このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

2020年世界食料デー

世界食料デー(10月16日)は、特に最も脆弱な人々が危機から回復することを目指し、持続可能で強靱性(レジリエンス)のある食料システム(※)の構築に向けた世界的な連帯を呼びかけるものであり、毎年、世界各国で様々なイベントが開催されます。
農林水産省は、このような取組に積極的に参加し、食料の重要性について啓発するとともに、参加者の皆様と共に考える機会としています。

 ※食料の生産、加工、輸送及び消費に関連する一連の活動を指す。

1.世界食料デーとは

1945年10月16日に国連食糧農業機関(FAO)が創設されたことを記念し、毎年10月16日は、世界の食料問題を考える日として、国連により1981年から「世界食料デー」として定められています。これは、飢餓に苦しむ人々、全ての人々に健康的な食事を確保する必要性について、世界的な意識喚起と行動を促す国連の記念日であり、世界の一人ひとりが協力し合い、世界に広がる栄養不良、飢餓、極度の貧困を解決していくことを目的としたものです。

2.世界食料デーイベント

世界食料デーには、毎年、世界各国で様々なイベントが開催されており、農林水産省でも以下のようなイベントを通じ、SDGsに掲げられている、飢餓と栄養不良のない世界を実現する方法に関する国内の議論を深めています。

(1)FAO主催、WFP・IFAD共催「2020年世界食料デーイベント」

下記の内容で行われたパネルディスカッションでは、持続可能な開発目標(SDGs)にも掲げられている、飢餓と栄養不良のない世界を実現する方法について話し合い、大澤農林水産審議官からは、新型コロナが我が国の農業・食料に与える影響等について説明しました。質疑応答を通じ、新型コロナにおける食料サプライチェーンの強靭性(レジリエンス)を強化することの重要性等について認識を共有しました。

日時:令和2年10月16日(金曜日)16時00分 – 17時30分(オンライン)
テーマ:「育て、養い、持続させる。共に―未来をつくる私たちのアクション」
開会挨拶 鷲尾 英一郎 外務副大臣
冒頭プレゼンテーション FAO駐日事務所長 日比 絵里子氏
パネルディスカッション
モデレーター:FAO日本担当親善大使 国谷 裕子氏(元クローズアップ現代キャスター)
パネリスト:IFAD資金調達部長 ロン・ハートマン
                 WFP日本事務所代表 焼家 直絵氏
                 FAO駐日連絡事務所長 日比 絵里子氏
                 農林水産省 農林水産審議官 大澤 誠
閉会挨拶 FAO日本担当親善大使 中村 勝宏氏

FAO主催、WFP・IFAD共催「2020年世界食料デーイベント」Web会議室内風景



(2)国連主催「世界食料デー24時間グローバルリレー」

各国のお昼の時間に合わせ、太平洋の島国から順番に繋ぎ、食料システムに関わる多様な関係者のトークリレーを行いました。農林水産省からは、国際部米田国際交渉官が参加し、SDGs達成に向けた食料システムのサスティナビリティとは何かについて、経済・社会・環境のバランスが重要であることや、我が国の農業が長年、自然との調和や関わりの中で営まれてきた歴史を世界に広める重要性を説明しました。

国連主催「世界食料デー24時間グローバルリレー」

(3)農林水産省正面玄関でのPR活動

世界食料デー(10月16日)当日のお昼には、食と関わる時間帯を活用して、農林水産省の正面玄関で大型モニターによる各種世界食料デーイベントの放映や、職員によるパンフレット配布を行い、来省者や職員に世界の食料問題の発信を行いました。

3.(参考)イベント詳細情報

2020年 世界食料デーイベント /World Food Day Event 2020(外部リンク)
http://www.fao.org/japan/announcements/2020/1016/en/

世界食料デー24時間グローバルリレー(外部リンク)
https://www.eventbrite.com/e/voices-of-food-systems-live-24-hour-global-relay-conversation-tickets-123449469687#

お問合せ先

大臣官房国際部国際機構グループ

担当者:国際連合班 早坂、松本
代表:03-3502-8111(内線3503)
ダイヤルイン:03-3502-8498
FAX番号:03-3502-0735