このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー
  • こどもページトップ
  • 遊ぶ・体験する
  • 学ぶ・調べる
  • 大人と一緒に
  • 保護者・教員の皆様へ
  • 身近な作物
  • なかまさがしカルタ
  • 身近な自然探検隊

なすについて

他の作物を見る

  • 作物の花あてクイズ
  • 生産量上位について
  • 作物について
  • 栽培方法
  • レシピ

なすはどこから来たの?

<ふうこ> まなぶくん、なすはもともとどこで生まれた作物だったか知ってる?

<まなぶ> ん~、夏に採(と)れる野菜(やさい)だし、暑いところで生まれた作物のような気がするなあ~。

<ふうこ> そう、なすはインドで生まれた作物だと考えられていて、日本は寒い冬があるので、1年でかれてしまうけど、インドのような暑い地方だと、何年も生きていられて、枝(えだ)も大きくなって、木のようにかたくなるんだって。

<まなぶ> 日本には、いつごろやって来たの?

<ふうこ> 奈良時代(ならじだい)のころにはもう日本に伝(つた)わっていたそうで、長い間日本各地(かくち)で作られているうちに、地域(ちいき)によって、ちがった形のなすが作られるようになったんだって。

<まなぶ> へえ~、どんな形のなすがあるの?

<ふうこ> 関東地方(かんとうちほう)ではタマゴ型(がた)で小さめのなす、東海地方から西日本にかけてはタマゴ型(がた)で関東地方(かんとうちほう)のなすより大きめ、北信越(ほくしんえつ)・東北では丸いなす、
九州と東北地方の一部では長いなすと
地域(ちいき)ごとにいろいろな
品種(ひんしゅ)の
なすが作られていたの。

地域ごとに品種がちがうなすのイラスト

<まなぶ> まん丸な京都の「賀茂(かも)なす」、小さくて丸い山形の「民田(みんでん)なす」なんていうのも有名だね。

<ふうこ> でも、最近(さいきん)は育てやすいタマゴ型(がた)だけれども長い形の品種(ひんしゅ)を作る農家がふえていて、作られる品種(ひんしゅ)の数がへっているそうよ。

<まなぶ> その地方だけで採(と)れる、めずらしい品種(ひんしゅ)が少なくなってきているのはざんねんだね。

すすむ

なすの栽培方法