このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー
  • こどもページトップ
  • 遊ぶ・体験する
  • 学ぶ・調べる
  • 大人と一緒に
  • 保護者・教員の皆様へ
  • 身近な作物
  • なかまさがしカルタ
  • 身近な自然探検隊

ねぎのレシピ

他の作物を見る

  • 作物の花あてクイズ
  • 生産量上位について
  • 作物について
  • 栽培方法
  • レシピ

ねぎま鍋(なべ)

ねぎま鍋(なべ)の写真

 冬の鍋(なべ)ものには欠(か)かせないねぎですが、昔から薬になる食べ物として大切にされていました。
 焼(や)いたねぎをタオルにくるんでのどにまくと、せきやのどの痛(いた)みが治(なお)ると言われていますし、今でも風邪(かぜ)の時に食べると良(よ)いと言われています。
 「ねぎま鍋(なべ)」は、なんと江戸(えど)時代からしょみんの間で食べられていた料理(りょうり)です。
 日本中、さまざまな種類(しゅるい)のねぎがありますが、「ねぎま鍋(なべ)」に使うのは、白い部分の多いねぎが良(よ)いでしょう。

  • ねつりょう:307kcal
  • タンパクしつ:52.7g
  • ししつ:1.1g
  • たんすいかぶつ:24.2g
  • ビタミンC:8mg
  • えんぶん:6.3g

数値(すうち)は2~3人分

用意するもの (できあがり人数2~3人分)

  • 長ねぎ1本
  • マグロの角切り
    200g

<調味料(ちょうみりょう)(だし)>

  • ダシこんぶ10センチ角1枚(まい)
  • 酒大さじ1
  • しょうゆ大さじ2
  • みりん大さじ1
ねぎの写真

作り方 おとなの人と一緒に作ってね

(1)長ねぎは、5センチくらいの長さに切る。
(2)鍋(なべ)に水400mlとダシ昆布(こんぶ)、(1)の長ねぎを入れて火にかける。
鍋(なべ)にねぎを入れている写真

 
(3) (2)に酒、しょうゆ、みりんを入れて
    ふっとうさせたところにマグロの角切りを入れ、
    煮(に)えたらできあがり。
マグロの角切りを入れている写真

 
 

豆ちしき

 人の体に良(よ)いねぎですが、犬や猫(ねこ)など一部の動物では、ねぎを食べると血の中の赤血球がこわれて死んでしまう場合もありますので、むやみに動物にねぎを食べさせないようにしましょう。

レシピ&メモをいんさつする
(PDF:432KB)

ページのはじめへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader