このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

第4回APEC食料安全保障担当大臣会合の結果概要

1.日程及び場所

日程:平成28年9月24日(土曜日)から29日(木曜日)まで
場所:ペルー(リマ及びピウラ)

2.APEC食料安全保障担当大臣会合

(1)出席者


国・地域:


我が国、ペルー(議長)、豪州、ブルネイ、カナダ、チリ、中国、香港、インドネシア、韓国、マレーシア、メキシコ、ニュージーランド、パプアニューギニア、フィリピン、ロシア、シンガポール、チャイニーズ・タイペイ、タイ、米国、ベトナム  21の国・地域

国際機関:

FAO(国連食糧農業機関)、IFPRI(国際食料政策研究所)、CIP(国際イモ類研究センター)

(2)概要

今次会合は、「地域フードマーケットの促進」をテーマに、(a)市場アクセス、貿易及び投資の促進、(b)気候変動と持続可能な農業、(c)農村と都市の開発について議論しました。

APEC域内の食料安全保障を強化し、持続可能な食料システムを構築するための世界に向けた力強いメッセージとして「APEC食料安全保障に関するピウラ宣言」が採択されました。

3.要人との意見交換

エルナンデス・ペルー農業灌漑大臣、曹(ソウ)・チャイニーズ・タイペイ農業委員会主任委員及びズアイン・ベトナム農業・農村開発副大臣とバイ会談を行い、農産物等の貿易、協力強化等について意見交換を行いました。

4.現地日系人との懇談

ペルーにおける日本食及び日本産農林水産物の普及に関する情報収集を行うとともに、ペルー日系人協会を訪問し、日ペルー間の文化交流・親善関係の促進等のために実施している様々な活動について説明を受けました。

5.現地企業の視察

日系人が経営する水産加工の現地企業であるサカナ・デル・ペルー社を訪問し、施設を視察するとともに意見交換を行いました。

6.参考

APEC食料安全保障に関するピウラ宣言(英文)(PDF : 99KB)
APEC食料安全保障に関するピウラ宣言(仮訳)(PDF : 354KB)
APEC食料安全保障に関するピウラ宣言(仮訳概要)(PDF : 149KB)

お問合せ先

大臣官房国際部国際機構グループ

担当者:目德、川島
代表:03-3502-8111(内線3501)
ダイヤルイン:03-6738-6156
FAX番号:03-3502-0735

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader