このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

世界農業遺産・日本農業遺産

世界農業遺産・日本農業遺産
世界農業遺産とは
日本農業遺産とは
認定地域紹介
認定申請手続
世界農業遺産等専門家会議
リンク集
世界農業遺産・日本農業遺産認定地域の写真

世界農業遺産及び日本農業遺産は、社会や環境に適応しながら何世代にもわたり継承されてきた独自性のある伝統的な農林水産業と、 それに密接に関わって育まれた文化、ランドスケープ(※1)及びシースケープ(※2)、農業生物多様性(※3)などが相互に関連して一体となった、 将来に受け継がれるべき重要な農林水産業システムを認定する制度です。

  1. ランドスケープ:土地の上に農林水産業の営みを展開し、それが呈する一つの地域的まとまり
  2. シースケープ:里海であり、沿岸海域で行われる漁業や養殖業等によって形成されるもの
  3. 農業生物多様性:食料及び農業と関わりのある生物多様性及び遺伝資源が豊富であること

新着情報

パンフレット

世界農業遺産認定地域の認定後の取組状況

世界農業遺産の認定地域では、認定を契機として様々な取組が行われています。

認定地域の行事予定・イベント情報

お問合せ先

農村振興局農村政策部鳥獣対策・農村環境課農村環境対策室

担当者:農業遺産班
代表:03-3502-8111(内線5621)
FAX:03-3502-7587

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader