水温・湿度などのデータを計測収集。
その情報を元にPCやスマホ等で、遠隔地から給水バルブの開閉が可能。
設定した水位を保ちながら給水バルブ制御の他に、開閉時間を事前に設定して、周期・時間での自動給水も可能。
技術概要1
技術概要2
企業等HP1(外部リンク)
企業等HP2(外部リンク)
上越ICT事業協同組合
TEL:025-526-4718
https://joetsu-ict.net/
Info@itsoft.jp
11 水田用自動給水機AquaPort~アクアポート~ NEWアイコン 農業者の視点で「設置が容易なこと」「安価であること」にこだわって開発した水田用自動給水機。
小型で軽量なので持ち運びも楽々。設置は水口のパイプ(VU管100A , 異型ソケット(別売)によりさまざまな太さに対応可能)に接続するだけ。
下限・上限センサーが水位を監視し、自動で水門を開閉。
開水路の水位高100センチまで正常止水(最適高50センチ)。
技術概要
企業等HP(外部リンク)
北菱電興(株)技術開発事業部
開発部開発グループ
TEL:076-275-8191
https://www.hokuryodenko.co.jp/
お問い合わせはお電話もしくはホームページよりお願いします。(担当:山田)
 

(オ)その他

・その他
  技術名・商品名等
概要
添付資料
参考URL等
お問い合わせ先
1 水稲生育広域モニタリング 人工衛星やドローンを用いた、腐植含有量、草丈、茎数、葉色、収穫適期、タンパク含有量、収量などの推定マップ作成技術、提供する情報の解釈に関するコンサルティング 技術概要 一般財団法人リモート・センシング技術センター
研究開発部
TEL:03-6435-6754
okumura@restec.or.jp

 

(7)防除

(ア)ドローン

ピンポイント散布や、ドリフトをなるべく抑制し、自律飛行できる多機能ドローン
  技術名・商品名等
概要
添付資料
参考URL等
お問い合わせ先
1 農業用ドローン「MG‐1K」 ドローンにより、約10リットルの農薬等を搭載し、1フライトで最大1ヘクタールの散布が可能。
散布装置を交換することで液剤と粒剤に対応可能。
技術概要 株式会社クボタ農業ソリューション営業部国内推進グループ
(担当田中久美子)
TEL:06-6648-3937
kbt_s.d201@kubota.com
2 産業用マルチローター(ドローン) 薬剤を10㍑搭載でき1フライトで1haの散布が可能。
機体が自動で飛行高度を維持するので、オペレーターの負担を軽減し安全で均一性の高い防除が可能。
障害物回避レーダーで万が一の接触事故を回避。
技術概要 ヤンマーアグリジャパン(株)農機推進部
TEL:06-6376-6264
yosuke_abe@yanmar.com
3 産業用無人ヘリコプター名称:AX-2 同軸反転方式及び電動駆動により、既存システムに比べ、高品質な農薬散布性能(落下分散性能により飛散を抑え、稲の株元まで散布でき防除効果が高い)、高い静音性・可搬性を有し、特に中山間地での病害虫防除散布に適した業用無人ヘリコプター
近年創出されているドローン(マルチローター)タイプに対しても、以上の特徴のほか、高信頼性を有している
技術概要1
技術概要2
株式会社AileLinX
TEL:0847-55-1112
ailelinx@ailelinx.co.jp
4 AgriManager、AgriAssistant、
AgriDrone
圃場の空撮画像や気象、センサーのデータをAgri Field ManagerでAI分析し、圃場管理を最適化することで、ドローンによるピンポイント農薬散布が可能。
ドローン技術に加え、自動音声入力可能な作業記録システム(Agri Assistant)とも連携し、総合的に農業をサポート。
2つのシステムを組み合わせることで、収量管理、予測が可能となるよう今後開発予定。
技術概要 株式会社オプティムインダストリー事業本部
TEL:03-6435-8569
noritomo.oonishi@optim.
co.jp

5 DJI Agras MG-1 DJI Agras MG-1は、液体の農薬、肥料および除草剤の様々な散布を高精度に適正な割合でおこなうために設計されたオクトコプターで、農業分野において効率性と管理等力がさらに向上。折りたたみ式のMG-1は10kgの液体を搭載することが可能で、保護等級IP43レベルに適合。噴霧システムと流量センサーにより、高精度な噴霧を実現。自律散布システムでは最大で5機同時で自動薬剤散布を行うことが可能、さらにはDJI 農薬散布管理プラットフォームを使用することで、作業を計画したり、リアルタイムで飛行を管理するなど、機体ステータスを詳細に監視することが可能。 技術概要1
技術概要2
株式会社スカイシーカー
TEL:03-6260-8960
info@skyseeker.jp
6 ドローン:AEROSPRAYER AS5II NEWアイコン 水稲の成育指数(NDVI値)を飛行制御ソフトが読み取って、生育不良エリアにピンポイント追肥するルートを自動生成。さらに農家自身の判断で追肥したい場所を追加設定して散布。地図データと圃場の位置がずれている場合、ドローンを圃場の四隅に続いて置いて正確に設定。
通常散布ルートでも風でドリフトが心配な場合、設定したルートを圃場より小さく、または前後・左右に随意で移動させ、ドリフトを防止。
標準の液剤散布装置は5Lのタンクで0.5haを約6分で散布。液剤追加後バッテリー交換無しに0.5ha、計1ha散布。実績のあるヤマホ工業の農薬散布ノズルを装着し、約4m幅で均一に散布。
技術概要1
技術概要2
☞連絡先
イームズロボティクス(株)
TEL:024-573-7880
http://www.eamsrobo.co.jp/
Info@eams-robo.co.jp


・一度の飛行で、1haの圃場全体に農薬散布が可能となり、かつ軽トラで運搬可能なサイズのドローン
  技術名・商品名等
概要
添付資料
参考URL等
お問い合わせ先
1 DJI AGRAS MG-1 DJI AGRAS MG-1を機体として使用
水稲、麦、大豆、玉ねぎ、山芋、さとうきび、里芋などの畑で導入が進んでおり、じゃがいも、栗、みかん(傾斜地)、りんご(受粉)、甘藷(サツマイモ)も実証中
1フライトで1ヘクタール散布・10Lを搭載して最高時速20kgで散布可能
液剤、粒剤に対応・軽トラで運搬可能なサイズ
技術概要1
技術概要2
企業等HP1(外部リンク)
企業等HP2(外部リンク)
株式会社エアリアルワークス
TEL:099-20-0932
info@arws.jp
農薬散布機ヘリオスアグリ 「農家さんの農家さんによる農家さんのためのドローン」として、過剰な性能やデザインにとらわれず、農薬散布に最適な機能と安全性を兼ね備えた低価格機体「ヘリオスアグリ」を販売。粒剤、溶剤双方に対応。 技術概要1
技術概要2
企業等HP1(外部リンク)
企業等HP2(外部リンク)
東京ドローンプラス / 株式会社ヒューム
TEL:03-6450-1416
info@tdplus.jp
3 産業用マルチローター(ドローン) 薬剤を10㍑搭載でき1フライトで1haの散布が可能。
機体が自動で飛行高度を維持するので、オペレーターの負担を軽減し安全で均一性の高い防除が可能。
障害物回避レーダーで万が一の接触事故を回避。
技術概要 ヤンマーアグリジャパン(株)農機推進部
TEL:06-6376-6264
yosuke_abe@yanmar.com
4 産業用無人ヘリコプター名称:AX-2 同軸反転方式及び電動駆動により、既存システムに比べ、高品質な農薬散布性能(落下分散性能により飛散を抑え、稲の株元まで散布でき防除効果が高い)、高い静音性・可搬性を有し、特に中山間地での病害虫防除散布に適した業用無人ヘリコプターです
近年創出されているドローン(マルチローター)タイプに対しても、以上の特徴のほか、高信頼性を有しており、散布従事者の皆様に安心してご活用いただけます
技術概要1
技術概要2
株式会社AileLinX
TEL:0847-55-1112
ailelinx@ailelinx.co.jp
5 AgriManager、AgriAssistant、
AgriDrone
圃場の空撮画像や気象、センサーのデータをAgri Field ManagerでAI分析し、圃場管理を最適化することで、ドローンによるピンポイント農薬散布が可能。
ドローン技術に加え、自動音声入力可能な作業記録システム(Agri Assistant)とも連携し、総合的に農業をサポート。
2つのシステムを組み合わせることで、収量管理、予測が可能となるよう今後開発予定。
技術概要 株式会社オプティムインダストリー事業本部
TEL:03-6435-8569
noritomo.oonishi@optim.
co.jp
 

(エ)その他

・その他 
  技術名・商品名等
概要
添付資料
参考URL等
お問い合わせ先
1 アグリプロ道システム 作付け品種別圃場への熟練者運行ルートノウハウを端末が自動で記録しデータ化。
米の品種別による飛び地圃場、作業時期が異なる運行ルートを端末がガイド。
地図に道路情報がない経路でも出発圃場から到着圃場へのルートを「区間プロ道」で表示。往復路が重なった経路でも迷わず最短の移動時間が可能。
圃場地番号、委託者名、米の品種、実施作業内容等の情報を端末に表示できる。
PC管理ソフトで経路を事前に作成することが可能。
PC管理ソフトの地図上で管理圃場毎の作付け品種や作業区分を色別に表示が可。
事前打ち合わせの時間と地図印刷の経費が節減可能。
担い手不足対策の新人育成や外部応援の農機運用を端末がサポート。
技術概要 株式会社アヴァス技術部
TEL:076-407-4187
kaz@avance-eng.co.jp
2 営農支援サービス天晴れ 人工衛星やドローンからの撮影画像を解析し、農作物の生育状況を可視化するサービスを展開。圃場内ならびに圃場間の生育度合いや仕上がり度合いを可視化することが出来るため、繁忙期の見回り等の農作業時間を大幅に削減するとともに、高品質化、高収量化、燃料コストの削減の効果がある。
診断結果は、個人生産者から地域利用、新規就農支援まで幅広く利活用のシーンがあり、翌年の土づくりや継承地対策にも活用できる。
ク ラウド型のサービス形態となっており、インターネット環境があれば登録料や月額使用料、専用システム導入などの初期費用が不要でサービス利用を開始可能。他の圃場管理システムや営農履歴管理サービスなどとの連携も可能。
技術概要
企業等HP(外部リンク)
国際航業株式会社
TEL:03-4476-8069
agriculture@kk-grp.jp
 

(8)収穫~出荷

(ア)コンバイン

大規模化に伴い、籾運搬に要する時間が増大することから、コンバインに追従し、籾が満タンになったら自動でトラック等に排出する圃場内運搬車
  技術名・商品名等
概要
添付資料
参考URL等
お問い合わせ先
1 食味・収量メッシュマップコンバイン
「WRH1200-PF-MAP」
WRH1200A-PF-MAP(自動運転アシスト機能付き)
こく粒流量センサと食味センサにより、圃場内の収量・タンパク含有率・水分情報を連続的に測定。
コンバインに搭載した直接通信ユニットを介して、位置情報に紐づけられた食味・収量情報をKSASサーバに送信し、細分化されたメッシュで見える化。
これにより、効率的な栽培体系、高品質・高収量化を実現。
技術概要 株式会社クボタ農機国内営業部(担当森、名越)
TEL:06-6648-3938
kbt_s.b780@kubota.com


・自動で走行や刈り取りが可能なコンバイン
  技術名・商品名等
概要
添付資料
参考URL等
お問い合わせ先
1 自動運転アシストコンバイン
「WRH1200A」
RTK-GPSを利用し、自動で走行や刈取りが可能なコンバイン(オペレータの乗車は必要)。
グレンタンク内のモミ重量から、モミ排出の最適なタイミングで事前に設定した排出ポイント付近まで移動。
モミ排出後に、自動アシストを再開すると、最短で刈り取り位置まで自動で移動。
技術概要 株式会社クボタ農機国内営業部(担当森、名越)
TEL:06-6648-3938
kbt_s.b780@kubota.com
2 食味・収量メッシュマップコンバイン
「WRH1200-PF-MAP」
WRH1200A-PF-MAP(自動運転アシスト機能付き)
こく粒流量センサと食味センサにより、圃場内の収量・タンパク含有率・水分情報を連続的に測定。
コンバインに搭載した直接通信ユニットを介して、位置情報に紐づけられた食味・収量情報をKSASサーバに送信し、細分化されたメッシュで見える化。
これにより、効率的な栽培体系、高品質・高収量化を実現。
技術概要 株式会社クボタ農機国内営業部(担当森、名越)
TEL:06-6648-3938
kbt_s.b780@kubota.com

 

(イ)乾燥

・清掃作業を軽減できる乾燥機
  技術名・商品名等
概要
添付資料
参考URL等
お問い合わせ先
1 担い手農家向け「高付加価値型乾燥システム」 収獲した穀物を個別コンテナに搬入し、静置式除湿乾燥を行う
パイプハウスとプレハブがあれば設置可能で、搬送コンテナがそのまま乾燥機に
コンバインによる刈取りから乾燥まで一貫作業ができる
コンテナ単位の乾燥なので多品目の乾燥に対応可能
除湿乾燥と温室熱利用の相乗効果で省エネと高品質を両立
技術概要1
技術概要2
ヤンマーグリーンシステム(株)農産施設部
TEL:06-6376-6333


・安価で容量の大きい乾燥装置
  技術名・商品名等
概要
添付資料
参考URL等
お問い合わせ先
1 担い手農家向け「除湿乾燥兼低温貯蔵庫」 収獲した生籾を除湿乾燥し、低温で長期保管する
乾燥から貯蔵までひとつの設備で行え、籾の移動作業が不要
除湿乾燥のため夜間乾燥作業が不要
火を使わないので自然に近い方式の乾燥のため米に優しく良質な乾燥ができる
麦・大豆等の穀物貯蔵にも利用可能
技術概要 ヤンマーグリーンシステム(株)農産施設部
TEL:06-6376-6333
2 担い手農家向け「高付加価値型乾燥システム」 収獲した穀物を個別コンテナに搬入し、静置式除湿乾燥を行う
パイプハウスとプレハブがあれば設置可能で、搬送コンテナがそのまま乾燥機に
コンバインによる刈取りから乾燥まで一貫作業ができる
コンテナ単位の乾燥なので多品目の乾燥に対応可能
除湿乾燥と温室熱利用の相乗効果で省エネと高品質を両立
技術概要1
技術概要2
ヤンマーグリーンシステム(株)農産施設部
TEL:06-6376-6333



(ウ)調整・保管

米の品質は調製・保管時の水分コントロールで決まることから、これを適切に管理することができる保存技術
  技術名・商品名等
概要
添付資料
参考URL等
お問い合わせ先
1 担い手農家向け「除湿乾燥兼低温貯蔵庫」 収獲した生籾を除湿乾燥し、低温で長期保管する
乾燥から貯蔵までひとつの設備で行え、籾の移動作業が不要
除湿乾燥のため夜間乾燥作業が不要
火を使わないので自然に近い方式の乾燥のため米に優しく良質な乾燥ができる
麦・大豆等の穀物貯蔵にも利用可能
技術概要 ヤンマーグリーンシステム(株)農産施設部
TEL:06-6376-6333
2 担い手農家向け「高付加価値型乾燥システム」 収獲した穀物を個別コンテナに搬入し、静置式除湿乾燥を行う
パイプハウスとプレハブがあれば設置可能で、搬送コンテナがそのまま乾燥機に
コンバインによる刈取りから乾燥まで一貫作業ができる
コンテナ単位の乾燥なので多品目の乾燥に対応可能
除湿乾燥と温室熱利用の相乗効果で省エネと高品質を両立
技術概要1
技術概要2
ヤンマーグリーンシステム(株)農産施設部
TEL:06-6376-6333
 

(カ)その他

・その他
  技術名・商品名等
概要
添付資料
参考URL等
お問い合わせ先
1 アグリプロ道システム 作付け品種別圃場への熟練者運行ルートノウハウを端末が自動で記録しデータ化。
米の品種別による飛び地圃場、作業時期が異なる運行ルートを端末がガイド。
地図に道路情報がない経路でも出発圃場から到着圃場へのルートを「区間プロ道」で表示。往復路が重なった経路でも迷わず最短の移動時間が可能。
圃場地番号、委託者名、米の品種、実施作業内容等の情報を端末に表示できる。
PC管理ソフトで経路を事前に作成することが可能。
PC管理ソフトの地図上で管理圃場毎の作付け品種や作業区分を色別に表示が可。
事前打ち合わせの時間と地図印刷の経費が節減可能。
担い手不足対策の新人育成や外部応援の農機運用を端末がサポート。
技術概要 株式会社アヴァス技術部
TEL:076-407-4187
kaz@avance-eng.co.jp
2 パワードウェアATOUN MODEL Y モーターによるアシストで持ち上げ/持ち下げ/中腰姿勢時の腰部負担を軽減
人の動きに追随し、動作ごとに自動に的確なアシストを実現
着脱が容易、軽量(4.5kg)、バッテリー駆動、防塵・防水対応(IP55相当)のため野外・屋内問わず、活動可
スリムな通気性確保した形状とファンスーツ併用可
技術概要
企業等HP(外部リンク)
株式会社ATOUN
TEL:0742-71-1878
r.miwa@atoun.co.jp
3 情報支援機能付コンバイン 刈取りしながら収量を確認することができ、また専用のWEBサイトでほ場毎の収量管理が可能。
収量データに基づき、翌年度のほ場毎の土づくりや施肥設計に役立てることが可能。
こぎ胴・揺動板からの籾のロス量を自動で検知し、機械が各部を自動調整することでロスを低減。
技術概要1
技術概要2
企業等HP(外部リンク)
ヤンマーアグリジャパン(株)農機推進部
TEL:06-6376-6264
yosuke_abe@yanmar.com
4 倒伏状況自動判定システム 深層学習を用いた画像処理により収穫時の倒伏状況を判定しRTKGNSSによる高精度測位情報を用いて精度の高い倒伏マップの生成が可能で、階層的圃場マップ(ミルフィーユデータセット)の構成に寄与できる。 技術概要 鳥取大学農学部生物生産システム工学分野
morimoto@tottori-u.ac.jp
5 営農支援サービス天晴れ 人工衛星やドローンからの撮影画像を解析し、農作物の生育状況を可視化するサービスを展開。圃場内ならびに圃場間の生育度合いや仕上がり度合いを可視化することが出来るため、繁忙期の見回り等の農作業時間を大幅に削減するとともに、高品質化、高収量化、燃料コストの削減の効果がある。
診断結果は、個人生産者から地域利用、新規就農支援まで幅広く利活用のシーンがあり、翌年の土づくりや継承地対策にも活用できる。
クラウド型のサービス形態となっており、インターネット環境があれば登録料や月額使用料、専用システム導入などの初期費用が不要でサービス利用を開始可能。他の圃場管理システムや営農履歴管理サービスなどとの連携も可能。
技術概要
企業等HP(外部リンク)
国際航業株式会社
TEL:03-4476-8069
agriculture@kk-grp.jp
6 HAL®腰タイプ作業支援用 人が物を動かすときに脳から伝えられる生体電位信号をセンサーによって検知し、作業者の意思に従った動作をアシストする装着型ロボット。
腰に装着することで、作業中に腰部にかかる負荷を最大40%低減し、腰痛を引き起こすリスクを減らす。
本体重量はバッテリー含めて3kgと軽量、コンパクト
企業等HP(外部リンク) CYBERDYNE株式会社
TEL:029-869-8448
nakazawa_taishi@cyber
dyne.jp
 

(9)その他

(ア)バイオマス発電

籾殻を活用した発電機器
  技術名・商品名等
概要
添付資料
参考URL等
お問い合わせ先
1 籾殻ガス化発電システム 農業残渣である籾殻を活用したトリジェネレーション技術
籾殻を高温ガス化することで、電気と熱にエネルギー変換が可能
籾殻燃焼時に課題となっている結晶質シリカ(発がん性物質)の生成抑制に成功
副産物のくん炭(肥料成分を含む)を土壌還元することでマテリアルリサイクルが可能
技術概要 ヤンマーエネルギーシステム株式会社
ソリューション推進室技術開発部ガス化グループ
TEL:0749-52-8420
hiroaki_wakizaka@yanmar.
com


(ウ)労務管理

ほ場毎の作業者の作業時間等をスマホなどで簡単に管理するシステム
  技術名・商品名等
概要
添付資料
参考URL等
お問い合わせ先
1 NEC 生産原価データ活用サービス NEWアイコン 日々の作業実績(人件費や使用した資材等)を記録することで、品目ごとの生産原価を見える化するサービス。
作業日誌データから人件費や材料コストを、収穫出荷データから売上や仕掛を算出。
正確な再生産価格を把握することで、健全な農業経営を支援。
技術概要
企業等HP(外部リンク)
NECソリューションイノベータ株式会社
スマートアグリサポートセンター
TEL:03-5569-3313
agri@nes.jp.nec.com
2 NEC 営農指導支援システム
NEWアイコン
作物の生育目標に基づいた対策や指導により、高品質で安定的な農業生産を支援するサービス
圃場の気象・環境、作物の生育状況、作業実を管理・共有し、生産法人や産地全体での栽培管理に活用
圃場状況地図表示、農薬散布の利用制限警告、生育・収穫への影響要因AI分析などの各種支援機能あり
技術概要
企業等HP(外部リンク)
NECソリューションイノベータ株式会社
西日本支社第一ソリューション事業部
TEL:082-512-1378
aff-einou@nes.jp.nec.com
3 スマホを活用した作業時間管理システム NEWアイコン ほ場内で作業する作業者の各作業内容毎の時間管理のシステムを開発。
本システムは、コンダクターとの連携も可能であり、それによりさらに栽培面から作業者の管理が可能。
各圃場、作業日、作業内容、作業者ごとに集計し、農業生産法人の勤務管理ステムとの連携も可能。
データは弊社サーバー(もしくは個人契約サーバー)にて管理し、圃場ではスマートフォンで管理やデータの確認が可能。
技術概要
企業等HP1(外部リンク)
企業等HP2(外部リンク)
(株)テヌート担当:杉田明光
TEL:080-7792-0116
FAX:03-6859-8401
http://www.tenuto.co.jp/
contact@tenuto.co.jp
4 農業用のクラウド勤怠管理「第一次産業ネット勤怠」 NEWアイコン 農家や農業法人の人材管理に関する諸業務について、クラウド型の勤怠管理システム(Web上アプリケーション)を提供することで、業務時間の大幅な圧縮、データの可視化を目指す。
現在は「勤怠管理」の機能を提供しており、従業員が個々人のスマートフォンで出退勤を打刻し、管理者は一括でデータを確認・出力することが可能。
打刻データは位置情報も記録することができるため、遠隔地の農場や出張先での打刻にも対応。
技術概要1
技術概要2
技術概要3
企業等HP(外部リンク)

(株)Life Lab技術部開発課
TEL:03-5544-8666
http://www.Life-Lab.co.jp/
info@life-lab.co.jp



(エ)その他

・その他
  技術名・商品名等
概要
添付資料
参考URL等
お問い合わせ先
1 クラウドまるみえホカクン ICTにより檻罠を遠隔監視し、獣の餌付け状態が確認できるともに、ライブ映像を見ながら捕獲が可能。
獣の侵入、捕獲をメールでお知らせ。
クラウドを介して地域で連携して複数の檻・罠の管理ができ、情報共有により管理者の技術向上が可能。
技術概要
企業等HP(外部リンク)
兵庫県立大学
鳥羽商船高専専門学校
株式会社アイエスイー
三重県農業研究所
TEL:0596-36-3805
(株式会社アイエスイー)
info@ise-hp.com
2 HAL®腰タイプ作業支援用 人が物を動かすときに脳から伝えられる生体電位信号をセンサーによって検知し、作業者の意思に従った動作をアシストする装着型ロボット。
腰に装着することで、作業中に腰部にかかる負荷を最大40%低減し、腰痛を引き起こすリスクを減らす。
本体重量はバッテリー含めて3kgと軽量、コンパクト
企業等HP(外部リンク) CYBERDYNE株式会社
TEL:029-869-8448
nakazawa_taishi@cyber
dyne.jp

お問合せ先

大臣官房政策課

担当者:田島、川上、粟野
代表:03-3502-8111(内線3081)
ダイヤルイン:03-3502-8448
FAX番号:03-3508-4080