このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

利用案内

利用資格

国立国会図書館支部図書館である、農林水産省図書館及び林野庁図書館は、行政・司法職員に対する図書館サービスを主目的とする、農林水産関連資料を広く所蔵する専門図書館ですが、満18歳以上の方であれば、一般の方の図書館利用(資料の閲覧、複写)が可能です。

開館時間

午前9時30分~午後5時00分

休館日

土・日曜日、祝休日、振替休日、年末年始(令和元年12月27日~令和2年1月5日)、毎月上旬に定める蔵書整理日(月例休館日)、その他館長が別に定める日

利用方法(農林水産省本館南玄関での入館手続きが必要です。)

農林水産省・林野庁図書館をご利用の際には、農林水産省本館南玄関の受付にお越しください(案内図はこちら)。

玄関受付にて、「図書館を利用します。」と声をかけていただき、身分の確認できるもの(身分証明書、運転免許証、保険証、マイナンバーカード等)をご提示願います。受付でお渡しする利用申請書に氏名等をご記入いただいた後、受付より貸与される図書館利用専用の入館証を携帯の上、庁舎内へお入りください。図書館は、庁舎に入ってすぐの廊下右手にあります。図書館の看板横の自動ドアより館内へお入りいただき、館内カウンターの職員に利用申請書をお渡しください。(申請書は、図書館利用の目的以外には使用いたしません。)

館内では、所蔵資料の閲覧が可能です。開架書棚(閲覧スペース内)以外の資料は、カウンター職員がお持ちいたします。

なお、図書館資料の貸出は行っておりません。館内に有料複写機(モノクロ1枚20円、カラー1枚50円)がありますので、著作権の範囲内でご利用いただけます。

また、館内において、所蔵電子・映像情報(CD-ROM、DVD等)の視聴ができますが、媒体によってはご視聴いただけないものがありますので、あらかじめご了承ください。(事前にお電話等でお問い合わせください。)

館内には、拡大鏡及びリーディングトラッカーを備え付けております。ご利用にあたってはカウンター職員にお申し出ください。

閲覧室の写真拡大鏡とリーディングトラッカーの写真

 

 

利用上の注意
持ち込みを禁止するもの

次のものは、原則として館内への持ち込みを禁止します。やむを得ない場合はカウンター職員にお申し出ください。

  • 飲食物
  • パーソナルコンピュータ(PC)
  • コピー機、スキャナー、カメラ(携帯電話、PHS、スマートフォン、タブレット等のカメラ機能を含む)、音響機器、録音・録画機器 等
  • カッター、ハサミなどの刃物類
  • 動植物

手荷物預かりについて

手荷物(必要な手回り品及び貴重品を除く)は備え付けのロッカーに預けてからご利用ください。

ロッカーはダイヤル式でご利用は無料です。

端末機器類の使用について

館内の検索端末(PC)や、映像視聴機器等の設定の変更はしないでください。

また、私物の機器や媒体、USBメモリ等の接続は禁止します。

図書資料の閲覧・複写について

当館ホームページの蔵書検索をご利用いただき、利用したい図書資料を事前に調べてご来館されると便利です。

館内でも蔵書検索が可能です。閲覧スペースにない図書資料はお持ちしますので、カウンター職員にお申し付けください。

ただし、古い図書資料については、状態により閲覧・複写を制限することがあります。

また、電子・映像情報(CD-ROM、DVD等)の複製(コピー)、印刷はできません。

なお、図書資料を複写したものを郵送するサービスは行っておりません。

その他

1.  館内での飲食、喫煙、携帯電話・スマートフォン・PHS等での通話はご遠慮ください。

2.  デジカメ、スマートフォン等での図書資料及び館内の撮影はご遠慮ください。

3.  閲覧スペースは他の利用者の迷惑にならないよう、静粛にご利用願います。

4.  図書館の図書資料や施設、設備は、破損や汚損しないよう丁寧なお取り扱いをお願いします。

5.  貴重品は常に身につけ、所持品の管理にはお気をつけください。(無料のロッカーをご利用いただけます。)

6.  ご不明な点は、カウンター職員にお尋ねください。

案内図

案内図

農林水産省本館南門の写真

地下鉄「A10」出口すぐそばの門を入って直進すると、農林水産省本館南玄関です。

 

 

お問合せ先

農林水産省図書館

代表:03-3502-8111(内線3269)
ダイヤルイン:03-3591-7091
FAX番号:03-3502-9425