このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー
  • こどもページトップ
  • 遊ぶ・体験する
  • 学ぶ・調べる
  • 大人と一緒に
  • 保護者・教員の皆様へ
  • 身近な作物
  • なかまさがしカルタ
  • 身近な自然探検隊

トマトの栽培方法

他の作物を見る

  • 作物の花あてクイズ
  • 生産量上位について
  • 作物について
  • 栽培方法
  • レシピ

栽培(さいばい)カレンダー(露地栽培(ろじさいばい))

3月はタネまき、5月は植えつけ、5月から6月は成長、7月から9月は収穫
タネまき・間引きと畑の準備

本葉が出た様子 苗(なえ)を育てるためのビニール製(せい)の植木鉢(うえきばち)に3~4粒(つぶ)ずつタネをまきます。本葉が2枚(まい)程度(ていど)出たら、元気のよいもの1つを残(のこ)してその他のものは間引きます。育った苗(なえ)を植える畑に肥料(ひりょう)をまいてよくたがやします。
 トマトの苗(なえ)を植える「うね」を作って、マルチフィルムという保護膜(ほごまく)をはっておきます。雨が降(ふ)ったり水やりをした時にドロがはねあがって、土の中にいる病原菌(びょうげんきん)がトマトの実につくのを防(ふせ)ぐためです。

すすむ

料理のレシピを見る