このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

農業水利施設の礎を造った広瀬久兵衛

大分県日田市
1790年(寛政2年)~1871年(明治4年)

人物画
広瀬久兵衛の人物画

小ヶ瀬井路
小ヶ瀬井路

1816年(文化13年)、広瀬久兵衛が28歳の時、天災・地変がつづき、人々は大飢餓に苦しんでいました。久兵衛は、日田代官に着任した塩谷大四郎に抜擢されて、「小ヶ瀬井路」に着手しました。

当時、この地区の人々は干ばつに悩み、作物の収穫も不良でした。その現状をなんとかしようと努力し、村人の協力も得て、苦心の末3カ年の歳月をかけて小ヶ瀬井路を完成させました。 これにより用水を受水する地域は、併せて13カ村、2,357石余りとなり、畑が田に変わった村や天水、溜水、湧水に頼っていた村は効用が大きかったようです。

日田の土木工事が一段落つくと、塩屋代官の命により県北地域の干拓事業を開始し、周防灘沿岸の14新田と宇佐の広瀬井堰(第3次)の工事に関係しました。

久兵衛は、各地区の工事が始まると現地に住み、毎日工事現場に通うとともに、笠をかぶり、雨の日も風の日も土工と一緒に働いたといわれています。

久兵衛は、掛屋(現在の銀行)として理財の敏腕を持ちながら、公共奉仕の心を持っていました。出資する立場でありながら、農業用水、干拓、塩田道路などの工事を直接指導することにより、成功に導きました。

決意を持った人間なら、どんな困難な事でもやり遂げられると信じていたようです。産業を盛んにする土木工事により、地域振興を成し遂げた郷土の偉人です。

参考情報

  • 参考文献:大分市史  贈従五位広瀬久兵衛伝      協力:広瀬資料館
  • 広瀬資料館:日田市豆田町9-7(TEL:0973-22-6171)

担当

大分県 農林水産部 農村整備計画課 企画調査班
TEL:097-506-3705(内線:3705)
FAX:097-506-1763

お問合せ先

農村振興局整備部設計課

代表:03-3502-8111(内線5561)
ダイヤルイン:03-3559-6338
FAX:03-5511-8251