このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

G7新潟農業大臣会合の開催及び森山農林水産大臣及び佐藤農林水産大臣政務官の国内出張の結果概要について

平成28年4月23日(土曜日)から24日(日曜日)に、G7新潟農業大臣会合が開催されました。森山農林水産大臣及び佐藤農林水産大臣政務官は、G7新潟農業大臣会合に出席したほか、二国間会談等を行いました。

1.日程

(1)平成28年4月23日(土曜日)

  • G7新潟農業大臣会合
  • 二国間会談
  • 農林水産省及びG7新潟農業大臣会合開催推進協議会共催歓迎レセプション
  • 森山農林水産大臣主催夕食会

(2)平成28年4月24日(日曜日)

  • G7新潟農業大臣会合
  • 二国間会談
  • 現地視察(いくとぴあ食花及び亀田製菓本社・亀田工場) 

2.場所

朱鷺(とき)メッセ (新潟県 新潟市 中央区万代島6-1) 

3.出席者

(1) G7

  • 我が国:森山農林水産大臣及び佐藤農林水産大臣政務官
  • 米国:ヴィルサック農務長官
  • ドイツ:シュミット食糧・農業大臣
  • イタリア: マルティーナ農林政策大臣
  • カナダ:マコーレー農務・農産食品大臣
  • EU:ホーガン農業・農村開発担当委員
  • 英国:ユースティス農業・食糧・海洋環境担当国務大臣(閣外)
  • フランス:ダナ駐日大使

(2) 国際機関

  • FAO(国連食糧農業機関):グスタフソン事務局次長
  • OECD(経済協力開発機構):アッシュ貿易・農業局長

4.概要

(1) G7新潟農業大臣会合

  世界の食料安全保障の強化に向け、農業者の高齢化、コミュニティに基づく活動の危機、食料需要の増加、異常気象等の農業を取り巻く新たな課題に対処するために必要な政策や取組について議論を行い、その成果を世界の食料安全保障の強化に向けた「新潟宣言」として採択・発出しました。

(2) 二国間会談

  ヴィルサック米農務長官、マルティーナ・イタリア農林政策大臣、ユースティス英農業・食糧・海洋環境担当国務大臣(閣外)、マコーレー・カナダ農務・農産食品大臣、シュミット独食糧・農業大臣と、二国間の協力強化等に関する議論を行いました。

(3) その他

 最新技術の紹介と、地元新潟や東日本大震災被災地の食材、GI登録された食品等を用いた和食などによるおもてなしを行いました。

5.参考

G7新潟農業大臣会合の概要(PDF : 225KB)

G7新潟農業大臣会合宣言(原文)(PDF : 317KB)

G7新潟農業大臣会合宣言(日本語仮訳)(PDF : 407KB)

お問合せ先

大臣官房国際部国際機構グループ

担当者:目德、伊藤
代表:03-3502-8111(内線3505)
ダイヤルイン:03-3502-8497
FAX:03-3502-0735

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader