このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

農業教育高度化の支援

更新日:令和3年3月18日
担当:経営局就農・女性課


  農林水産省では、若い人が農業の魅力を感じ、将来的に農業を職業として選択し、経営感覚や国際感覚を持つ農業経営者として活躍できるよう、農業教育の高度化を支援することとしています。

令和3年度当初予算について、概算決定の内容をご紹介します。予算成立前であるため、内容の変更がありえます。

1 農業人材力強化総合支援事業のうち農業教育高度化事業

 (1)全国的な取組を支援(全国事業)

  • 先進的かつ時勢に適応した農業知識に関する、オンライン講座の提供
  • 農業教育機関の指導者向け研修
  • 学生などの交流・能力向上に向けた研修


(2)
農業教育機関の取組を支援(地域事業)

  各都道府県ごとに目指すべき農業教育の全体像を明確にした農業教育高度化プランの実現に向けて行われる、以下の取組を支援します。

  • スマート農業、経営管理等の教育カリキュラムの強化
  • 研修用機械、設備の導入による研修環境の改善
  • 国際的な人材育成等に向けた海外研修
  • 社会人へのリカレント農業教育の充実
  • 農業高校等への出前授業などの若者の就農意欲を喚起するための活動
  • eラーニング導入等学びやすい環境の整備

など 

農業人材力強化総合支援事業の概要についてはこちら(PDF : 503KB)
農業教育高度化事業の概要についてはこちら(PDF : 449KB)

2 スマート農業教育推進事業

  農業教育機関でのスマート農業のカリキュラム化を推進するため、ほ場でのデータの取得・分析方法や経営管理ツールの活用方法などの、スマート農業教育コンテンツの提供等を実施します。

スマート農業教育推進事業の概要についてはこちら(PDF : 447KB)

 (参考)令和2年度の支援

〇農業人材力強化総合支援事業のうち農業経営確立支援事業(令和2年度当初予算) 

  新規就農者の育成・確保を図るため、地域の中核的な農業教育機関の高度化や就農を希望する社会人に対するリカレント教育の実施(農業経営確立支援事業のうち農業経営者育成教育事業)、若者の就農意欲を喚起する取組の実施(農業経営確立支援事業のうち新規就農意欲喚起等支援事業)を支援しています。


〇農業労働力確保緊急支援事業(令和2年度補正予算)

  新型コロナウイルス感染症の影響により人手不足となっている農業経営体への援農や就農を支援する目的で研修を実施する研修機関に対して研修に必要となる農業機械・設備の導入を支援します。(補助率:1/2以内)


〇新規就農支援緊急対策事業のうち新規就農支援緊急対策整備事業(令和元年度補正予算)

  就職氷河期世代等を含む幅広い世代の就農を触診するため、就農に必要な知識・技術を学ぶための研修を実施する研修機関に対し、研修に必要となる施設・設備の導入を支援します。(補助率:1/2以内)

お問合せ先

経営局就農・女性課

担当者:農業教育グループ
代表:03-3502-8111(内線5196)
ダイヤルイン:03-6744-2160
FAX:03-3593-2612

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader