このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

農山漁村を支える地域運営組織事例集

農林漁業の振興と地域コミュニティの維持に向けて

農山漁村地域では、都市部に先駆けて人口減少や少子高齢化が進行しており、担い手不足などによる農林漁業の衰退に加えて、商店やガソリンスタンドの撤退、公共交通機関や役場機能の縮小などにより将来の生活に不安を抱えている地域が多くあります。
一方で、地域住民が主体となり、農林漁業等の産業振興や生活支援等の様々な活動を行うための組織を立ち上げ、地域活性化を図りつつ、地域コミュニティを維持する取組を行っている事例が全国に存在します。
こうした取組を持続的に行う体制は「地域運営組織」と呼ばれ、農林水産省では関係府省と連携しながら、地域運営組織の形成等を通じた地域を持続的に支える体制づくりを進めています。その一環として、全国の様々な農山漁村地域の持続性確保に向けた地域運営組織の取組を事例集としてまとめました。

農山漁村を支える地域運営組織事例集(PDF : 7,417KB)
【分割版】
その1(PDF : 1,860KB) その2(PDF : 1,946KB) その3(PDF : 1,965KB) その4(PDF : 1,979KB) その5(PDF : 1,929KB) その6(PDF : 1,728KB)

参考情報

<農山漁村地域づくりホットライン>
農林水産省では、食料・農業・農村基本計画に基づき「しごと」、「くらし」、「活力」の3つの柱からなる農村の振興を進めるため、農村の実態や要望を直接把握し、関係府省とも連携して課題の解決を図ることとしています。
このため、農山漁村の現場で地域づくりに取り組む団体や市町村等の皆様からの相談を受け付け、地域づくりに関する取組を後押しするための窓口「農山漁村地域づくりホットライン」を開設しています。
下記リンクより御参照下さい。
農山漁村地域づくりホットライン

お問合せ先

農村振興局農村政策部農村計画課農村政策推進室

代表:03-3502-8111(内線5535)
ダイヤルイン:03-6744-2203
FAX番号:03-3501-9580