このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

女性の活躍で経営発展へ~全国13農業法人ヒアリング結果より~(平成26年度実施)

女性を積極的に活用している農業法人・農業経営体調査」を実施しました。

地域活性化や農業の6次産業化の担い手として重要な役割を果たしている女性の活躍推進は、農業の成長産業化にとって不可欠です。

平成26年度に農林水産省が行った委託調査(「女性を積極的に活用している農業法人・農業経営体調査」、委託調査先:公益社団法人日本農業法人協会)では、女性が活躍している全国の13農業法人にヒアリングし、現状と課題の把握を行いました。

その結果、
(1) 女性役員が在職
(2) 適材適所の人材配置を実施
(3) ワークライフバランスを導入
(4) トイレ・休憩室等の環境整備を実践
(5) 農作業の効率化・負担減を工夫
(6) 加工・販売部門を保有
(7) 社員の考えを取り入れる仕組みの導入

という点が概ね13法人の特長であることがわかりました。

13法人の経営者は、これらの特長により、経営面にプラス効果が生まれているとの認識を示しています。
ヒアリングでは各法人の経営の特長、生産部門での女性の活躍状況、法人が直面した女性活躍に関する課題やその解決方法、そして法人経営者及び女性社員・職員の意見を聴き、別添のとおり取りまとめました。(調査時期:平成26年12月~27年2月)

ヒアリング調査対象の概要

調査対象となった13法人の地域、主な生産内容は下記のとおり。

北海道:(有)和田農園(野菜)、(有)ドリームヒル(酪農)
東 北:デリシャスファーム(株)(野菜)
関 東:(有)リーフファームみのり(野菜)、(株)なかひら農場(果樹)
北 陸:(有)農園ビギン(水稲・野菜)、(株)アグリたきもと(水稲)
東 海:(農)セントラルローズ(花き)
中 国:(有)旭養鶏舎(採卵鶏)
四 国:(株)山口園芸(花き)、(株)ニュウズ(果樹)
九 州:(有)七島農産(水稲)、セブンフーズ(株)(養豚)

別添

平成26年度 女性を積極的に活用している農業法人・農業経営体調査(ヒアリング調査)

お問合せ先

経営局就農・女性課女性活躍推進室

代表:03-3502-8111(内線5194)
ダイヤルイン:03-3502-6600
FAX番号:03-3593-2612

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader